副業を始めるにしても、将来性を考えて始めたいと思う方は多いですよね。

ただ稼ぐだけではなく今後のスキル向上や本業としても成り立つ副業はたくさんあります。

「将来性を踏まえたうえで選ぶならどんな副業がいいの?」

「今から将来性のない副業は選びたくないから判断材料がほしい」

副業選びで将来性を考えた際には、このような疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの記事では、「将来性を考えた副業の選び方と収入の考え方」についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

稼ぎもスキルも向上していける 「将来性のある、続けられる副業」3選

今後も稼ぎつつどんどん向上していける「3つの副業」

現在、副業には多くのジャンルがあり、さっそく始めようとしてもどれを選んだらよいのかが分かりにくい状況です。

得意分野から攻めるのも手ですが、将来性も踏まえないと続けるのが難しくなります。

そこで、実際に筆者が体験したことのある副業から、稼ぎやすさと将来性の高さに着目した「3つの副業」をまとめてみました。

1. Webライター

Webライターには筆者も率先して取り組んでおり、その月収は15万円~22万円ほどと副業収入の大半を占めているほどです。

初心者でも文字の打ち込みができればすぐに始められて、スキル向上とともに単価もどんどんと上がっていきます

副業の推進や副業人口の増加によって、稼げなくなったうえに将来性がないとよく言われます。

しかし、スキルの高いライターは常に求められています。私も発注者として質の高いライターさんを探すこともあるのですが、求められる品質を満たす方は非常に少ない印象です。

スキルの高いライターさんとは出費が増えてもつながっておきたいと思いますし、より専門分野になるとそもそも執筆する人が少なくなります。

また、動画コンテンツの拡大によって台本作成というジャンルも当たり前になってきました。文章力は、ビジネススキルでかなり重要な役割を果たすのです。

・ ライター単体でも稼げる

・ スキル向上や専門分野の開拓で単価アップしやすい

・ 得た知識やスキルはほかにも応用が可能

要約するとこのような特長があり、将来性も踏まえてぜひ取り組んでおきたい副業の1つです。

完全未経験でとにかく月3万円から目指したいと思う方は、こちらの記事も参考にしてください。

2. プログラミング

プログラミングは昨今よくきく言葉だと思います。名前も知っていてなんとなく将来性があるという認知度も高まってきました。

そのため参入者が増えて相性が悪かったり、思うようにスキルアップができないという方も増えています。

しかし、プログラミングには向き不向きがあるものの、案件次第では本業の倍以上を稼ぎ出すことも可能です。

今はプログラミング学習アプリや養成講座が整っているので、試しにやってみてできそうであるか否かの相性を見てみるのも良いかもしれません。

筆者としては、比較的取り組みやすいWordPressの案件は目標にしやすいと感じています。

実際に、筆者の友人もWordPressの案件を主軸にスキルアップしていき、現在では月収25万円~30万円近くの副収入を得ています。

より詳しく知りたい方は、過去にまとめたものがありますので、そちらも参考にしてください。

案件次第では本業の倍以上を稼ぎ出せる

3. スキルシェアサービス

現在どんどん市場が伸びているスキルシェアサービスは、副業の中でも初心者が取り組みやすく将来性も高いものだと言えます。

自分の得意分野をサービスとして販売するものです。一定の需要があるものであれば、プロレベルに優れている必要はありません。

・ Zoomの使い方を初心者に教える

・ 自分の経験値を元にアドバイスや相談を受ける

やり方次第ではどのようななものでもスキルシェアサービスで副業にすることができ、本業と近いものであれば相乗効果を発揮する可能性も高いと言えます。

本業の合間に使い方を教えるだけで、月収5万円以上になった事例もあります。

ただし、どのようななものでも需要があるというわけではないので、リサーチする力は必須となることでしょう。

より詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

副業の将来性を考えるうえでの注意点

筆者の場合、過去にせどりで本業を大きく上回る収益を得ていました。しかし、現在では将来性を感じられず、取り組んでおりません。

転売やせどりに対するイメージが悪いのと、単純にスキル向上につながる点を感じられなかったというのが率直なところです。

せどりで得た知識やスキルを活用して、ライターやコンサルをするのであれば話は別です。

しかし、安く仕入れて高く売るのであれば、メーカーからの直仕入れで多くの方に価値を提供するくらいの規模でなければ将来性はないと感じています。

実際に将来性を考えるのであれば「その副業で得たものをどう活かして稼ぎ続けるのか」そういう点を考えてみると見えてくるかもしれません。

将来性のある副業を選べば稼ぎ続けられてステップアップもできる

副業に取り組もうと思った際には、どう稼ぎ続けるのかを視野に入れながら挑戦することが非常に大切です。

しかし、実際に取り組まずに言い訳を増やして挑戦しなければ、いつまでたっても状況は変わりません。

もし、悩んでいるのであれば、将来性は抜きにしていったん挑戦してみるのもひとつの手です。そのうえで将来性を考えて、方向性を変えて行けば問題ありません。(執筆者:奥泉 望)