子どもが3人いる筆者は、マクドナルドへ行くとハッピーセットを注文することが多いです。

ハッピーセットは子どもが好きなチキンナゲットやバーガーのセットに、かわいいおもちゃがついてくるのでお得感があります。

先日も「鬼滅の刃」のハッピーセットを購入しました。

ハッピーセットで使える裏技

子どもに人気のハッピーセットですが、実はさらにお得に買える裏技があります。

【裏技1】ドリンクを「マックシェイクS」に変更で20円お得

マックシェイクバニラ
≪画像元:日本マクドナルド

ハッピーセットのセットドリンクは、追加料金なしで「マックシェイクS」に変更可能です。

通常、Sサイズのドリンクは100円のものが多いですが、マックシェイクSサイズの単品価格は120円です。

マックシェイクに変更すると、実質20円お得になります。

【裏技2】ドリンクを「ミニッツメイドアップル」に変更で30円お得

ミニッツメイドアップル
≪画像元:日本マクドナルド

ハッピーセットの選べるドリンクには、「ミニッツメイドアップル」もあります。

ミニッツメイドアップルは200mlの紙パックジュースなので、テイクアウトにも向いています

筆者は、飲み物を家で用意するときに、ミニッツメイドアップルを選ぶことが多いです。

紙パックのジュースは開封しなければ保管しておけるので、すぐに飲む必要もありません。

ミニッツメイドアップルの単品価格は130円なので、実質30円お得になります。

【裏技3】ドリンクを「ミルク」に変更で90円お得

マックのミルク
≪画像元:日本マクドナルド

ハッピーセットは単品価格がお高めの「ミルク」も選択できます。

ミルクは190円なので、ハッピーセットのセットドリンクのなかで1番お得です。

【裏技4】1番お得感重視なら「チキンマックナゲット」か「プチパンケーキ」のセットを

1番お得感あるもの
≪画像元:日本マクドナルド

ハッピーセットは全部で6種類あります。

470円 → プチパンケーキハッピーセット、ハンバーガーハッピーセット

500円 → チーズバーガーハッピーセット、チキンマックナゲットハッピーセット

ホットケーキハッピーセット(※朝マック限定)

エッグマックマフィンハッピーセット(※朝マック限定)

セット内容によって値段にも違いがありますが、実はお得度にも大きな差があるのです。

ハッピーセットの単品価格と、セット時のお得度を計算してみます。

ハッピーセットの単品価格と、セット時のお得度を計算

単品とハッピーセットの価格の差額が小さいほど、お得になります

そのため、1番お得なのは差額200円のホットケーキです。

その次に「プチパンケーキ」「チキンマックナゲット」がお得になります。

ただし、ホットケーキは朝マック限定メニューなので、お昼に注文するのならプチパンケーキかチキンマックナゲットの2択です。

バーガーも追加するなら「チキンマックナゲットセット」に単品注文がお得

子どもが大きくなると、チキンマックナゲットとバーガーの両方を注文することもあるでしょう。

筆者も子どもがよく食べるので、ナゲットだけでは足りずバーガー類も足しています。

ハッピーセットで注文するときは、「チキンマックナゲットハッピーセット」に「単品」でハンバーガーやチーズバーガーを頼んだ方が割安です。

【例えば、チーズバーガーセットにハンバーガーを追加注文する場合】

「チーズバーガーセット(500円)」+「チキンマックナゲット(200円)」で、合計700円となります。

ですが、チキンマックナゲットセットにチーズバーガーを追加注文すれば、

「チキンマックナゲットセット(500円)」+「チーズバーガー(140円)」で、合計640円

同じ注文内容なのに、注文方法を変えるだけで60円もお得になります

ハッピーセットは「クーポン」配信率が高め! 割引と裏技の併用を

マクドナルド公式アプリでは、ハッピーセットのクーポンを頻繁に配信しています

筆者は今のところ、ハッピーセットを定価で購入したことがありません。

それほどクーポン配信率が高めなので、公式アプリは必ずチェックしておきましょう。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)