楽天ペイは最大2.5%の高還元やSuicaでの楽天ポイント獲得、豊富なキャンペーンでのポイント獲得などお得がいっぱいです。

楽天ポイントユーザーのスマホ決済は、楽天ペイがベストな選択ではないでしょうか。

今回は「楽天ペイをお得に使う3つのポイント」を紹介します。楽天ペイには支払い方法が複数あり、選び方次第でお得度が変わります

エントリーした人だけが獲得できるポイントも多数あるので、この記事を参考にして楽天ペイの最もお得な使い方をマスターしましょう。

最大2.5%の高還元!支払い方法を使い分けてさらにお得に

楽天ペイ
≪画像元:楽天

1. 楽天キャッシュでのチャージ払い

楽天ペイには複数の支払い方法があるのですが、1番のおすすめは「楽天キャッシュでのチャージ払い」です。

楽天カードから楽天キャッシュにチャージで「0.5%還元 + 支払いで1%還元」合計で1.5%が還元されます。

楽天ポイントカードが使えるお店であれば、さらに最大1%が還元されるので合計で最大で2.5%の還元を受けられます。

どの支払い方法よりも還元率が高いので、基本的にはこの支払い方法をメインで利用するのがお得です。

2. ラクマ売上金からのチャージ

ラクマ利用者には、ラクマ売上金からのチャージもおすすめです。

「チャージ + 利用で1%還元」と還元率はそれほど高くはありませんが、手数料がかからないのが魅力です。

通常は、ラクマの売上金を受け取るには手数料がかかります(振込金額が1万円未満の場合)。しかし、楽天ペイへのチャージであれば手数料は全くかかりません

3. 楽天ペイ画面から楽天ポイント払い

楽天ポイントが多く余っている場合には、楽天ペイ画面から楽天ポイント払いを使いましょう。

還元率は1%とそれほど高くはないのですが、ポイント消費とポイント獲得を同時にできます

楽天ペイでは期間限定ポイントも使えるので、期限が迫っているポイントがあればぜひ活用しましょう。

4. 楽天ペイにはSuica機能で公共交通機関でもポイントが貯まる

楽天ペイにはSuica機能があり、楽天カードからのチャージで0.5%が還元されます。

しかも、通常であればSuicaのカード購入にかかる500円のデポジットが、楽天ペイのSuicaであれば不要なので、Suicaをお得に手に入れられます。

また、楽天ポイントを1ポイント = 1円としてポイントから楽天Suicaにチャージすることも可能です。チャージは楽天カードもしくは楽天通常ポイントのみの対応なので注意が必要です。

また、楽天ペイのSuicaはおサイフケータイ対応のAndroid端末にしか対応していないという点もデメリットの1つです。

楽天ペイのSuica
≪画像元:楽天

iPhoneのSuica利用で楽天ポイントを貯める方法

しかし、iPhoneでもSuica利用で楽天ポイントを貯める方法はあるのです。

楽天ペイアプリなどからがSuicaキャンペーンにエントリーして、楽天カードからモバイルSuicaにチャージするだけです。

ひと手間かかりますが、楽天ペイのSuicaと同じく0.5%還元されます。

キャンペーンでさらにポイントが貯まる

楽天ペイでは豊富なキャンペーンが展開されているので、楽天ポイントをザクザク貯めることができます。

「初めての利用で〇〇ポイント」「〇〇すれば〇〇ポイント山分け」などさまざまなキャンペーンが次々に開催されています。

楽天ペイを初めて利用する方は、「エントリー + 初回利用1,000円以上」で100ポイントもらえるキャンペーンをぜひ利用してください。ポイント付与のハードルが低く、簡単に100ポイントを獲得できます。

また、周りに楽天ペイを使っている方が少ない場合には「楽天ペイにお友達招待して最大2,000ポイントGET」もおすすめです。1人招待するごとに200ポイントが付与され、最大10名まで招待できます。

お友達招待にはエントリーは不要ですが、その他のほとんどのキャンペーンにはエントリーが必要です。条件をクリアしてもエントリーをしていなければポイントを全くもらえないので、忘れずにエントリーしておきましょう。

楽天ペイで楽天市場以外の買い物でもポイントを獲得

楽天ペイなら街での買い物や公共交通機関の利用でも楽天ポイントを貯められます。期間限定ポイントの消費にも使えるので、ポイント失効の心配もなくなります。

楽天経済圏で生活している方は使って損のないツールなので、利用してみてください。(執筆者:浦辺 愛美)