自分で本を出版して稼ぎたいという方に朗報です。現在、個人でもKindle出版で稼げます。

そう言われても、どうやってやればよいのか、どう稼ぐのかが分からないですよね。

「Kindle出版で稼ぐ方法を知りたい」

「稼ぐためのコツがあれば教えてほしい」

「副業をKindle出版で…」と考えた際には、このような疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、「Kindle出版を副業にする方法と具体的に稼いでいくためのコツ」についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

Kindle出版を副業にする・稼いでいくための方法

Kindle出版とは、Amazonが提供しているセルフ出版サービス「KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)」を利用した電子出版方法のことです。

Kindle出版で稼ぐには、2種類の方法があります。

(1) Kindle限定にして印税で稼ぐ

(2) Kindle読み放題の対象にしてページ数で稼ぐ

Kindleは自分1人で出版できるうえに、独占販売をすれば印税率がなんと70%にもなります(他ストアでも販売する場合は35%)。

また、本単体の売上だけではなく、読まれたページ数によって収益が発生する制度もあるのです。

つまり、読み放題の対象にすれば、本体の売上とページ数で稼ぎ続けられるというわけです。

Kindle出版の手順

kindle ダイレクトパブリッシング
≪画像元:Amazon.com

1.「KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)」に登録

実際に電子書籍の出版・販売開始には、「KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)」への登録が必須です。

「KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)」のトップページにアクセスしたら、サインインをしてアカウント設定をしましょう。

アマゾンのアカウントがあればすぐ連携は可能です。

著者/出版社情報を入力し、税に関する情報を表示/提出から申請します。ほとんど内容は質問に答えていくだけで、難しいものではありません。

最後に報酬の受取口座を設定したら完了です。

2. 原稿を用意してアップロード

次に原稿を用意してアップロードします。

最初はWordのような文書入力ソフトに打ち込んで原稿を作成します。その後は電子書籍用のEPUB(イーパブ)形式に変換しなくてはなりません。

Convertioを使うと、DOCXファイルをEPUBに変換できます。

変換に関してはライブドアブログを使ったやり方、フリーソフトを使う方法と種類が豊富です。自分に合ったやり方を探してみるのも良いことでしょう。

表紙をしっかり作りたい場合には、クラウドソーシングサービスで外注するのが手っ取り早い方法です。かなり質の高いものができあがります。

実際の稼ぎはどのくらいになるのか

実際の稼ぎはどのくらいになるのか

筆者の友人は実際に本を出して、1か月に1万円ほどの副収入を得られています。一度作ってしまえば収入が入り続けるので、非常に効率が良いですよね。

読み放題の「Kindle Unlimited」では、1ページ約0.5円ほどで、本体は500円で設定されています。

また、何冊も本を出版し続ければ、本体が売れるほかにも読み放題サービスでどんどん読まれていく可能性は高いものと言えます。

さらに「こういう本を出版している」という状態は、ビジネスにおいて非常に強力な名刺にもなります。副収入を得られる以上に、強い武器が手に入るのは大きな強みになります。

稼ぎ続けるコツや考え方

Kindleで稼ぐには、Kindleランキング入りが必須です。

ランキング入りするためにも、次のポイントを押さえておくと良いことでしょう。

・ キーワードを意識してタイトルに盛り込む(SEO知識があるとなお良し)

・ できるだけ単価を押さえてお得感を出す

・ 表紙は絶対的にこだわって良いものにする

・ ブログやSNSを使って集客する

上記の要素を複合的に絡めると、ランキングを押し上げつつ新規・既存のユーザーも取り込めます。

また、1冊だけではなく何冊も販売し続けて、最新の情報を提供できるようにすると良いことでしょう。

Kindle出版を副業にするなら参入しやすい今がチャンス

実際に参入のしやすさから、ビジネスとして取り組んでいる方も多く見受けられます。中にはクラウドソーシングサービスで外注さんを募集し、記事だけを集めている方もいます。

しかし、他者がプロデュースした電子書籍よりも、自分で書いて出版するほうが名刺代わりにもなって収入も得られます

今は非常に参入しやすい状況であるので、気になる方はぜひチェックしてください。(執筆者:奥泉 望)