人気のエポスカードのデザインが大きく変わります。

お財布に入れておきたくなる1枚になりますので、これを機会にエポスカードを持ってみてはいかがでしょうか。

上級バージョン、エポスゴールドカードのご案内もしますので、お付き合いください。

2021年4月15日エポス新カード

エポスカードのデザインはどう変わる?

エポスカードの新デザイン、特徴は次の通りです。

・ 縦型

・ シンプルなメタリックデザインに、ワンポイントで「EPOS」のロゴ入り

・ カード番号のでこぼこ(エンボス加工)がなくフラット

・ カード番号は裏面に記載

それぞれ先んじているカードが多数あるものの、まだまだ斬新さのほうが勝っているデザインです。

お会計が楽しみになるでしょう。

新デザインのエポスカードを手に入れるには

エポスカードの新デザイン発行開始は、2021年4月15日です。

それ以前の申込みだと、従来のシルバーまたはレッドのカードです。

4月15日以降に、Webから申し込みましょう。

マルイ・モディにあるエポスカードカウンターで、申込当日に受け取ることも可能です。

2,000円相当のポイントが、入会特典として付与されます。

エポスカードの機能はどう変わる?

エポスカードに、新たに「タッチ決済」機能が付きます

タッチ決済は、レジ端末にカードをタッチするだけで、電子マネー感覚で使えます。

タッチ決済は、VISAブランドクレジットカードのみの名称です。

エポスカードはVISAブランドのみで、すべてがタッチ決済搭載です。

エポスカードは持つべき?ぜひゴールドにグレードアップ

「マルイのカードを持っていても使わない」

「還元率の低いカード持っていても仕方ない」

「タッチ決済も、必要性がわからない」

エポスカードについては、こんなご意見もあるでしょう。

年会費無料というメリットも、今では当たり前で、差別化できません。

還元率は0.5%と、確かに現在のカードでは低めです。

年4回開催のマルイのセール、「マルコとマルオの7日間」に関心がない人なら、持つ意味を感じなくても無理はありません。

ですがエポスカードは、年会費無料のまま「エポスゴールドカード」にグレードアップできます

最もコスパのいいゴールドカードといって過言でないのが、エポスゴールドカードです。

ゴールドカードの入手を前提にするなら、エポスカードは誰にとっても役立つカードとなるのです。

エポスゴールドカードへのグレードアップ

エポスゴールドカードも、メタリックゴールドの新デザインになります。

エポスカード会員がインビテーションを受けてゴールドにすると、年会費は永年無料です。

インビテーションは、入会後1年以内に「50万円」ショッピングに利用すると、おおむね来ます

エポスは公式発表していないので、100%確実とはいえません。

ですが、滞納なくきちんと毎月カードを利用している人なら、おおむね大丈夫です。

エポスゴールドカードのメリット

エポス ゴールドカード のメリット

エポスゴールドカードには、次のメリット(一部)があります。

エポスカードと共通

年会費永年無料で使える

・ モバイルSuica、楽天Edy、au PAYへのチャージでポイントが貯まる

・ PayPay、楽天ペイ、d払い等にも組み合わせ可

・ 海外旅行傷害保険が自動付帯

ゴールドのメリット

ポイント有効期限なし

年間50万円利用すると2,500円分、100万円利用すると1万円分のポイントボーナス

・ 選べるポイントアップショップに登録する3店では、ポイント3倍

・ 海外旅行傷害保険の、治療費用補償が300万円

エポスゴールドカードで高還元

エポスゴールドカードはポイントボーナスが高いので、実質還元率も高くなります

年間50万円利用で1.0%、100万円利用で1.5%になると考えられます。

ぜひ、エポスカードからぜひステップアップしてご活用ください。(執筆者:沼島 まさし)