メルカリに商品を出品する際、トラブルにつながらないようにいろいろと工夫している方がほとんどかと思います。

一方で、「シーズンごとの対策はしていない」という方は、意外と多いのではないでしょうか。

シーズンごとの対策とは、大型連休中に発送するものに対して、評価を下げられてしまったりクレームをつけられてしまったりなどのトラブルを防ぐための対策のことを指します。

きちんと対策をしておかないと、メルカリの売上ダウンにつながる可能性もあるので注意が必要です。

今回は、メルカリ取引実績600件超えの筆者が、大型連休前にやっておきたい対策をいくつか紹介します。

【メルカリ】大型連休中に発送予定「やっておくべき3つの対策」

大型連休中に発送予定のものにやっておくべき3つの対策

メルカリに常時たくさんの商品を出品している方は、商品を一度出品した後には特にテコ入れや商品情報の修正をしないかもしれません。

普段はそれでも売れるケースが多いので問題ないのですが、大型連休中に発送する可能性があるとなるとそうもいかないのです。

最悪の場合には「残念だった」評価をつけられてしまい、今後商品が売れにくくなる可能性も否定できないので注意しなければなりません。

では、具体的にどのような対策をとっておけばよいのか、3つのポイントを紹介します。

1. 配送業者の関係で遅れる可能性がある旨を記載しておく

大型連休中には、

・ 配送商品の量が増える

・ 道路が混雑する

・ 受け取り主が外出していて再配達になるケースが多い

などの理由から、いつもより配達が遅れる可能性があります。

出品者に非があるわけではないのですが、中には「届くのが遅かった」とクレームをつける購入者もいるのです。

配送遅れによるクレームを防ぐには、「大型連休中は配送業者の関係で、発送からお届けまでにお日にちがかかる場合がございます」と商品説明の部分に書いておくのがおすすめです。

このようにすると、大型連休中に配送が遅くなる場合があると知らないユーザーにも気づいてもらえます。

2. 外出により発送が遅れるなら「発送までの日数」を変えておく

商品情報の中にある「発送までの日数」を、売れやすさを考えて「1~2日で発送」に設定している方が多いはずです。

もし、大型連休中に外出や旅行の予定があり1~2日で発送できない可能性があるのであれば、発送までの日数を3日以上に変えておいたほうが無難です。

たとえば、3~4日で発送になっていてそれより早い日数で届いたとしても、クレームがくるどころかむしろ「早かった!」と喜ばれます。

しかし、1~2日で発送となっているにも拘らず、1日遅れて3日で到着すると「遅かった」とクレームをつけられる可能性が高くなってしまうのです。

細かいことのように思えるかもしれませんが、メルカリの購入者の多くは「早く手元に届いて欲しい」と思っているので、発送までの日数に関してはシビアです。

うっかりと変更し忘れていてクレームや「残念だった」評価につなげてしまわないよう注意してください。

3. メッセージの返信が遅れそうならあらかじめ記載しておく

メルカリで「残念だった」評価のコメント内容を見ていると、「メッセージが一度も返って来ないので、不快だった」「メッセージがなかなか返って来なくて不安でした」など、メッセージに関する内容が意外と多いことが分かります。

メッセージに対する返信スピードも、クレームや「残念だった」評価に大きく影響すると言えるのではないでしょうか。

大型連休中に旅行などでメッセージの返信が遅れる可能性があるのであれば、相手に一言お伝えしておきましょう。

〇日までは旅行によりメッセージの返信が遅くなります」と伝えておくと、少し遅れてもクレームにつながる可能性が下がります。

旅行によりメッセージの返信が遅くなります

大型連休中にも商品を売れやすくするコツ

ここからは、大型連休中であっても商品を売れやすくするコツをお伝えします。

<大型連休中でも売れやすくするコツ>

・ コメントへの返信はできる限りスピーディにする

・ 連休中であってもできる限り1~2日で発送する

コツはたった2つなのですが、「のんびりと過ごしたい」と考えている出品者にとっては少々つらいかもしれません。

しかし、連休中には多くの出品者がコメントへの返信が遅くなり、発送までの日数もいつもより長くなります。

つまり、大型連休中でもコメントに即レスし、即日発送をしてほかの出品者より一歩前に出ておけば、売れやすさにつながるということです。

実際に連休中にこのようなやりとりを何度も見かけました。

【パターン1】

購入希望者「今日発送できますか?」

出品者「でかけているので明日朝一になりますが、いかがでしょうか?」

購入希望者「じゃあいいです

【パターン2】

購入希望者「こちら500円お値下げしていただくことは可能でしょうか?」

約1日後
出品者「旅行で返信遅れました。はい、可能です」

その後、購入希望者からコメント返信なし

どちらのパターンも売れるチャンスを逃しています。これとは反対の行動をとれば即売れする可能性がかなり高まるので、みなさんも気をつけて対応してみてください。

メルカリは大型連休中こそ売るチャンス

いつもより時間に余裕がある大型連休中には、メルカリでお得な商品がないかをチェックするユーザーの数は増えます。

しかし、出品者もまた休暇を楽しんでいてレスポンスや発送が比較的遅めになるので、ここでほかのユーザーより早く動くことを心がければ売れる確率はアップします。

もちろん、予定をキャンセルしてまで即日発送にこだわる必要はありません。時間に余裕がありそうならできる限り早い対応を、時間がなければ3つの対策をして売上ダウンを防げばOKです。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)