5月1日より、Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)の還元率に変更があります。

今回は、5月からの還元率の詳細、そして4月中に高還元を受ける際の注意点を解説しましょう。

LINEクレカは還元率3%のクレカ

LINEクレカは還元率3%のクレカ
≪画像元:三井住友カード

LINEクレカは、カードショッピングで3%還元、チャージ&ペイ(事前チャージの必要なくLINE Payを利用可能な後払いサービス)で1~3%還元を受けられます

現在、最も高還元なクレカといっても過言ではありません。

【5/1より】LINEクレカの還元率が改悪

LINEクレカの還元率が改悪
≪画像元:LINE株式会社

しかし5月1日以降、LINEクレカの還元率が上記のように変更されます。

チャージ&ペイの還元率が一律0.5%に引き下げられるのは、LINE Payのヘビーユーザーにとって特に大きな改悪です。

カードショッピング利用時の還元率も、1%引き下げられます。

特典クーポンの枚数上限が撤廃されましたが、トータルで見てLINEクレカとしては改悪です。

4月30日までに高還元を受ける際の注意点

そうなると、「還元率の高い4月中に多くの支払いをしておこう」と思うでしょう。

ただし、その際は以下の点に注意してください。

【注意点1】ポイント還元対象外の支払い

ポイント還元対象外の支払い
≪画像元:LINE Pay公式ブログ

まず、LINEクレカでショッピング利用をしても、還元対象外の支払いがあります

電子マネーなどへのチャージは真っ先に考えそうですが、残念なことに還元対象外です。

切手やレターパックなどを購入して金券ショップへ持ち込もうと考える人もいるでしょうが、郵便局での利用はポイント還元されません

高額な税金などの支払いで利用しようとしても、5万円を超える分は還元対象外です。

d払いなどのスマホ決済の支払い方法に設定すれば、ポイント還元を受けられることもあります。

【注意点2】チャージ&ペイを利用できない支払い

LINE Payのヘビーユーザーの方は、チャージ&ペイを使いたいところでしょうが、以下のサービスにはチャージ&ペイを利用できません。

・ LINE証券

・ LINE Pocket Money

・ BITMAX

・ スマート投資(ワンコイン投資・デビット支払い)

・ LINE Payカード(プリペイドカード)

・ Google Pay

【注意点3】4月までに請求書が間に合わない可能性も

請求書が間に合わない可能性
≪画像元:LINE株式会社

4月までにチャージ&ペイでLINE Pay請求書払いを使えば、税金などの請求書の支払いに対しても、1~3%のポイント還元を受けられます

一騎に高額ポイント還元のチャンスですが、税金の中には4月中に納付書が届かないものもあります。

5月に届いた納付書を使い、チャージ&ペイでLINE Pay請求書払いを利用しても、ポイント還元率は1~3%ではなく一律0.5%にしかなりません。

【注意点4】LINE Pay請求書払いを一時停止する自治体もあり

LINE Pay請求書払いを一時停止する自治体も
≪画像元:LINE Pay公式ブログ

LINEの個人情報漏えい問題以降、LINE Pay請求書払いを一時停止する自治体が出てきています。

一時停止している自治体発行の納付書を使って、LINE Pay請求書払いを利用しようとしても、エラーとなります。

対象の自治体については、LINE Pay公式ブログで確認してください

4月中の高還元は注意点を頭に入れよう

5月より、LINEクレカのショッピング還元率が2%、チャージ&ペイ還元率が0.5%に引き下げられます。

4月中に利用して高還元を受けようとしている方は、今回解説した注意点を頭に入れて、利用してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)