これからだんだんと暑くなり、ビールのおいしい季節がやってきます。

2021年は、昨年来からのコロナ禍ということもあり、引き続き、お酒は家飲みで楽しむのが主流となるのでしょうか。

以前の記事でビールに関係する株主優待を紹介しましたが、今回はそれに追加と変更を加えた「ビール優待」を改めて取り上げてみたいと思います。

なお、株価その他の情報は4月23日終値時点のYahoo!ファイナンスから引用しています。

1. 国内大手ビールメーカー「サッポロホールディングス」

サッポロホールディングス
≪画像元:SAPPORO HOLDINGS

「サッポロホールディングス (2501)」は国内大手のビールメーカーであり、ビール類の他にも飲料や食品などの製造販売を行っています。

「ヱビス」「サッポロ黒ラベル」などのブランドが有名ですね。

「サッポロホールディングス」では株主優待を実施していて、年1回、保有株数に応じてビールもしくは食品・飲料のいずれかの自社製品詰め合わせを進呈しています。

大手ビールメーカーの株主優待は、上記で紹介した「サッポロホールディングス」のほかに「キリンホールディングス (2503)」「アサヒビール (2502)」で実施されているので、各社の株式を保有して優待飲み比べするのも面白いかもしれません。

株式情報:サッポロホールディングス(2501)

【株価】2,178円

【最低購入代金(100株)】
21万7,800円 

【権利日】12月末日

【配当】42円

【株主優待】

(1) ~ (4)いずれかを選択

(1) ビール詰め合わせセット(350ml缶)

(2) 食品・飲料詰め合わせセット

(3) サッポログループネットショップ限定ECクーポン

(4) 社会貢献活動への寄付

【保有期間】

<100株以上>

3年未満:(1) 4本、(2) 1,000円相当、(4) 1,000円

3年以上:(1) 6本、(2) 1,500円相当、(3) 1,500円、(4) 1,000千円

<200株以上>

3年未満:(1) 8本、(2) 2,000円相当、(4) 2,000円

3年以上:(1)12本、(2) 3,000円相当、(3) 3,000円、(4) 2,000円

<1,000株以上>

3年未満:(1) 12本 (2) 3,000円相当 (4) 3,000円

3年以上:(1) 18本 (2) 4,500円相当 (3) 4,500円 (4) 3,000円

2. グルメカタログの中にビール有「JFLAホールディングス」

JFLA Holdings
≪画像元:JFLA Holdings≫

以前の記事で紹介した「アスラポートダイニング」から名称が変更されたのが「JFLAホールディングス (3069)」です。

「JFLAホールディングス」は、焼き鳥居酒屋などの外食や乳製品の生産・加工、国内外での食料品販売などを展開する企業です。

「JFLAホールディングス」では株主優待を実施していて、年2回、保有株数に応じて商品を選べるグルメカタログを進呈しています。この点は「アスラポートダイニング」当時より、株主優待に変更はありません。

年2回のグルメカタログですが商品の入れ替えが少しずつ行われていて、種類も豊富なので毎回チェックする楽しみがあります。

一方で、ビール詰め合わせはずっと変更されずに選択肢に用意されているのが嬉しいところで、大手ビール各社のプレミアム銘柄の10本セットとなっているので、お得感があります。

なお、株主優待の権利取得は500株以上ですので、投資をお考えの際にはご注意ください。

株式情報:JFLAホールディングス (3069)

【株価】360円

【最低購入代金(100株)】
3万6,000円

【権利日】3月末日・9月末日

【配当】4円

【株主優待】

株主優待カタログより選択

500株以上:3,000円相当の中から1点

1,000株以上:3,000円相当の中から2点、もしくは 6,000円相当の中から1点

2,000株以上:1万5,000円相当の中から選択

3. 金額別に選べるビールセット「ゲームカード・ジョイコホールディングス」

ゲームカード・ジョイコホールディングス

「ゲームカード・ジョイコホールディングス (6249)」は、遊技機用プリペイドカードシステム大手の企業です。

「ゲームカード・ジョイコホールディングス」では株主優待を実施していて、年1回、保有株数・期間に応じて、食品、雑貨、日用品などが取り揃えられたカタログギフトもしくは株主優待サイトより選んだ商品を頂けます

ビール詰め合わせは、2,000円分から5,000円分まで優待金額ごとに用意されており、100株保有・保有期間1年未満の場合、いただけるビール詰め合わせは2,000円相当「スーパードライ8缶」です。

また、同じく100株保有で保有期間が3年以上になると3,000円相当の商品から選べるようになり、その場合のビール詰め合わせは「ザ・プレミアム・モルツ12缶」「ヱビスビール12缶」などプレミアムビールからも選択できます。

株式情報:ゲームカード・ジョイコホールディングス (6249)

【株価】1,225円

【最低購入代金(100株)】
12万2,500円

【権利日】3月末日

【配当】35円

【株主優待】

オリジナル株主優待サイトおよびカタログギフトから商品を選択

100株以上・保有期間1年未満:2,000円相当

100株以上・保有期間1年以上:2,500円相当

100株以上・保有期間3年以上:3,000円相当

500株以上・保有期間1年未満:3,000円相当

500株以上・保有期間1年以上:4,000円相当

500株以上・保有期間3年以上:5,000円相当

4. 全国銘品カタログの中にクラフトビール有「オリックス」

「オリックス (8591)」は、リースをはじめ保険や不動産、事業投資などを国内外で幅広く展開する日本有数の企業です。

「オリックス」では株主優待を実施していて、100株以上保有する株主に対して、年1回、カタログギフトを進呈しています。

カタログギフトには、支店が置かれている全国各地の逸品が数十種類掲載されていて、ジャンルも食品、飲料、日用品、雑貨など多岐にわたっています。

カタログ掲載品の豪華さに加え、4%以上の高配当株でもあり、株主優待株の中でも屈指の人気を誇っています。

今回筆者が紹介するのが、このカタログギフトに掲載されていた「クラフトビール詰め合わせ12本」です。

岩手県盛岡市のブルワリー「ベアレン醸造所」で醸造されたクラフトビールは、華やかな風味やコク、苦味などが感じられてとてもおいしいものでした。

株式情報:オリックス (8591)

オリックス
≪画像元:ORIX

【株価】1,748円

【最低購入代金(100株)】
17万4,800円

【権利日】3月末日・9月末日

【配当】76円

【株主優待】

ふるさと優待、株主カードの発行

100株以上
 
ふるさと優待:3月末

株主カードの発行:3月末・9月末

高級品も積極的に楽しめる

単価の関係から「いつもはビールでなく発泡酒や第3のビールを選んでいる」という方も少なくないかと思いますが、上記で紹介した株主優待は全てビールです。

中には価格的にハイグレードのクラフトビールもあり、普段は購入するのをためらってしまうような高級品でも積極的に楽しめるのが株主優待の利点ですね。

なお、株価その他の情報は今後変更される可能性がありますので、投資をお考えの際にはご自身でご確認のうえでお願いいたします。(執筆者:取得優待は120以上 吉井 裕子)