先日LINEマイランクの廃止とともに、LINEチャージ&Payのポイント還元率とLINEクレカの還元率が改悪される発表がありました。

この記事ではLINE チャージ&Payはもう使うべきではないのか、LINEクレカは今後も使い続けるべきクレジットカードなのかを解説します。

LINEチャージ&Payの還元率が一律0.5%に

ラインペイ
≪画像元:LINE

LINEチャージ&Payの還元率はマイランクに応じて決定されており、マイランク最高位の「プラチナ」の場合、3%のポイント還元率でした

しかし、今回の改訂により5月1日よりマイランクが廃止され一律0.5%に変更となります。

プラチナだった方の還元率は実質2.5%も下がる計算です。

しかし、もともとLINE Payのポイント還元はLINEクレカをチャージ&Payという支払い設定にしていた場合のみ還元される仕組みです。

そのため、今後もLINE Payを使う必要があるのかは、LINEクレカの改訂内容を把握しておく必要があります。

LINEクレカの「2年度特典」で還元率は2%に

LINEクレカは2021年4月末まで3%の還元率でしたが、5月1日以降2%に還元率は下がります。

しかし当初の3%の還元率の内訳は「基本還元率1%+初年度特典2%=計3%」であったため、4月末以降は同じ条件は続かない内容だったのです。

今年度は「基本還元率1%+2年度特典1%=計2%」であるため、他のクレジットカードと比較しても高い還元率であることは間違いありません。

しかし昨年度同様、あくまで+1%は「特典」で、いつまで2%還元が続くか不透明です。

今後も引き続き還元率については注目する必要があります。

公共料金はLINEクレカが断然お得

電気やガスなどの公共料金をクレジットカード払いに設定している方も多いですが、実はポイント還元がされなかったり、ポイント還元率が下がるクレジットカードが多いことが見落とされがちです。

しかし、LINEクレカの場合、5万円未満の支払いであれば公共料金や税金の支払いでもポイント還元率は2%を維持できます

公共料金の支払いが月1万円の方は200ポイント、年間で2,400ポイント獲得できます

10%以上ポイント還元率が変わるクレジットカードもあるので、これを機に設定しているクレジットカードの公共料金の還元率を確認することをおすすめします。

公共料金

LINE特典クーポンは決済金額が割引

LINE Payには支払金額から割引される「LINE特典クーポン」があります。

従来あったLINE特典クーポンのダウンロード枚数制限が5月1日より撤廃されるため、さまざまな店舗で買い物をする方には有利な制度改正です。

LINE特典クーポンの最大の魅力は上限金額が設定されておらず、対象外の商品もないことです。

また、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、量販店などさまざまな店舗やネットサービスで利用できます。

通常決済サービスのクーポンは「ポイント還元型」が多く、付与された期間限定ポイントを有効期限前に利用する必要があります。

しかし、LINE特典クーポンは決済時に割引されるため、引落し金額を直接節約できます

付与されたポイントを慌てて使い切るために不要な買い物をする必要もありません。

引き続き魅力的なクレジットカードです

この記事ではLINE チャージ&Payの還元率一律により、もう使うべきキャッシュレス決済ではないのか、LINEクレカは今後も使い続けるべきクレジットカードなのかを解説しました。

チャージ&Payのポイント還元率は下がることはショッキングですが、LINE特典クーポンを利用すれば直接決済金額が割引されることは魅力として健在です。

また、LINEクレカの還元率は一見下がりましたが、他のクレジットカードと比較してもポイント還元対象外サービスが少ないため、引き続き魅力的なクレジットカードであることは間違いないと言えそうです。(執筆者:飯田 あゆみ)