商業施設では、系列のキャッシュレス手段で決済するのが1番お得なはずですが、そうでもないケースも増えてきました。

イトーヨーカドーやセブン-イレブンを抱えるセブン&アイグループには、「セブンカード・プラス」というクレジットカードがあります。

実はこのカード、グループでの最強決済方法とは言いづらい存在です。一方で、独自の価値もあります。

今回は、セブンカード・プラスの実像についてお伝えします。

セブンカード・プラスとセブン&アイグループ

セブンカード・プラス
≪画像元:Seven Card Service

セブン&アイグループの商業施設においてセブンカード・プラスで決済すると、ポイント還元率1.0%(通常の倍)です。

200円の税込決済ごとに2ポイントが付与されます。

ところが、セブン&アイグループが他の決済に門戸を広げる中で、セブンカード・プラスは率直に言って埋没気味です。

セブン-イレブンではあまり価値がない

セブン-イレブンでの決済方法を比較してみます。

【セブンカード・プラス】
1.0%(ポイント2倍)

【三井住友カード】2.5%(ポイント5倍)

【三井住友カードナンバーレス】
5.0%(タッチ決済)

【JCBカード】
1.5%(ポイント3倍)

【Suica(ビューカードからチャージで)】
1.5%

【au PAY(au PAYカードからチャージで)】
2.0%

【楽天ペイ(楽天キャッシュ利用)】
1.5%

【d払い(dカードとセットで)】
1.5%

セブンカード・プラスにも「対象商品購入によるボーナスポイント付与」という特典があり、常に負けているわけではありません。

しかしながら、数字を見る限りにおいてその価値は乏しいと言えます。

イトーヨーカドーでは割引がある

イトーヨーカドーでは次の通り、セブンカード・プラスももう少し役立ちます。

・ 毎月8の日「ハッピーデー」は5%オフ

・ 特定商品についてのボーナスポイント

・ 年間100万円利用で3,000ポイントボーナス

・ 年間150万円利用で1万ポイントボーナス

ヘビーユーザーには大きなボーナスがありますが、それ以外のメリットは2つです。

そしてセブン-イレブンと同様に、平常時ではQRコード決済やSuicaに劣る還元率(1.0%)に過ぎません。

さらに、セブンカード・プラスには逆風が吹いています。しばしば、他の決済方法のキャンペーンが実施されているという点です。

2021年の1月~3月にも、d払い、au PAYそれから三井住友カード(タッチ決済)などで、20%程度を還元する大型キャンペーンが実施されていました。

セブンカード・プラスで決済していては、どんどん損してしまいます

nanacoチャージ用カードとしてのセブンカード・プラスの価値

nanaco
≪画像元:Seven Card Service

冷静に振り返ると、セブンカード・プラスの価値は非常に小さいものです。しかし、電子マネー「nanaco」との組み合わせでは役立ちます。

nanacoの現在

電子マネーnanacoもまた、キャッシュレスの手段としては埋没気味です。

nanacoにチャージしてポイントが貯まるカード(新規発行のもの)は、セブンカード・プラスだけとなったため、組み合わせの価値自体は増大しています。

チャージ(0.5%)と利用(0.5%)とで、どこでも1.0%の還元率です。

ただし、利用時のポイントは税抜価格に対してなので、セブン&アイグループでのnanaco利用は若干の損です。

楽天EdyやモバイルSuicaのほうが、加盟店も多くポイントがよく貯まる点は否めません。

nanacoとセブンカード・プラスで公共料金を支払ってポイントが付く

セブンカード・プラスの独自性は、セブン-イレブンでの公共料金や収納代行の支払いこそあります

公共料金等をnanacoで支払う際にはポイントは付きません。しかし、セブンカード・プラスからnanacoへのチャージ時に0.5%のポイントが付いています。

公共料金や税金も、「Yahoo!公金」やQRコード決済の残高払い等を含めて支払う方法が多様化してきました。

それでもなお、セブン-イレブンでのnanaco払いには、次のようなメリットがあります。

・ 間接的にクレジットカード決済になる

・ 税金納付の際、手数料を支払わなくてよい

・(カードの)ポイントが付く

セブンカード・プラスはまだ役に立つ

新規入会キャンペーン
≪画像元:Seven Card Service

セブンカード・プラスは、「毎月3回のイトーヨーカドー5%オフ」と公共料金等の支払に使うものと割り切ると、依然独自性を保っています。

4月30日まで、最大7,700ポイントもらえる入会キャンペーンを実施中です。(執筆者:沼島 まさし)