デパコスは、品質の良さ、豊富なバリエーション、高級感のあるコスメカウンター、ビューティーアドバイザーさんの提案力などが魅力です。

プチプラコスメもよいのですが、やはりデパコスに憧れる女性も多いのではないでしょうか。

しかし、デパコスは少々価格がお高めです。そこでおすすめなのが、デパート積立というサービスです。金融商品ではありませんが、銀行で貯金をするよりも効率よく積み立てられ、買い物をお得に楽しめます。

そこで、今回はデパート積立について詳しく紹介します。

デパコス好きな人はもちろん、食料品や洋服、お歳暮などにも使えるため、百貨店を普段からよく利用する人は要チェックです。

デパート積立とは

百貨店友の会

デパート積立(百貨店積立)とは、一定の金額を毎月積み立てていき、満期を迎えると積立していた累計額に加えてボーナスを受け取れるという百貨店ならではのサービスのことです。

ボーナスとして支払われるのは、商品券や金券が一般的ですが、なかにはホテルや美術館等の割引券を配布するようなところもあるようです。

このようなデパート積立を各百貨店が「友の会」と称して提供しています。

たとえば、

三越・伊勢丹であれば「エムアイ友の会」

松坂屋・大丸は「大丸松坂屋友の会」

高島屋は「タカシマヤ友の会」

の名で運営していて、この友の会に入会すれば積立サービスを利用できるのです。

入会費や年会費は無料です。引き落としに設定した場合には、年間300円程度の手数料が必要となる場合もあります。

デパート積立を利用するメリット

デパート積立を利用するメリットについて紹介しましょう。

1. 還元率の高いボーナス

前述のように受け取れるボーナスの内容は各百貨店やコースによって異なりますが、どの百貨店も魅力的な内容のボーナス還元をしています。

魅力的な内容のボーナス還元
≪画像元:takashimaya tomonokai

たとえば、こちらは高島屋が実施しているコース内容です(2021年4月時点)。

1か月に1万円ずつ積み立てた場合、1年後の満期時には積み立てた12万円分に加えて1万円のボーナスを上乗せされ、13万円がお買い物カードに入金されて返ってきます

単純計算をしても年利は8.3%ほどです。

さらに、一度に12万円を預けているわけではなく、月に1万円ずつ積み立てているため、厳密に年利換算すると15%以上にもなります。

現在の銀行金利はかなり低い状況にあり、0.01%の普通預金であれば100万円を預けても100円しかつきません

定期預金でも高いところで0.2~0.3%ほどであるため、デパート積立かなりの高利回りであることが伺えます。

2. ボーナス分には課税されない

通常、銀行預金などでは利子に対して税金20%(復興特別所得税込みで20.315%)が課税されるため、利子が1万円の場合には2,000円ほどが引かれて手取りは8,000円です。

しかし、デパート積立でもらえるボーナス分は非課税です。1万円をそのまま受け取れるのは嬉しいポイントだと言えます。

3. 途中解約しても損失はなし

もしも何かの都合で途中解約しなければならなくなった場合にも途中解約可能としているところがほとんどです。

多くのところは、ボーナス分を除いた積立額を返金するとしています。

保険などには満期までに解約をすると満額返金されない商品もありますが、デパート積立は損失なしで返金されるので、もしものときも安心です。

4. 還元された買い物カードはほぼすべてのカテゴリで利用可能

デパート積立で還元された買い物カードは、対象の百貨店であれば、原則としてほぼすべての買い物で利用できます。

デパコスをはじめ、レストランや食料品、洋服なども含まれているのでさまざまな使途で利用できることでしょう。

また、セール期間中にも利用可能としているところや、利用期限を設けていないところも多いようです。

デパート積立のデメリット

買い過ぎには要注意

たくさんのメリットを持つデパート積立ですが、いくつかの注意点もあります。

デパート積立を検討する際には、次のポイントも考慮するようにしましょう。

・ 原則として、積立をしたデパートでしか利用できない

・ デパートが破綻してしまった際には、元本保証が約束されていないため、全額戻ってこない可能性もある

・ 買い物カードを紛失すると、再発行できなかったり再発行手数料が必要となる場合がある

・ 利用は会員本人に限る

また、デパート積立による無駄遣いにも気を付けなればなりません。

満期を迎えてまとまった金額が入金されるとつい気が大きくなってしまい、普段買わないようなものまで買ってしまうかもしれません。満期が来た際の使い道をあらかじめ考えておくことも大切です。

また、買い物カードには使用期限が設けられていない場合がほとんどなので、お金が残った場合にも欲しいものをじっくりと考えて利用するようにしましょう。

デパート積立を上手に活用してデパコスメイクを楽しむ

デパコスは1つ1つの単価が高いため、化粧水や美容液、乳液などを同じブランドで統一しようとすると1万円を超えてしまう場合も少なくありません。そのようなときに、このデパート積立が役立ちます。

毎月1万円を積み立てるのは厳しいという場合でも、5,000円からと少額でできるデパートもあるので気軽に始められます。

デパート積立を上手に活用して、デパコスメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。(執筆者:元銀行員 吉村 みき子)