携帯キャリア系のクレジットカードといえばドコモ系のdカードが有名ですが、au PAYカードも猛追しています。

前身、au WALLETクレジットカードはauユーザーしか持てなかったのですが、現在は万人に開放されています。

QRコードのau PAYと併せて使って誰にでも役立つau PAYカードを、現在実施中のキャンペーンと併せご紹介します。

au PAYカードは大型入会キャンペーン実施中

aupayカードキャンぺーン
≪画像元:au PAYカード

現在、au PAYカードに入会すると、最大1万円分のPontaがもらえます

達成困難な内容ではないので魅力的です。

カード発行から6か月以内に、次の全タスク達成で、満額の1万円還元です。

1. au PAYカードからau PAYへのチャージ額に対し10%還元(最大3.500ポイント)

2. au PAYカードのショッピング利用に対し3%還元(最大3,500ポイント)

3. 公共料金の引き落とし設定またはETCカードの発行で、3,000ポイント

Pontaの場合、他の共通ポイントと異なり、キャンペーンでもらえるのが有効期限のないポイントです。

1を実行後に、2が有効になる点は気を付けてください。

最初に3,000円でもいいのでau PAYにチャージをしましょう。

2は、auまたはUQモバイルユーザーだと、5%還元です(上限同一)。

2を満額で達成するためには、次の額のショッピングをする必要があります

・ au、UQモバイルユーザー → 7万円

・ 非ユーザー → 11万7,000円

公共料金の引き落としを設定でもOKです。

それにより、2と3、両方達成できます。

リボ設定による2,000円のキャンペーンもある

au PAYカード申込時にリボ払い設定をすると、2万円のカード利用でさらに2,000ポイントもらえます。

au PAYカードのリボ払い「あらかじめリボ」(旧名・楽Pay)は、毎月の支払額調整により、リボ手数料を支払わず利用できます

リボ払い設定をしておいて、毎月少額だけを支払う使い方をしていると、キャンペーン報酬など手数料ですぐなくなってしまいます

知識のない人は避けたほうが無難です。

知識のない人は避けましょう

au PAYカードはどんな役に立つ?

6か月間のキャンペーンで最大1万円分のPontaをもらえるau PAYカードですが、キャンペーン終了後、日常でどう使っていくといいでしょうか。

このような特色を持っている1枚です。

・ 年会費無料(auユーザー以外は、年1回の利用で無料)

・ ポイント還元率1.0%以上

・ QRコード決済のau PAYにチャージして、通常のポイント付与

・ 「auでんき」引落額8,000円以上で、ポイント5%付与

・ コンビニ、イトーヨーカドーでポイント還元率1.5%

・ 海外旅行傷害保険付帯

高還元率で年会費無料という、はやりのカードの特質はすべて兼ね備えているので、auユーザーかどうかに限らずメインの1枚として使えます。

公共料金引き落としにも向いています。

ETCカードについては、年会費は無料です。

ただ発行手数料1,100円が掛かるため、このカードで作るのがベストとはいえません。

au PAYへのチャージに最適

QRコード決済のau PAYは、事前にチャージして使う方式です。

決済時に0.5%のポイントが付くので、クレジットカードからチャージする際にポイントが付くなら、Wポイントで高還元率になります

au PAYカードからのチャージ時には1.0%付与されるので、合計で1.5%です。

au PAYへは現状、チャージの際にポイントの貯まるカードが多いのですが、今後必ず減っていくでしょう。

電子マネーの楽天Edyやnanacoなど、チャージでポイントの貯まるカードがだんだんと減っていく歴史を見れば、想像は容易です。

au PAYカードに関しては、au PAYへのチャージでポイント対象外になることは考えられません。

この点、将来的に安心して使えます。

au PAYは、2020年、21年と最大20%還元という大型のキャンペーンを随時行っています

この点でも大きな期待ができます。(執筆者:沼島 まさし)