子育て中に必要なものは、短期間ですが年齢に合わせていろいろと揃えなければならないものが意外とありますよね。

特に、赤ちゃんの時には月齢毎に使いやすいグッズをその都度購入するので、出費がかさんでしまいます。

なるべく出費を抑えるためにできる限り安くて長持ちする物が良いですよね。

子育てグッズの出費を少しでも抑えるために、今回は3年以上使って重宝した100均の子育てグッズと、反対に重宝しなかったアイテムを理由と合わせて紹介します。

重宝したもの

まずは重宝したものから紹介します。

1. ベビー用爪切りばさみ

ダイソーで購入したベビー用爪切りばさみ

ダイソーで購入したベビー用爪切りばさみです。

ベビー用の爪切りばさみは各ベビー用品メーカーからも販売されているのですが、価格は500円以上です。

100均のベビー用爪切りばさみを購入して使い勝手が良くなかったらベビー用品メーカーのものを買おうと思って購入したのですが、とても使いやすく、現在も4歳と0歳の子供の爪を現役で使用しています。

子供の爪は少し伸びても危ないので、使用頻度は大人の爪切りより高いのですが、4年経ったいまでも衰えることなく使っています。友人のママにもよくおすすめしている100均ベビー用品のひとつです。

2. ベビーカーの荷物かけ(ベビーカー用ベルトフック)

ベビーカーの荷物かけ

自分のバッグや荷物をかけられるのはもちろん、特にスーパーで買い物をする際に買い物かごをかけて買い物できるのでとても便利です。耐荷重は2キロです。

やむを得ず耐荷重オーバーの物をかけたこともあるのですが、壊れることなく3年以上経った現在も使用しています。

ベルトフックは2つあるので、スーパーマーケットで買い物をする際に買い物かごを固定できてベビーカーでの買い物もしやすくなります。

こちらもベビー用品メーカーのものもありますが、100均のもので重宝しています。デザインもシンプルなのでどのベビーカーにも合いそうです。

3. ベビーカーのブランケット挟み(ひざ掛けクリップ)

ベビーカーのブランケット挟み

ブランケットは防寒や日よけにもなるのですが、ブランケット挟みがないとずるずると下にずれて地面に落ちてしまい、いつの間にか引きずってしまいます。

このアイテムはブランケットを両サイドからしっかりと挟んでくれるので、ブランケットがベビーカーから落ちることがありません。荷物かけと同じくシンプルなデザインなのも嬉しいポイントです。

4. 紙パックホルダー

紙パックホルダー

紙パックのジュースは程よい量で子供も大好きなのですが、どうしても強く持ってしまい、そのたびにストローからジュースが噴き出して服がびしょびしょになってしまいます。噴き出さないように上手に飲めるようになるまでの間は、必須アイテムでした。

紙パックのジュースを入れないときには畳めるので、外出時にもかさばらずにバックに収納できます。

5. スナック入れ

スナック入れ

外出時のおやつにさっと食べさせられる「ベビー用のおせんべい」や「ボーロ」をカバンの中でつぶれないように収納するケースです。

これを購入する以前にはジップロックに入れてバッグに入れていましたが、おせんべいやボーロなどのお菓子がことごとくボロボロになっていました。

割れやすいお菓子はこのスナック入れに入れておけば間違いありません。

重宝しなかったもの

100均で安かったとは言え、結局は重宝しなかったものについて紹介します。

1. お尻拭き入れ

お尻拭き入れ

デザインがかわいいので気に入って購入したのですが(お尻拭き入れのフタは別売り)、使用開始から1か月をまたずに入れ物が切れてしまいました。特に乱暴に使ったわけでもなく普通に使用していただけでなので残念です。

1か月をまたずに入れ物が切れる

お尻を拭く際には、お尻拭き入れが破れないように注意して慎重に扱う暇などありません。お尻拭き入れには、破れない丈夫な素材のものをおすすめします。

2. ベビーカーのドリンクホルダー

カフェやコンビニで買ったアイスコーヒーなどはカバンに入れておけないため、ベビーカーのハンドルに装着できるドリンクホルダーに収納しようと思い購入しました。

ところが、ベビーカーを押している際にその振動で中身がこぼれてしまったり、ホルダーとカップのふたがぶつかって外れてしまうため、ほとんど使用できませんでした。

微妙だったもの

番外編のようになりますが、使ってみて「微妙だった」ものもお伝えします。

ベビーカーに装着できる靴を挟むアイテム

靴を挟むアイテム

夏に運動靴とサンダルの両方を遊ぶ場所に合わせて履かせたい時に、履かせないほうを持ち運ぶために購入しました。

ベビーカーのハンドル部分やサイドから靴ばさみで靴をはさんでぶらさげた状態になるのですが、ベビーカーを押している最中に知らぬ間に靴が落ちてなくなってしまわないかと心配になってしまうのです。

ベビーカーの下にある荷物入れに靴を入れたほうが安心できるので、結局は靴ばさみを使用しなくなってしまったのです。

子供の運動靴は意外と値が張るので、知らぬ間になくなってしまっては困ります。

このアイテムを使用している方を街でたまに見かけるので、私のように心配にならない方にはおすすめのアイテムだと思います。

100均の子育てアイテムで上手に節約

100均にもベビーグッズのコーナーがあります。安価にもかかわらず、デザインや使い勝手が良く長持ちするものもあるのです。

100均の子育てアイテムを取り入れて、節約してみてくださいね。(執筆者:永倉 南)