「楽天カード」は、楽天経済圏でお得にポイント獲得しながらショッピングや旅行をする際に必需品です。

今回は楽天カードのお得度やデメリットなどについて紹介します。

日々使うカードだからこそ、小さなポイントも大きくなるので、お得にポイ活してください。

楽天クレジットカードの種類と基本情報

カードのラインナップと内容について説明します。

楽天カード

ミッキーデザインもかわいいよね
≪画像元:Rakuten Card Co

メリット:新規発行&利用で5,000ポイント獲得(キャンペーン期間は更に増加)

デメリット:空港ラウンジ無料が無い

年会費:永年無料

カードブランド:Master card/Visa/JCB/American Express

還元率:1%(1pt=100円)

SPU:ポイント+2倍(月間上限5,000ポイント)

特典:なし

国内空港ラウンジ:なし

海外空港ラウンジ:なし

利用可能額:最大100万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

おすすめポイント

コストを下げて、ポイント倍率重視なら楽天カードで十分です。

年会費永年無料であり、通常利用でもポイント+2倍獲得できるため、通常の楽天カードはかなりお得です。

キャンペーン期間は5,000円相当のポイントキャッシュバックもあるため、キャンペーン機関中で、まだ楽天カードをお持ちでない方は、お早めに作っていただくことをおすすめします。

ポイント重視の買い物をする方で、車での外出が多い方は、楽天ETCカードも同時に申し込みがお得です。

ETCカードは年会費550円ですが、楽天Point Club会員ランクがプラチナ、もしくはダイヤモンドであれば無料となります。

毎月のお買い物やカード利用で、550ポイント以上は獲得できますので、実質費用はかからないため、持っていて損はありません。

楽天アカデミーカード

メリット:
・18歳~28歳までの学生限定クレジットカード
・学生だからこそ必要な特典が盛りだくさん

デメリット:卒業後は特典が無効となり自動的に「楽天カード」に切り替わる・利用可能額が他のカード寄り少ない

年会費:永年無料

カードブランド:Visa/JCB

還元率:1%(1pt=100円)

SPU:ポイント+2倍~最大3倍

特典:
・楽天ブックスで楽天ポイント合計4倍(入会初年度対象)
・楽天トラベル「高速バス予約」で楽天ポイント+3倍
・楽天ブックスで書籍ダウンロードでポイント+3倍
・楽天学割自動付帯

国内空港ラウンジ:なし

海外空港ラウンジ:なし

利用可能額:最大30万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

楽天ピンクカード

≪画像元:Rakuten Card Co.

メリット:
・新規発行&利用で5,000ポイント獲得
・女性限定の優待特典が盛りだくさん

デメリット:限定サービスは月額制なので、実質年会費3,960円~1万1,880円(契約サービス数による)

年会費:永年無料

カードブランド:Master Card/Visa/JCB/American Express

還元率:1%(1pt=100円)

SPU:ポイント+2倍(月間上限5,000ポイント)

特典:
・楽天グループ優待サービス → 楽天サービスの割引クーポンがたくさん手に入る

・楽天PINKY LIFE → 飲食店、映画館など110,000以上の店舗割引・優待特典が手に入る

・楽天PINK サポート → 女性特定疾患病のサポート特典が受けられる(各330円税込/月、初回最大2か月無料)

国内空港ラウンジ:なし

海外空港ラウンジ:なし

利用可能額:最大100万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

おすすめポイント

女性限定の優待サービス豊富なカードです。

楽天グループ優待サービス

楽天グループ優待サービスの内容は、楽天市場や楽天ブックスなど、楽天サービス全般を指します。

楽天市場であれば、500円オフクーポン、楽天koboなら電子書籍が10%オフなどサービスを多く利用する人にとってはメリットが大きいです。

RAKUTEN PINKY LIFE

楽天と提携している店舗にて割引サービスが得られる内容となっています。

提携している店舗は限定的なので、サービス料金月額330円も元が取れる場合のみの使用をおススメします。

楽天PINKサポート

女性特定疾病の保険が受けられるサービスです。

疾病の手術、入院、放射線治療に対して保険金が支払われるなど、女性だからこそ起こりうる病気や症状のリスクに備える際にも、手頃な保険料で加入が可能なところがメリットです。

年齢帯ごとに保険料が異なりますので、楽天公式HPを確認してください。

楽天ANAマイレージクラブカード

メリット:
・カード利用でマイルが貯まる
・カードに楽天Edyも付帯するので利便性◎
・楽天ポイントをマイルに交換可能

デメリット:楽天ポイントは1ポイント100円に対し、マイルは200

年会費:初年度無料・2年目以降、年1回の利用で年会費550円税込が無料

カードブランド:Master Card/Visa/JCB

還元率:
楽天ポイント1%(1pt=100円)
ANAマイル(200円=1pt)

SPU:ポイント+2倍(月間上限5,000ポイント)

特典:2種類のポイントコースあり
・楽天ポイントコース
100円1楽天ポイントがたまるコース
・ANAマイルコース
200円1マイルたまるコース
・Edy利用可

国内空港ラウンジ:なし

海外空港ラウンジ:なし

利用可能額:最大100万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

おすすめポイント

出張や旅行に頻繁に行かれる方々にメリットが大きいのがANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカードです。

プレミアムカードの場合、空港ラウンジの利用が無料になるなどのメリットは、ラウンジ利用をする方々からすれば、ありがたい特典です。

コロナ禍の影響で気軽に旅行へ行けなくなったので、空港ラウンジ特典を目的としたプレミアムカードの契約はおすすめしません。

家庭での日常品や消耗品などの買い物をすべて楽天市場で購入されている場合で、かつ購入金額が大きい場合は、プレミアムカード特典のポイント+4倍は非常に大きなメリットので、その場合は年会費以上のメリットになります。

コロナ禍が過ぎ去った後に旅行にたくさん行く計画を立てるのであれば、今からANAマイレージクラブカードで、買い物や支払いでのマイルを貯めておくことが賢明です。

楽天ゴールドカード

メリット:
・新規発行&利用で5,000ポイント獲得
・国内空港ラウンジ無料利用特典
・海外トラベルデスク利用無料
・ETC年会費永年無料

デメリット:
・年会費2,200円税込
・通常カードと大差が少ない

年会費:2,200円(税込)/年

カードブランド:Master Card/Visa/JCB

還元率:1%(1pt=100円)

SPU:
ポイント+4倍
→ポイント+2倍(2021年3月末より改定)

特典:
・お誕生日サービス
誕生月に楽天市場、楽天ブックス利用で+1倍
上限2,000ポイント(2021年4月より)

国内空港ラウンジ:国内空港ラウンジ年2回無料(一部海外空港ラウンジを含む)

海外空港ラウンジ:なし

利用可能額:最大200万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
最高2,000万円
引受保険会社:楽天損害保険株式会社

楽天プレミアムカード

≪画像元:Rakuten Card Co

メリット:
・ポイントが+4倍
・空港ラウンジ使用が無料
・各種保険額が最高額
・各種コース選択でさらにポイント+1倍

デメリット:
・年会費が高額(1万1,000円税込)
・コロナ禍の影響でメリット感が薄い

年会費:1万1,000円(税込)/年

カードブランド:Master Card/Visa/JC

還元率:1%~5%

SPU:ポイント+4倍

特典:
・誕生日月はポイント+6倍
・目的別の3つの優待サービスの中から一つ利用可能
楽天市場コース → 火曜・木曜に楽天市場で買い物するとポイント+1倍
トラベルコース → 楽天トラベルでの決済でポイント+1倍
エンタメコース → 楽天ブックス・楽天TV利用でポイント+1倍
月間上限1万ポイント

国内空港ラウンジ:国内空港ラウンジサービスが無料利用可能

海外空港ラウンジ:
世界148か国、1,300カ国以上の空港ラウンジが無料で利用できる
プライオリティ・パスが付帯(プライオリティ・パス単体だと年会費:1万5,000円~)

利用可能額:最高300万円

カード付帯保険:
【海外旅行傷害保険】最高5,000万円

【国内旅行傷害保険】最高5,000万円

【動産総合保険】最高300万円

全内容引受保険会社:楽天損害保険株式会社

楽天ブラックカード

メリット:
・サービスの幅が広く、手厚い
・コンシェルジュサービスがかなり便利

デメリット:
・インビテーション(招待制)なので入手が難しい
・年会費が3万3,000円税込と高め
・審査難易度が高いが、ネット通販系カードなのでステータスが低く見える

年会費年会費:3万3,000円

カードブランド:Master Card/Visa/JCB/American Express

還元率:1%~7%

SPU:ポイント+5倍~

特典:
・年会費4,212円の楽天プレミアムサービスが1年間無料

・楽天市場購入商品の送料分ポイント還元(最大500ポイント)

・楽天グループ優待でポイント+2倍

・コンシェルジュサービスを24時間、365日無料で利用可能

国内空港ラウンジ:国内空港ラウンジサービスが無料利用可能

海外空港ラウンジ:
世界148か国、1,300カ国以上の空港ラウンジが無料で利用できる
プライオリティ・パスが付帯(プライオリティ・パス単体だと年会費:1万5,000円~)

利用可能額:300万円~最高1,000万円

カード付帯保険:
海外旅行傷害保険
死亡・後遺傷害 1億円
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
携行品損害 最高50万円
賠償責任 1億円
救援者費用 最高300万円

国内旅行傷害保険 死亡・後遺傷害 最高5000万円
手術費用 設定なし。
入院日額 日額5,000円
通院日額 日額3,000円

メリットが薄くなった楽天ゴールドカード

筆者は昨年度まで楽天ゴールドカードユーザーでした。

常時ポイント+4倍が魅力だったのですが、2021年4月以降からポイント倍率が+2倍に下がる改変がなされ、誕生月のみポイント+1倍(合計3倍)が追加されたのですが、メリットが薄い状態です。

コロナ禍ということもあり、国内外の旅行も現時点では難しくなったため、今は楽天カードに切り替えて利用しています。

ポイント倍率を上げる方法は、他の楽天サービスに契約することでアップができるため、プレミアムカードは選びませんでした。

現時点で楽天カードを持っていない方は、初回ポイントキャッシュバック額が大きいプレミアムカードを1年間利用する方法もあります。

カード発行は必ずセルフバック

カード発行するおすすめの方法として、セルフバックを使った発行であれば、現金キャッシュバックも実現可能となります。

有名なセルフバックできるアフィリエイトサイトで、「A8.net」というサイトがあります。

こちらのサイトに登録し、セルフバックをすることで、キャンペーン機関中であれば、最高クラスのキャッシュバックだと現金8,000円~9,000円を獲得できます。

楽天独自のポイントバックキャンペーンと合わせれば、最大1万7,000円(現金+ポイント)を獲得できるので、楽天公式HPから申し込みをするよりも断然お得です。

カードを一度でも発行してしまっている方はこのセルフバックは適用がないので、新規の方でキャンペーンが実施されている際はぜひ申し込んでみてください。

自身に合わせたカードを選び、ポイント還元や特典などでお得を享受してください。(執筆者:前園 将一)