2018年頃から100均業界でも「アルコールマーカー」を発売するところが増えてきました。

有名なコピックの約1/6の価格で手にできます。

アルコールマーカーといえば「コピック」

アルコールマーカーといえば「コピック」

アルコールマーカーとは、アルコールに染料を溶かしてあるインクを使ったマーカーペンのことです。

イラストを描く人や詳しい人がアルコールマーカーを思い浮かべる際に最も多いのは「コピック」ではないでしょうか。

「コピック」はコピーのトナーを溶かさないマーカーとして、1987年に発売されました。

日本製でペン先の形から発色にまでこだわったコピックは、世界中の漫画家やイラストレーターに使われています。

しかし、コピックのデメリットはその価格です。1本300円以上もするものが多く、気軽に買えるものではありません。

人気が高いのはダイソー、セリアのアルコールマーカーです。

ダイソー、セリアのアルコールマーカー

100均業界では、2018年頃から「アルコールマーカー」を2本108円(当時)で発売し、大きな話題となりました。価格は1本当たりコピックの約1/6です。

小中学生を中心に一気に人気アイテムとなりました。では、コピックとどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

セリア/ダイソーのアルコールマーカーとコピックの比較

実際の商品で比較してみました。

コピック VS セリア

コピックのグレー、セリアのグレーに近いカラーで試しに描いてみます。

見たところ、ペン先の大きな違いはブラシ部分の大きさです。

ペン先が大きくしなやかなのがコピック、それよりも若干小さいのがセリアのアルコールマーカーです。

セリアのほうの若干塗りが粗い

塗ってみると、ブラシの塗り心地は大きく違うことはなさそうです。しかし、セリアのほうの若干塗りが粗いイメージです。

色は同じく、柔らかく出てくるアルコールマーカーの特徴そのままに発色もほぼ見た目通りです。

コピック VS ダイソー

次に比べたのは、コピックとダイソーのマーカーの違いです。

ブラシに大きな違いがありました。コピックはブラシタイプであるのに対して、ダイソーはマーカータイプです。

大きな面積を柔らかく塗るのには不便だと思います。

コピックとダイソーのマーカーの違い

大きな面積を塗るのには不便ですが、たとえば文字を書いたり、縁取りをするなどの細かい作業にはダイソーのアルコールマーカーのほうが良いかもしれません。

ブラシは固く、塗るよりも描くのに近い感覚です。コピックがゆるくやわらかで、肌など広い面を塗るのに適している一方で、ダイソーのマーカーは細かいところを塗るのに適していると言えます。

コピック VS セリア「肌色」比較

お子さんが塗り絵をする際に肌色がきれいにのったらとてもうれしいと思います。

100均アルコールマーカーとコピックではどちらのほうが塗りやすく奇麗なのでしょうか。使ったのはコピックの肌色と、セリアの肌色です。

コピックの肌色と、セリアの肌色

大きな面積を塗ったわけではないので確実なことは言えませんが、セリアのアルコールマーカーもなかなか負けていないと思います。

肌の質感や影も十分に表現できそうですね。お子さんの塗り絵や趣味のお絵描きくらいであれば、見劣りすることもないかもしれません。

ブレンダーの性能を比較

アルコールマーカーを使っていて、気になるのはブレンダーの使用感です。

色を混ぜたり、薄くしたり、ニュアンスを与えるという意味ではかなり重要な役目を果たします。

もちろん、ブレンダーはセリアにもダイソーにもあります。各社の商品がどのような使い心地なのかを試してみました。

ダイソー、コピック、セリアのブレンダー

ダイソー、コピック、セリアの順番に描いていきました。

赤色を伸ばしてみたのですが、やはり奇麗に伸びるのはコピックです。

セリアも悪くはないのですが、溶剤の溶けた線のようなものが見えてしまいます。またアルコールの乾きも少し遅くにじんでしまいました。

ダイソーのブレンダーはあまりおすすめできるものではなさそうです。

次に、ペンで書いた文字がどのくらいにじまないのかを検証しました。

ペンで書いた文字がどのくらいにじまないのか

ほとんどの文字があまりにじむことなく、色を置くことができました。特に、セリアのものにはほとんどにじみがないので驚きました。

コスパの最もよい集め方

小学生や中学生のお子さんが、趣味で絵を描きたいといった要望がある場合には断然セリアのものをおすすめします。

セリアのマーカーは現在36色ほど発売されています。一般的な塗り絵やイラストであれば36色あれば十分です。2本入で2,068円(税込)です。

ちなみに、コピックスケッチは1本418 円(税込)です。110円(税込)で2本入っているセリアのアルコールマーカーのほうがお得ですよね。

お気に入りの色が増えてきて大切に使えるという状況になったらコピックを足すというのもありかもしれません。

また、ブレンダーだけはコピックを用意しておくと、より深みのあるイラストを描けたり達成感を得られる作品に一歩近づくかもしれません。

100均アルコールマーカーをうまく活用

私の若いときにはアルコールマーカーの選択肢はコピックしかありませんでした。

現在は、110円(税込)で2本入っているアルコールマーカーがたくさん出ています。

コピックを集めようと思うと高額になるので、間違いのないように自分の気にいった似た色ばかりになり、結果として中途半端にお金をかけただけになったという失敗談もあります。

100均業界からアルコールマーカーが発売されたことによって、もっと自由にお得にいろいろなカラーを使ってお絵かきを楽しめるようになりました。

100均アルコールマーカーをうまく合わせながら、すてきなイラストを完成させてください。(執筆者:松田 潔子)