楽天ポイントを貯めるためには、基本的にはお買い物をする必要があります。

しかし、ポイントを貯めるためにお買い物で現金を減らしてしまっては本末転倒です。

資産を減らさずに、ポイントだけ貯められる都合の良い方法はないものか。

そんな都合のいい夢のような方法が、実はあります。

つみたてNISAを利用することで、資産を増やしながら、さらに年間4,000ポイントを獲得することが可能です。

この記事では、その方法についてお伝えします。

楽天ポイントゲット

つみたてNISAとは

まず、つみたてNISAについて軽く知っておく必要があります。

株を買う上で、NISAという制度があります。

年間一定額までは、株で利益が出ても税金がかからない」という制度です。

そのNISAの中でも、つみたてNISAというものがあり、投資信託で毎月コツコツ株を買って積み立てていくイメージの制度です。

つみたてNISAは、小額から始められ、年間40万円まで積み立てることができます

そしてなんと、クレジットカードを使って積み立てることができるのです。

そのクレジットカードに「楽天カード」を使えば、年間40万円分の1%=通常ポイント4,000ポイントが手に入ります。

しかも、お買い物をしているわけではなく投資なので、資産は消費されず、うまくいけば増える可能性も大きいのです。

用意するもの

必要なものは以下の2点です。

(1) 楽天カード

(2) 楽天証券の口座

(1) 楽天カード

通常カードでも、ゴールドカード、プレミアムカード でもなんでも構いません。

ただ、特にこだわりがなければ、通常カードがお勧めです。

他のカードだと年会費がかかってしまいます。

グレードの高いカードだからといって、積立による還元率が上がるわけではありません。

(2) 楽天証券&つみたてNISAの口座

特にこだわりがなければ、楽天証券の口座をお勧めしています。

他の証券口座でも、支払いに使うカードを楽天カードにすればポイント還元を得られます。

しかし、楽天証券にすることで、楽天市場でのポイント還元率を上げることにつながるので、楽天市場などをよく使う人は、楽天証券にすることをお勧めします。

楽天証券の口座を開設する際、一緒につみたてNISAの口座を申し込むことを忘れないでください。

やり方

1. 開設した楽天証券にログインする
 

2. NISA・つみたてNISAのタブをクリック
 

3. ファンドを選ぶ(初心者の方は「パッケージから選ぶ」をお勧めします)
 

4. 引落方法を「楽天カードクレジット決済」にする
 

5. 各ファンドの金額を決定する(月合計3万3,333円まで
 

引落日からスタート

この流れで設定すれば、安定して楽天ポイントを得ることができます。

5. の限度額ですが、つみたてNISAは年間40万円までしか積立られないので、月額にすると3万3,333円が限度額となります。

注意点

注意ポイント

注意点は2つあります。

【注意1】一気にポイントざくざく、の方法ではないということ

【注意2】短期で見ると、資産が減ることがあるということ

(1)一気にポイントざくざく、の方法ではないということ

毎月約4万円ずつ投資して、その決済額の1%をポイントで得る方法です。

ですから、今月は何万ポイントゲット、のような一攫千金の方法ではありません

その代わり、お買い物をして資産が減った代わりにポイントが増える、ということはなく、資産を地道に増やしつつもポイントが貯まっていくお得な技となります。

(2) 短期で見ると、資産が減ることがあるということ

あくまでこれは投資です。

元割れをするリスクが伴うということを念頭に置いておいてください。

しかし、つみたてNISAは投資信託で、非常に細かい分散投資を専門家が勝手にやってくれます。

ですから、短期で見ると資産が減ることがありますが、長期で見たらコツコツ増えていく可能性が非常に高いです。

制度とポイントを活用しよう

・ つみたてNISAに楽天カードから積み立てていく

・ 資産を減らさずに、年間最大4,000ポイントをゲットできる

・ 長期で見れば資産はどんどん増えていく

お買い物などで消費せずに、安定して楽天ポイントを得る方法となります。

私も毎月限度額いっぱいまで積み立てています。

さまざまな制度とポイントを活用して、お得に快適な生活を送っていきましょう。(執筆者:久保 文明)