食費の中で比較的大きなウェイトを占めるのは、お肉やお魚などのメイン食材ではないでしょうか。

食費をできるだけ抑えるために、筆者は特売の日に買いだめしたり、できるだけ安い食材を選んではいます。

しかしながら、育ち盛りの子どものいる家庭では、なかなか削りにくいポイントだと感じています。

たとえば、鶏もも肉は100gで140円ほどです。1人分を200gとすると、3人家族の場合には840円もの出費です。

もちろん、鶏むね肉にして節約することもありまが、今回は、ジューシーな鶏もも肉の唐揚げをかさましして作る方法に挑戦してみました。

かさましの具として使ったのは、次の食材です。

・ 麩
・ 玉ねぎ
・ 高野豆腐

この3点を衣に混ぜ込んで作る唐揚げのレシピと、食べた感想を紹介します。また、それぞれの節約効果も具体的に検証してみました。

なお、材料費は「鶏もも肉+かさまし具材」だけで比較しています。調味料や小麦粉などは計算に入れておりませんので、ご了承ください。

「かさまし唐揚げ」3つのレシピと節約効果

鶏もも肉の「かさまし唐揚げ」レシピを紹介します。

1. 麩を使ったかさまし唐揚げレシピ

麩と鶏もも肉

材料

鶏もも肉:200g

麩:30g

しょうゆ:大さじ1杯

酒:大さじ1.5杯

しょうが:大さじ1/4杯

小麦粉:大さじ4杯

水:大さじ3杯

塩、コショウ:少々

作り方

(1) 鶏もも肉は小さめに切る

(2) 麩は10~15分ほど水につけて戻し、よく絞って小さく切る

(3) 鶏もも肉と麩を合わせ、しょうゆ、酒、しょうがを混ぜて10分おく

(4) 小麦粉と水を合わせて (3) に混ぜる

(5) 適度なサイズにまとめて油で揚げる

(6) 食べる前に塩、コショウをふる

麩のかさまし唐揚げの節約効果

麩のかさまし唐揚げの節約効果

今回使用した麩は、30gで119円でした。鶏もも肉280円 + 麩119円 = 材料費399円です。

唐揚げの衣に麩を加えた結果、鶏もも肉だけで作る唐揚げよりも1.5倍ほどにボリュームが増しました。

このボリュームの唐揚げを鶏もも肉だけで作ったとして材料費を計算すると、280円 × 1.5 = 420円です。

麩を使ったかさまし唐揚げの節約効果は21円ということです。

食べてみたところ、麩の風味はほとんど感じませんでした。

衣に卵を入れた唐揚げのような柔らかい食感にはなりますが「節約のためにかさを増されている」というような違和感はまったくありません。

いつもの唐揚げのように、おいしくいただけました。

お麩でかさ増しした唐揚げ完成

2. 玉ねぎを使ったかさまし唐揚げレシピ

玉ねぎと鶏もも肉

材料

鶏もも肉:200g

玉ねぎ:1/2個

塩:小さじ1/2杯

コショウ:少々

酒:大さじ1杯

しょうゆ:小さじ1杯

しょうが:適量

作り方

(1) 玉ねぎを薄く切り、塩もみしてサッと水洗いする

(2) 鶏もも肉は小さめに切る

(3) 塩・コショウ・酒・しょうゆ・しょうがとしっかりと水気を絞った玉ねぎを混ぜ、そこに鶏もも肉を30分ほど漬けこむ

(4) 適当なサイズにまとめて揚げる

玉ねぎのかさまし唐揚げの節約効果

玉ねぎのかさまし唐揚げの節約効果

かさまし具材として使用したのは、1つ70円の玉ねぎ半分でした。鶏もも肉280円 + 玉ねぎ35円分 = 材料費315円です。今回の3種類の中で、もっとも安い材料費でした。

その分、かさまし具合は最も低く、ボリュームアップ効果は1.2倍ほどでした。鶏もも肉だけでこのボリュームの唐揚げを作るとすると、280円 × 1.2 = 336円です。つまり、玉ねぎを使ったかさまし唐揚げの節約効果は21円ということです。

ボリュームはそれほど増さないものの、玉ねぎの価格の安さもあって節約効果は麩と同じ結果になりました。

味のほうはかなり良く、3種類のかさまし唐揚げの中で家族に1番人気でした。玉ねぎを混ぜ込むことで、鶏もも肉は柔らかくジューシーになるようです。

節約しながら、普通の唐揚げよりもおいしくなったのは予想外のメリットでした。

玉ねぎを入れたことでさらにおいしくなった

3. 高野豆腐を使ったかさまし唐揚げ

高野豆腐と鶏もも肉

材料

鶏もも肉:200g

高野豆腐:10~15個(25g程度)

砂糖:大さじ3杯

酒:大さじ4杯

しょうゆ:大さじ4杯

片栗粉:大さじ2杯

小麦粉:大さじ4杯

作り方

(1) 鶏もも肉は小さめに切る

(2) 高野豆腐は水に浸してもどし、よく絞って小さく切る

(3) 砂糖・酒・しょうゆを合わせ、鶏もも肉と高野豆腐を10分程度つけこむ

(4) 片栗粉と小麦粉を混ぜ、(3) に合わせる

(5) 適当なサイズにまとめて揚げる

高野豆腐のかさまし唐揚げの節約効果

高野豆腐のかさまし唐揚げの節約効果

今回は、198円で購入した高野豆腐を半分使用しました。鶏もも肉280円 + 高野豆腐100円分 = 材料費380円です。

高野豆腐のボリュームアップ効果は絶大で、唐揚げは2倍の量になりました。この量の唐揚げを全て鶏もも肉で作ったとして計算すると、280円 × 2 = 560円です。

材料費の差は180円で、今回の3種類の中で節約効果はダントツの1位でした。

食べてみたところ、外側の高野豆腐はカリカリで衣としても良い仕事をしていました。弾力のある歯ごたえは満腹感にもつながり、鶏もも肉だけの唐揚げよりも少量で満足できそうです。

これなら食べ盛りのお子さんのいる家庭の食費削減に役立つのではないでしょうか。

節約効果の高いかさまし食材です

おいしい唐揚げで食費を節約

3種類のかさましレシピの中で最も節約効果が高かったのは「高野豆腐のかさまし唐揚げ」でした。

ボリュームが2倍にアップするので材料費の計算もしやすくなります。

3種類とも冷めてもおいしかったので、お弁当にもおすすめです。食費節約のために試してみてください。(執筆者:陽山 あい)