現在の日本でのポイントシェアを大きく占めているポイントサービスとして「楽天ポイント」「Pontaポイント」「Tポイント」「dポイント」があります。

それぞれに強力なキャンペーンなどが実施されており、先取りして情報を手に入れられれば、皆さんにも大きくポイントを稼ぐことは可能です。

私の場合は楽天ポイント一本で集約しているため、今回の記事では楽天ポイントをさらに稼ぐための方法について、紹介していきたいと思います。

日常で利用できるサービスはすべて楽天のサービスに切り替える

楽天市場の買い物をする際は、ポイントアップしておくことは必須となります。

楽天サービスを何も使っていない状態だと、買い物をしても100円で1ポイント程度とあまり大きなメリットがありません

まずは日常のサービスを楽天に切り替えるところから始めていきましょう

【楽天モバイル +1倍】

最大2万5000ポイント還元
≪画像元:Rakuten

2021年5月現在、楽天モバイル5Gへの乗り換え+対象機種を購入で最大2万5,000ポイントの還元があります。

【楽天ひかり +1倍 対象サービス契約】

楽天モバイルとあわせての契約の場合、楽天ひかりの利用料が1年間無料です。

【楽天カード +2倍~】

楽天カード
≪画像元:Rakuten

楽天カードの契約は必須です。

他サイトセルフバックサービスで、9,000円分得する方法もあります

種類は通常、ゴールド、プレミアムカードの他、さまざまな種類があります。

【楽天市場アプリ +0.5倍】

楽天市場で買い物すれば条件達成です。

【楽天銀行 +1倍】

楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落としが条件です。

【楽天の保険 +1倍】

「楽天の保険」の保険のどれかに加入し、保険料を楽天カード支払いで+1倍

複数保険の契約でも倍率は1倍までです。

【楽天でんき +0.5倍】

家庭の電気利用の契約を楽天でんきに切り替えし利用することが条件です。

電気代の支払いでも200円で1ポイント獲得可能です。

【楽天証券 +1倍】

月1回500円ポイントの投資が条件です。

毎月のポイント獲得予想分を投信に自動振替するのがおすすめです。

その他1回利用毎の倍率アップサービス

【楽天トラベル +1倍】月1回5,000円以上の利用

【楽天ブックス +0.5倍】月1回1,000円以上

【楽天Kobo +0.5倍】電子書籍月1回1,000円以上

【楽天Pasha +0.5倍】トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得

【Rakuten Fashionアプリ +0.5倍】Rakuten FashionアプリでRakuten Fashion商品を月1回以上買い物

【楽天ビューティ +1倍】月1回3,000円以上の利用

楽天カードはプレミアムカードをおすすめします。

年会費が高いと感じる方は通常の楽天カードでもOK

高額の楽天ポイントを獲得する際に、楽天カードの発行は必須です。

セルフバックサイトを使って発行時のメリットを最大限上げて、手に入れる事を強くおすすめします。

また、カードの種類についてですが、私はプレミアムカードをおすすめしています。

私自身も使用していますが、他のカードと比べて

・ ポイントが+4倍となる

・ 月間のポイント獲得上限が他のカードの3倍の1万5,000ポイントとなる

・ 楽天市場コースという優待サービスで火、木曜はさらにポイント+1倍

これらの点が大きなメリットだと感じています。

確かにポイントは貯まりますが年会費が1万1,000円税込かかってしまうので、皆さんの好みにあわせて発行してください。

実質、年会費以上のポイントは確実に手に入るかと思います。

ただ、ゴールドカードの発行はあまりおすすめでありません

以前までは所有していればポイント+4倍でしたが、カードの規約変更でポイント倍率が通常カードと同等となってしまいました

今後の発行は通常カード、もしくはプレミアムカードのどちらかが良いでしょう。

給与受取銀行も楽天銀行

楽天銀行
≪画像元:Rakuten

給与受取口座を楽天銀行に設定し、楽天ハッピープログラムへの加入で給与受け取りごとにポイントが貯まります。

額としては大きくないですが、自動的にポイントが貯まるので、設定して損することはありません。

また、ハッピープログラムのランクが上がれば上がるほど、ATMでの出金手数料無料回数が増えていきます

最大月7回まで無料や、他行への振込手数料も最大月3回になりますので、口座設定は確実にしておきましょう。

楽天ポイント対応店舗を積極的に

マイナポイントなどの普及により、キャッシュレス決済が一気に広まった今、まだ現金で支払いをしている方々が非常に多く見られます。

楽天カードや、楽天が提供するバーコード決済楽天Payでの支払いで、日常の買い物でもポイントを貯めることができます。

現金じゃないとどうしてもダメだ、という人以外はカードかバーコード決済をしましょう

ほとんどの店舗で楽天Payは導入していますし、クレジットカードが使えない店舗の方が珍しい時代になってきましたので、実現性は高いはずです。

ポイントが無料で貯まるおすすめサービス

ポイントが無料で貯まるサービスも紹介します。

楽天スーパーポイントギャラリー

こちらで紹介されている広告の内容に申し込みをするだけで、ポイントがもらえるというサービスです。

おすすめの方法としては、無料の資料請求サンプル申し込み、お試し体験などを使えば、少なくとも5,000ポイントは1日で貯めることができます。

高額なポイントバックの広告もありますが、実費がかかってしまうものもあるので、内容を見極めて申し込みをしましょう。

楽天インサイト

楽天インサイト
≪画像元:Rakuten

楽天が提供するアンケートモニターサービスです。

さまざまなアンケートに答えるだけでポイントがもらえますが、数をこなさないと行けないため、月500ポイント程度が限度かと思います。

時間に余裕がある人は、積極的にポイントを獲得してください。

楽天スーパーポイントスクリーン

こちらは広告をクリックすることでポイントがもらえるサービスですが、1件あたりポイント程度と少額です。

ただ、5日間継続して広告のクリックをしていれば100ポイントがもらえるので、こちらはサクッと済ませておくのが良いと思います。

楽天ウェブ検索

スマホやパソコンのブラウザ検索をこの楽天ウェブ検索を利用することで、1日最大5ポイントがたまります。

こちらは、普段遣いとして設定しておけばOKです。

1日5ポイントですが、1か月最大150ポイント貯めることができますので、設定して損はありません。

楽天Kドリームス登録

こちらは新規登録で1,000ポイントが必ずもらえる楽天を介した競輪投票サイトです。

実際に競輪に賭けることもできますが、公営競技とはいえギャンブルですのでおすすめはしません

私も100円だけ賭けて、2,500円ほどになりましたが、そんなに続くわけないと思い勝ち逃げしています。

1回のみのポイント獲得ですが、登録しておいて損はないでしょう。

また、A8.netといったセルフバックサイトからの登録であれば、サイトから現金キャッシュバックなどもあります。

キャンペーン期間が異なるため、もし見つけられた方は迷わず登録してみてください

A8.netへの登録がまだの方は、こちらから内容を見てみてください。

アフェリエイト広告
≪画像元:A8.net

こちらでおすすめするサービスは継続して貯めることもできますが、時間がかかる内容が多いことと、1回の獲得しかできないものもあるため、最初に稼いで運用に回すことがおすすめです。

ふるさと納税は楽天ふるさと納税一択

楽天市場でのお買い物に加え、楽天ふるさと納税からの返礼品申込みは信じられないくらいにポイントバックがあるので強くおすすめしています。

楽天市場では楽天スーパーセールや、5と0のつく日などはポイント倍率がさらにアップすることは皆さんご存じかもしれません。

楽天ふるさと納税の返礼品にもこのポイント倍率が適用されます

必要な日用品を注文してもよし、普段は食べない高級食材を頼むもよし、どのようなものを頼まれても値段に応じたポイント倍率分、ポイントキャッシュバックがありますので、セール日を狙って注文するようにしてください

私の場合、年収500万円程度ですので、およそ6万円分のふるさと納税ができます。

楽天サービスでポイント倍率を上げていることを前提に、しっかりとセール日を狙うことで、毎年おおむね1万8,000ポイント程度は確実にキャッシュバックを受け取ることができています。

みなさんもご自身の年収にあわせて楽天ふるさと納税でお得に返礼品とポイントを手に入れてください。

楽天ポイントを稼いで、余剰ポイントを楽天ウォレットまたは楽天証券で運用

普段の買い物で割引して商品を購入するためにポイントを使うのも良いですが、せっかくお得にたまったポイントを運用する、というのも将来に向けての戦略の1つです。

仮想通貨取引ができる楽天ウォレットや、株式取引ができる楽天証券サービスでは、ご自身が持っているポイントを投資に回すことができます。

仮想通貨も株式投資も最低100ポイントから利用でき、楽天証券のポイント投資なら、初心者の方でも無理なく資産運用ができる積立投資も人気です。

ご自身が獲得したポイントの10%程度から小さく積立投資をはじめてみるのはいかがでしょうか。

銘柄や積立のやり方など、詳しい説明は楽天証券ポイント投資のページでご確認ください。

ポイント投資
≪画像元:Rakuten

年間でも数十万円以上変わってきます

普段の買い物などで支払いする際にも楽天カードを介することでポイントが貯まるほか、楽天のサービスを活用すれば、固定費の削減も実現できます。

しっかりとポイントを稼いでいる人とそうでない人の差は、年間でも数十万円以上変わってくるため、知識だけで留めずに、行動に移っていただくことをおすすめします。(執筆者:前園 将一)