こってりラーメンでおなじみの「天下一品」が、ラーメンチケットを販売中です。

どのくらいお得なのか、注意点とともに解説します。

3杯分の値段で4杯食べられる「ラーメンチケット」を販売中

3杯分の値段で4杯食べられるラーメンチケット
≪画像元:天一食品商事

5月31日までの期間中、天下一品では3杯分の値段で4杯食べられる「ラーメンチケット」を販売中です。

「ラーメン(並)1杯チケット」3枚を購入すると、「ラーメン(並)1杯無料券」が1枚付いてきます

チケットの販売価格は、店舗に確認してください。

例えばすすきの店では、看板メニューのラーメン(こってり)が830円ですので、チケットの販売価格は2,490円です。

ラーメンチケットを購入すると、スタンプを3個押してくれます。

スタンプが貯まると、オリジナルどんぶりと交換可能です。

店頭販売もあります
≪画像元:天一食品商事

イートインのこってり・あっさり・屋台の味(いずれも並)だけでなく、店頭販売していて自宅で作る「家麺」にも使えます。

差額を支払えば、ラーメン(並)以外にも利用可能

ラーメンの並以外にも利用が可能です
≪画像元:天下一品すすきの店

差額を支払えば、ラーメン(並)以外にも利用可能です。

すすきの店で1,180円の「トントロチャーシューメン(並)」なら、350円の差額を支払うことで食べられます。

差額を支払って好きなものが食べられる
≪画像元:天下一品すすきの店

また、ラーメン(並)1杯チケットの場合、差額を支払うことでラーメンを含む定食にも利用可能です。

すすきの店で1,130円の「半チャーハンセット」なら、300円の差額を支払うことでラーメンチケットを使えます。

ラーメンチケットの注意点

ただし、ラーメンチケットは以下の点に注意してください。

販売店舗でのみ利用可能

販売店舗(チケット表面に押印されている店舗)でのみ、ラーメンチケットを利用可能です。

A店で購入したラーメンチケットを、B店で使うことはできません。

また、家麺のインターネット販売や宅配にも利用不可です。

無料券は定食に利用不可

「ラーメン(並)1杯チケット」の場合、差額を支払うことでラーメンを含む定食にも利用可能です。

一方、「ラーメン(並)1杯無料券」はラーメンを含む定食に利用できません

家麺・単品ミニラーメンとの差額は返金しない

差額を支払えば、トッピングラーメンや大盛りにもラーメンチケットを使えます。

一方、家麺や単品ミニラーメンにもラーメンチケットを利用可能ですが、差額は返金されません

他の割引券や店舗独自のサービスとの併用は不可

ラーメンチケットは、他の割引券や店舗独自のサービス(タイムサービスなど)との併用ができません

有効期限は7月31日

ラーメンチケットの有効期限は、7月31日までです。

仮に7月31日に休業している店舗があったとしても変わりませんので、販売日の店休日を確認しましょう。

チケット利用分はスタンプの押印なし

ラーメンチケットの購入については、スタンプを3つ押印してくれます。

一方、ラーメンチケット・無料券の利用分については、スタンプの押印がありません

期間はたっぷりあるラーメンチケット、慌てず使おう

天下一品より、3杯の値段で4杯食べられるラーメンチケットが販売中です。

大盛りや定食にも使え、使い勝手も良いです。

期間もたっぷりありますから、慌てず使えます。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)