6月の第3日曜日は父の日です。

子どもから手作りのプレゼントや、似顔絵をもらったりするとかわいくて、とってもうれしくなります。

少し年齢が上がると、自分のお小遣いで買って贈りたいと思うようになります。

「子どもの気持ちは大事にしたいけど、大きなお金は使わせたくない」

そんな時はダイソーを活用するのがオススメです。

今回は、ダイソーの中でも父の日に使えそうな高見えグッズを紹介します。

記事内の価格は消費税抜きです。

1. コーヒーミル

今人気急上昇している商品です

コーヒーが好きなお父さんには、コーヒーミルを贈るのはどうでしょう。

ダイソーのミルは2020年の発売と同時に話題沸騰となり、売り切れが続出した商品です。

値段は500円と、ダイソー商品にしては高額に分類される商品ですが、ネットで調べると安くても500円以上、平均価格は2,000円ほどで、高い商品は1万円以上します。

値段に見合った作りではあるのかもしれませんが、子どもからのプレゼントにはお得な値段です。

ガラスとステンレスでできているので高級感があり、インテリアに馴染むデザインです。

ガラス製のため重量が400gとやや重いので、持ち運びする際は注意しましょう。

機能性も悪くはない

見た目だけでなく、機能性もしっかりしています!

木製と違い水洗いでき、プラスチック製と違い静電気による粉の張り付きが少ないです。

キャニスター、ミル、フタは簡単に分解することができ、丸洗いも簡単です。

耐久性のあるセラミック刃を採用するなど、見えない部分も努力しています。

挽き加減は極細挽きから粗挽きまで5段階で調節できるようになっています。

一度に2杯分の豆を挽くことができますが、時間は少し長めのようです。(約2~3分)

大人からのプレゼントなら、豆にこだわる

大人がプレゼントに使用する際は、こだわりのコーヒー豆を選んでみてください。

予算に合わせて専門店で購入することで、ありがとうの気持ちが伝わります。

ハンドドリップ入門として人気でしたが、最近はキャンプ需要で再注目されています。

インスタントコーヒーよりワンランク上の楽しみを、手軽に実感でき、挽きたてコーヒーの芳醇な香りに、お父さんも満足すると思います。

2. ティー&コーヒープレス(フレンチプレス)

スーパーなどで購入したコーヒー粉を入れ、お湯を注ぐだけで本格コーヒーが作れます。

コーヒーだけではなく、紅茶など他の茶葉にも使えます。

プレスを使うことで、一気に約2人分(350ml)のコーヒーを淹れられます。

見た目は有名メーカーの「ボダム」

黒いボディとガラスの組み合わせがとてもオシャレで、インテリア映えしそうです。

ボダムは3000円以上するのに対し、ダイソーは500円で購入できるので、使い心地に満足できれば、2500円以上の節約が可能です。

ノーブランドでも、Amazonで同様のプレスは2,000円以上するので、かなりお得です。

後片付けが面倒なのが残念

フレンチプレス全体に言えますが、フィルターを洗う手間が発生するのが欠点です。

金属製のフィルターはずっと使えるので、維持費がかからないのは利点でもあります。

淹れるのは簡単ですが、後片付けが少し面倒な点を許容できるかがポイントです。

お父さんへのプレゼントなので、お父さんが使ったら片付けるのはお母さん…となることも考えられます。

選ぶときは、そこまで考慮してください。

コストと時間に余裕があるなら

紙フィルターでハンドドリップする方法もあります。

ダイソーではドリッパーや使い捨て紙フィルターも100円で販売しています。

セットにしても1,000円以下で済むので、手軽に道具をそろえられます。

大人からのプレゼントなら、カップにこだわる

大人の方は似合いそうなオシャレなカップやソーサ―を付けて高級感をだすのもおススメです。

3. グラス類

100均にはグラスもたくさんある

日本酒、ワイン、ビール好きなお父さんには、グラスのプレゼントもよいと思います。

ダイソーはグラスも種類豊富に取りそろえています。

大人の方が利用する際は、お酒とセットにすることで安見えを回避できます。

日本酒には切子グラス、お猪口、ぐい吞み、とっくりをセットにすると雰囲気が出ます。

強いお酒が好きな方には、ショットグラスのサイズがそろっています。

ビールグラスは形や容量もさまざまで、ジョッキもあります。

ワイングラスは赤、白、スパークリングと、ワインごとに各種グラスがあり、家飲みだけではなく外でも楽しめるよう、プラスチック製のグラスもあります。

最近はダブルグラスが人気

熱が伝わりづらい二重構造になっています。

ドリンクだけではなく、デザートを入れることで、美しい層を楽しめます。

無地の物からイラストや文字入りまであるので、幅広い年齢層で活躍しそうです。

ワイングラスも安く買えても500円以上、切子グラスは2,000円以上します。

100円で購入することができれば、かなりの金額が節約できます。

商品によっては200円もあります。

切子グラスの注意点

1. 模様のバランスが微妙

100円だからと妥協できれば格安ですが、後悔しないよう、実物を見て決めましょう。

2. 入荷・陳列時に細かいガラスの粒子が付着している

ガラスを削って作っているので仕方ないのですが、使用前はしっかり水で洗いましょう。

4. 額縁・フォトフレーム

ダイソーではサイズ豊富な額縁やフォトフレームを販売しています。

L版からポスター対応のA2サイズまで、かなり種類があります。

お父さんの似顔絵や感謝状を額縁に入れると、手作りでもゴージャスになります。

A4までは100円で購入できるので、手軽に試せます。

筆者の実家は額縁に入った孫からの絵が、会社からの表彰状と同列に鎮座しています。

A4額縁は500円以上はしますので、ダイソーで購入すると400円以上のお得です。

お小遣いの範囲でプレゼント

相手に喜んでもらえるものを、自分のお小遣いで探すことはマネー教育にはよいチャンスです。

ダイソーなら、金額の計算もしやすいので、幅広い商品がたくさんあるダイソーで父の日のプレゼント選びデビューをしてみてください。

プレゼントを100均で選ぶのは気が引けると思っている大人でも、ダイソーは流行に敏感で時代に合った新商品が発売されているので、見劣りしません。

「ダイソー商品 + 高級品」という組み合わせで、賢く節約しつつ素敵なプレゼントを選んでください。(執筆者:山城 奈々)