格安SIMと聞くと、

「料金は安そうだけどちゃんとつながるのかな」

「店舗がなくて何かあったらサポートしてもらえるのだろうか」

と不安に思う方もいらっしゃると思います。

今回は、筆者が実際にY!mobileを契約してみてわかった使い勝手と、最新の料金プランについて解説します。

※料金プランは2021年5月14日時点のものです。

新料金プランはデータ通信容量別に3種類

まずは、新料金プランの内容を見ていきましょう。

利用できるデータ通信容量ごとに、シンプルS/M/Lと3種類の基本料金です。

シンプルS:3GBの通信量で2,178円(税込)

シンプルM:15GBの通信量で3,278円(税込)

シンプルL:25GBの通信量で4,158円(税込)

通話料金は30秒あたり22円(税込)で、上記の基本料金に使用した分だけが上乗せされていきます。

頻繁に電話を使用するという方は、かけ放題のオプションを付けることもできます。

・ だれとでも定額(国内通話10分かけ放題)月額770円(税込)

・ スーパーだれとでも定額 (S)(国内通話24時間かけ放題)月額1,870円(税込)

割引プラン

次に割引プランを見ていきましょう。

家族で契約するとお得:2回線目以降1,188円(税込)割引

家族割
≪画像元:SoftBank

家族で利用する場合には、家族割引サービスに申し込めます(最大9回線まで)。

2回線目以降の基本料金が毎月1,188円(税込)割引されるため、家族がいる場合には同時に乗り換えることで、お得に利用できます。

申し込みの際には、血縁・婚姻(等身数の制限はなく別住所可)関係にあること、もしくは同住所(別姓可)であることの確認が必要です。

自宅のインターネットをまとめると1,188円(税込)割引

おうち割セット (A)
≪画像元:SoftBank

おうち割光セット (A) では、自宅のインターネット回線とY!mobileをセットで利用することで、基本料金が毎月1,188円(税込)割引されます。

「SoftBank Air、SoftBank光のいずれかひとつ + Y!mobileのシンプルS/M/Lプラン」を同時に申し込むことで適用されます。

家族割引は2回線以上の契約がなければ適用されませんが、こちらは1回線の契約のみで適用されるため、単身で申し込む方には合わせての検討をおすすめします。

Y!mobileの使い勝手

エリアからショップを探す
≪画像元:SoftBank

店舗数が多い

店舗数の多さは安心できる特徴のひとつです。

格安SIMというと店舗数が少ない、もしくは店舗展開していないため、サポートは電話やオンラインのみといった場合がほとんどです。

しかし、Y!mobileは881店舗(2020年春時点、MCA調べ)と店舗数が多いので、何か問題が起きた際にはすぐに相談に行けます。

操作やサポートに不安のある方にとっては心強いことです。

通信速度はノンストレス

格安SIMで最も気になるのは、通信速度ではないでしょうか。

筆者も乗り換え前には、通信費が安くなるのは嬉しいものの、通信速度が遅くなるのではないかと少々不安でした。

しかし、実際に使ってみると通信速度が気になる場面はほとんどありません。

最も回線が混むと言われている朝やお昼、夕方の帰宅ラッシュ時に都心で使用していても、以前と変わらずにサクサクと使用できているのでとても満足しています。

実際の支払料金から節約効果を試算

以前、大手キャリアを使用していた際には毎月8,000~9,000円の通信費がかかっていました。

しかし、格安SIMのY!mobileへと乗り換えてからは、毎月3,000円未満で済んでいます(データ容量3Gの旧プランを契約)。

乗り換え後の通信費は約1/3になり、年間で7万2,000円も固定費を削減できることになります。

家族が多い場合には、その分削減できる金額が大きくなるので、積極的に取り入れたいものですね。

まだ大手キャリアしか使ったことがないという方は、この機会に格安SIMに切り替えてみてください。

実際に使ってみると使い勝手も良く、圧倒的に料金を抑えられるので、大手キャリアにこだわりがない方には「試す価値アリ」です。(執筆者:村瀬 華)