JINSは、機能的でおしゃれなメガネを低価格で販売するメガネ店です。

JINSでは、フレームとレンズがセットで5,000円から購入できます。

かつてメガネは高級品で、フレームだけでも数万円するのが当たり前でした。

JINSはメガネ界に革命を起こした格安メガネ店のひとつといえるでしょう。

そんなJINSから、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ「JINS 1day」が発売されました。

ワンデーコンタクトは、毎日新しいレンズを使用できて、お手入れの手間もかからないところが魅力です。

ただ2週間使い捨てタイプのコンタクトと比べると、価格が高いというデメリットがあります。

ワンデーコンタクトを使いたいと思いながらも、私が2週間使い捨てタイプのコンタクトを使用しているのも、ワンデーコンタクトの価格が高いからです。

でもJINSなら、使い捨てコンタクト界にも価格破壊を起こしてくれるかもしれません。

そんな期待を胸に、従来のワンデーコンタクトとの価格を比較してみました。

また実際に試してみた「5日分無料おためし」の感想も、合わせて紹介していきます。

使い捨てコンタクト

JINS 1dayは安い? ワンデーコンタクト価格比較

使い捨てコンタクトには、さまざまな種類があります。

価格比較をするなら、ある程度の品質をそろえないといけません。

今回は、レンズに含まれる水分量「含水率」がJINS 1dayと同じ58%の、ワンデーアキュビューモイストと比較してみました。

参照:オンラインコンタクト公式ブログ

・ ワンデーアキュビューモイスト(1箱30枚):1,979円

・ JINS 1day(1箱30枚):1,980円

ワンデーアキュビューモイストの価格は、ネットショップでの最安価格です。(2021年5月末)

なんと、JINS 1dayのほうが1円高いという結果でした。

さすがのJINSでも使い捨てコンタクト界には価格破壊は起こせないのでしょうか。

でもJINSには、より安くJINS 1dayを購入できるプランがありました。

JINS 1dayをより安く購入する方法

日常的に使い捨てコンタクトレンズを使用するなら、JINS 1dayの定期購入がお得です。

プラン名は「おトク定期便」で、毎回10%OFFの価格で購入できます

具体的にどれくらいおトクになるのか計算してみましょう。

両眼使用で30日分:3,960円 → 3,564円(396円おトク

両眼使用で1年分:4万7,520円 → 4万2,768円(4,752円おトク

1回分の割引期価格は大きなものではありませんが、年間では5,000円近い節約になります

定期購入なら30日ごとに自動的に届くので、買い忘れの心配もありません。

送料も無料になるというメリットもあります。

さらに、定期購入が13回目以上になると毎回1%ずつ割引率が上がり、最大で20%オフになるということです。

両眼使用で30日分:3,960円 → 3,168円(792円おトク

両眼使用で1年分:4万7,520円 → 3万8,016円(9,504円おトク

22回目以降の購入なら、年間では1万円近い節約です

しかも22回目以降の定期購入は、ずっと20%オフのままです。

これならもしかすると、2週間使い捨てタイプのコンタクトと比較しても、価格差はあまりないかもしれません。

次は、2週間使い捨てタイプのコンタクトの価格と比較してみましょう。

JINS 1dayなら2週間使い捨てコンタクトよりも安い?

こちらも、含水率が58%の2ウィークスアキュビューの最安価格と比較してみました。(2021年5月末)

2ウィークスアキュビューは1箱6枚入りで2,300円ですが、1枚で2週間使用可能です。

両眼使用するなら、4,600円で12週間分ということです。

JINS 1dayの価格と比較するために、それぞれの1日分の価格を割り出してみましょう。

・ 2ウィークスアキュビュー:4,600 ÷ (7 × 12)=約54

・ JINS 1day(おトク定期便22回目以降):3,168 ÷ 30=約105

参照:SILCHIKA(価格参考)

さすがのJINSでも、ワンデーコンタクトの価格は2週間使い捨てタイプのコンタクトほど安くはありませんでした

ただ、2週間使い捨てタイプのコンタクトにはケアが必要で、そのためにはケア用品を購入しないといけません。

ケア用品の価格は1か月でおよそ600~700円ほどで、1日あたり20~25円ほどかかる計算です。

その価格をプラスしてみると、

・ 2ウィークスアキュビュー:74~79円

・ JINS 1day:105円

差額がずいぶん縮まりました。

そして考慮すべきなのは、2週間使い捨てタイプのコンタクトは「最大で2週間まで使用可能」ということです。

確実に14日間使えるというわけではなく、1週間で破損したり、視界が悪くなったりすることもあります

その点を考えると、JINS 1dayを長期で使用すれば価格差はもっと縮まるのではないでしょうか。

そんなJINS 1dayの使い心地を知っておきたいと、私は無料のお試しサービスを利用してみました。

JINS 1dayの「5日分の無料おためし」を試してみました

「5日分無料おためし」

初回限定で5日分のJINS 1dayを無料で試せると知って、さっそく申し込んでみました。

申し込んで分かったのは、意外と送料が高いということでした。

1箱分なら550円ですが、両眼分の2箱では送料は2倍の1,100円です。

「無料」だと思っていると、ちょっと驚く価格ではないでしょうか

でも私は、先日JNSでメガネを購入した際に、ちょうど1,110円分のポイントをもらっていました。

おかげで完全に無料でJINS 1dayを5日分試せました。

JINS 1dayの使用感は、とても良かったです。

やわらかくて視界もクリアで、なにより毎日のケアの必要がないことが本当に快適でした

いきなり22回目以降の価格で買えるのなら、すぐにでもJINS 1dayに切り替えたいというのが正直な感想です。

JINS 1dayは使いやすいワンデーコンタクト

JINS 1dayは、ワンデーコンタクトの中では最安といえる価格でした。

長期で使用すると2週間使い捨てタイプのコンタクトとの差額も大きくはなくなり、価格面での魅力は大きいと思いました。

ワンデーコンタクトを価格面であきらめているなら、いちどチェックしてみてください。(執筆者:陽山 あい)