エアコンを利用しなくても過ごせるようになったこの季節に、そろそろエアコンのお掃除をしたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中にはエアコンクリーニング業者に依頼したいと考えている方もいると思います。

実は、私は去年まで市販の「エアコンクリーニング用の洗浄スプレー」を使って、エアコンを掃除していました。

しかし、使用して5年目にしてエアコンが故障して修理をしてもらった際に、修理業者の方から

「キッチンのある部屋で使っているエアコンは、エアコンクリーニングの業者に依頼しないと汚れが落ちませんよ」

と注意されたのです。

そこで、エアコンクリーニングに高額なお金を支払うことに抵抗がありつつも、専門業者にしぶしぶエアコンクリーニングをお願いしました。

しかしながら、暮らしのサービスマッチングサイト「くらしのマーケット」を利用したことで、少々安くエアコンクリーニングを依頼することに成功したのです。

その方法を紹介します。

エアコンクリーニング業者大手「ダスキン」の場合

ダスキンのエアコン掃除料金
≪画像元:NAC

エアコンクリーニングを業者に依頼するにあたって、すでに経験のある妹はダスキンをすすめてきました。

確かにダスキンは大手なのでさまざまなノウハウもありそうですし、何より派遣されるスタッフに安心感を持てる気がします。

しかしながら、スタッフを派遣するということは中間マージンも生じるわけで、ダスキンに依頼すると高くなってしまうのではないかという不安も感じました。

ちなみに、ダスキンの公式ホームページによると

【エアコンクリーニング料金】

<壁掛けタイプ>
標準料金:1万4,300円~(税込)

<壁掛けタイプフィルター自動お掃除機能付き>
標準料金:2万5,300円(税込)

という価格が提示されています。

特に「フィルター自動お掃除機能付き」のエアコンは1万円も高くなってしまうことがわかります。

ただし、2台以上頼んだ場合には割引があるので少しお得です。

2台以上の場合は、

<壁掛けタイプ>
標準料金 :1台あたり1万1,550円(税込)

<壁掛けタイプフィルター自動お掃除機能付き>
標準料金 :1台あたり2万2,550円(税込)

です。

1台当たり2,750円安くなるのです。

2台頼むとお得
≪画像元:DUSKIN

「くらしのマーケット」を利用した場合

一方で、「くらしのマーケット」で探した業者に依頼してみた結果、大手の業者「ダスキン」に比べてかなり格安にエアコンクリーニングをできました。

1台だけを依頼したのですが、私が頼んだ職人さんは

<壁掛けタイプ>
標準料金:1台あたり9,000円(税込)

<壁掛けタイプフィルター自動お掃除機能付き>
標準料金:1台あたり1万4,000円(税込)

という価格設定です。

ちなみに、わが家の場合「フィルター自動お掃除機能付きのエアコン」だったので税込1万1,400円でした。

「くらしのマーケット」に中間マージンがないわけではありません。

ホームページには、「予約が成立した場合のみ、サービス料金の20%の予約手数料が発生します。」(この予約手数料は業者側が負担するもの)とあるのですが、結果的にわが家では、ダスキンに比べて税込4,550円も安くクリーニングできたことになります。

「くらしのマーケット」はどのようなサイトなのか

くらしのマーケット

「くらしのマーケット」とは、エアコンクリーニング業者をはじめとしてさまざまなサービスを提供できる個人やお店が登録しているマッチングサイトです。

職人さんや下請け業者に直接依頼できて中間マージンを取られないのでサービスを安く受けられます

また、地域別に選べるので近くの業者に依頼できるのもありがたいところです。

掲載されているサービス内容は、

・ エアコンクリーニングをはじめとするさまざまなクリーニング業務

・ 家事代行

・ 引っ越し

・ ふすま張替え

など多岐にわたります。

職人さんや業者を自分で選ぶので、きちんと仕事をしてくれるところを選ぶ目が必要です。

また、繁忙期にはスケジュールが埋まっていることが多いので、できるだけ閑散期に依頼することをおすすめします。

くらしのマーケット掲載サービス
≪画像元:minma

依頼業者の選び方のコツ

「くらしのマーケット」を利用するうえで、最も重要なのは依頼業者の選び方です。

私が重視したのは、「アピール文に信頼性があるかどうか」と「口コミの内容」です。

安さはもちろん重要ですが、「エアコンをクリーニングしてもらったのに、その結果壊れてしまった」などの最悪な結果は免れたいと考えました。

このようなことから「エアコンクリーニングという仕事のキャリアが長くて口コミも高評価の業者」を選んで依頼しました。

個人でやっている方でしたが、部屋を汚さない工夫をしっかりとしたうえでテキパキと手慣れた様子でクリーニングしてくれました。

この業者さんが次のようなアドバイスをしてくれたので紹介します。

(1) 市販の「エアコンクリーニング用の洗浄スプレー」を使用すると、反対に汚れがこびりついてクリーニング時に大変なので使用しないでほしい

(2) 今後、サイトを通さないで直接依頼してくれたら1,000円安く、1台増えるごとにさらに1,000円割引する

(3) 2年に1回はエアコンクリーニングをすることをおすすめする

(4)「フィルター自動お掃除機能付きのエアコン」はクリーニング代金が高くなるし、効果はそれほど期待できないので、可能なら「フィルター自動お掃除機能」のついていないエアコンを購入したほうよい

(5) ダイキンのエアコンは1番カビが生えやすい。真夏に「カビ臭い」という理由で依頼されたエアコンのほとんどがダイキンだったのでおすすめしない

ちなみに、とても信頼できたのでこの業者を義母にも紹介し、義母宅にあ5台のエアコンクリーニングを依頼しました。

すると、あまり使用していない汚れていないエアコンについては「クリーニングは必要ない」としてキャンセル扱いにしてくれたそうです。

ハードユースしていた2台のエアコンだけをきれいに掃除してくれたとのことでした。

夏に向けて今のうちに安くエアコンクリーニング

エアコンクリーニングをやると、とても快適で気分よく使えます。

エアコンの中が汚れまみれになっていることを想像するとぞっとするので、今後は今回の業者さんに2年おきに掃除してもらうことにしました。

業者に安く依頼できるサイト「くらしのマーケット」を賢く利用して今後も快適な毎日を過ごしていきたいと思っています。(執筆者:桜田 園子)