昨今の筋トレブームもあり、高タンパクな食品が注目を集めています。

タンパク質は髪、皮膚、爪など体のあらゆる部分を構成する成分なので、筋肉をつけたい人以外にとっても積極的に摂りたい栄養素です。

ただ、タンパク質を多く含む高タンパク食品は、炭水化物などと比べるとどうしても値段が高い印象。鶏むね肉など安い食品もありますが、調理の手間を省くとぱさぱさした食感になり、いまいちおいしくありません。

そこで、今回は業務スーパーで見つけた低価格で、手軽に取り入れられる加工済みの高タンパク食品を3つご紹介します。

※文中の価格はすべて税込です。

さばの水煮缶 85円

サバは最強だよね

DHAやEPAなど様々な栄養素が含まれ、最近注目を集めているさば缶。実は1缶あたりのタンパク質含有量が30g近い高タンパク食品でもあります。

ただ、一時は売り切れも目立つほどの人気で、スーパーなどでもあまり値下げされなくなってしまい、今は安くても1缶100円程度です。

しかし業務スーパーの鯖の水煮缶はいつでも85円という地域最安値。原産国はタイとなっていますが、加工国がタイの自社工場というだけで、使われているさばは国産のものです。

他店のものとも食べ比べてみましたが、味の違いを感じないどころか、この商品の方がぎっちり入っていてさばの内容量が多い気すらします。

カレーに入れる人がふえてます

わが家ではこのさば水煮缶でスパイスカレーを作ることが多いです。

玉葱を炒め、さば缶とトマト缶(業スで70円)をいれてほぐしたら、ルーを使わずともとろみが出ます。

グルテンフリーで高タンパクの体に優しいカレーです。

さばはすでに火が通っている状態なので、加熱時間が短く済み、20分あればできます。

手軽にタンパク質をたっぷりとれる上、1食100円程度とお安い時短ランチです。

スモークチキンスライス 1㎏ 940円

ダイエットと言えばチキンだよね
≪画像元:株式会社神戸物産

高タンパク食材、と聞くとコンビニで売られている「サラダチキン」を思い浮かべる人も多いです。

業務スーパーではコンビニのサラダチキンとほぼ同じ味の「スモークチキンスライス」が1㎏940円という大容量低価格で売られています。

業務スーパーの商品もコンビニのサラダチキン同様、皮を取り除いた鶏むね肉で作られており、栄養価もほとんど変わりません。

100gあたり20g以上のタンパク質が含まれており、十分高タンパク食品と言える水準です。

値段を100gあたりに換算すると94円、コンビニのサラダチキンは110gで213円なので、半額近い安さです。

鶏むね肉と考えると高い気もしますが、このようにしっとりした状態に仕上げるのはなかなかの手間ですし、この商品に使われているような皮や余分な脂肪が取り除かれた鶏むね肉は100gで100円前後することも珍しくないので、コスパは高いです。

スライスにされていることで、ちょっと小腹が空いたときそのまま食べるのはもちろん、サラダや麺類のトッピングにしたり、サンドイッチの具にしたりと大活躍です。

ロースハムに比べると100gあたりのカロリーが50kcalほど低く、タンパク質含有量も3gほど多いのでハムをこの商品に置き換えるだけでもダイエットになるかもしれません。

うずらの卵水煮缶 50~55個入り 419円

ウズラの卵ってなんかかわいいのよね

絶対に普通のスーパーには売っていない巨大な缶詰、「うすらの卵水煮」は、開けてみるとうずらのゆで卵が50~55個ぎっしり入っています。

うずらの卵は普通の卵よりもタンパク質が多く、100gあたり13g含まれており、まずまずの高タンパク食品と言えます。

また、女性に嬉しい鉄分や葉酸、脂肪の燃焼を助けるビタミンB群が豊富に含まれている健康食材です。

大体10個100円前後で売られているうずらの卵ですが、小さな卵の殻をむいてゆで卵にするのはなかなかの手間です。

それが、10個あたり80円程度の安さで、すでに食べられる状態になっているのですからこんなにありがたいことはありません。

中の水を切り、希釈しためんつゆに漬け込めば1時間程度で味玉のできあがりです。

味をつけて冷蔵庫に入れておけば、1週間ほどはもつのでおやつやおつまみとして重宝します。

煮物に入れたり、カレーのトッピングなどにしてもOK。ボリュームアップと同時にタンパク質もたっぷりとれて一石二鳥です。

50個というと構えてしまいますが、ちょこちょこつまんでいるうちに意外とすんなりなくなってしまうので持て余す心配ありません。

健康に良いものだからこそ、お手頃な価格で手間なく続けたいです。

お買い得な業務スーパーの加工済み高タンパク食品で、節約をしつつ健康的な食生活を始めてみてください。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)