ポイント還元率が高く、公式で二重取りができることもうたっているのがdポイントです。

普段の買い物や、ドコモユーザーなら毎月の端末代の支払いに充てている人もいるでしょう。

そんな中で気になるのが「期間限定ポイント」です。

そもそもどんなものなのかを含め、dポイントの期間限定ポイントの上手な使い方を解説します。

dポイントの 「期間限定ポイント」 上手な使い方

dポイントの期間限定ポイントとは

dポイントには2つの種類があります。

ひとつは通常の買い物などで貯まるもの、もうひとつはキャンペーンなどでもらえる期間限定ポイントです。

期間限定ポイントは、一気にたくさんのポイントが入ってくる一方で、使える期間や用途が決められているという縛りがあります。

そのため、ほったらかしにしておくと失効していた、なんてこともしばしばあります。

使い切るのが難しいと感じている人もいるでしょうが、賢く使えば日頃の生活のプラスになること間違いなしです。

dポイントの期間限定ポイントの上手な使い方

では、dポイントの期間限定ポイントを賢く上手に使う方法を3つ紹介しましょう。

ちなみに、期間限定ポイントを含めたdポイントは、有効期限の近いものから順に使われるので、特別な手続きは必要ありません。

それを踏まえたうえで、3つの方法を紹介しましょう。

(1) 普段の使い方で消費する

ひとつ目は、普段の買い物で期間限定ポイントを使う方法です。

dポイントの要件にもよりますが、携帯料金やデータ量の追加ができないことが多い反面、それ以外の縛りはほぼありません。

普段の買い物で生活費の足しにしたり、大きな買い物の費用に充てたりしてもいいでしょう。

ちょっとだけ余ってしまっても、コンビニなどで小さな買い物をすればOKです。

オーソドックスな方法にして、王道のやり方と言えるでしょう。

また、ドコモで機種変更する場合は、端末代金に充当もできます。

(2) ギフトカードに交換する

ふたつ目は、App Store & iTunesギフトカードやGoogle Playギフトコードに交換してしまう方法です。

少額なら500円から、最高額で5万円まで交換可能で、期間限定ポイントも使えます。

有効期限が伸びたりなくなったりするので、期間内に使い切れないと判断した場合は交換してもいいでしょう。

スマホで音楽を楽しんだり、有料アプリを購入したりしたい人におすすめの方法です。

また、プレゼントしても喜ばれるものなので、自分が使わなくても周りによく使う人がいる場合はあげてもいいでしょう。

(3) iDキャッシュバックをする

iD決済
≪画像元:iD

最後は、iDキャッシュバックでiDの利用代金に充てる方法です。

iDとはドコモが提供している電子マネーサービスで、通常はプリペイド形式で入金をする必要があります。

dポイントの期間限定ポイントはこれに充当することができるため、普段からiDをよく使う人にはおすすめの方法です。

ドコモユーザー以外でも、dポイントカードを持っていれば使えますが、iDには有効期限があるのでその点だけ注意が必要です。

ポイントの失効期限よりは長くなりますが、最大で6か月以内に使い切らないと失効してしまうので、少しだけ注意しておきましょう。

上手に使おう

dポイントの期間限定ポイントの上手な使い方を3つ紹介しました。

用途に一定の縛りはあるものの、ほかのポイントの期間限定ポイントよりも融通が利くのが最大のメリットと言えるでしょう。

ただ、使い切らないとそんなのは変わりありません。

期間限定ポイントを付与された時点で、どのように使うかをよく検討しておきましょう。(執筆者:中田 すぐる)