情報販売は、ノウハウや人の役に立つ情報をコンテンツとして販売する形式です。

とはいえどういう稼ぎ方をするのか、詳細はわかりづらい面もあります。

・ 情報販売で稼ぐ方法を知りたい

・ 収入例や副業として始めるならどうすればいいか教えて欲しい

情報販売を副業として始めたいと興味を持った際、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「情報販売を副業として始める際の稼ぎ方や注意点・収入例について」をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

「情報販売」で 副収入を得る方法

情報販売は副業とも相性抜群

情報販売を副業として始める場合、以下の点から初心者でもリスクなく始められます

・ 仕入れがかからない(仕入れても一回で済む)

・ ネットを活用すれば24時間自身の代わりに販売し続けてくれる

・ ジャンルが幅広く自分の体験を売りにしやすい

とくに仕入れ値がかからない点は、初心者にとって十分うれしいポイントです。

それぞれ詳しく解説していきます。

情報販売は仕入れがかからない

情報販売で1番手っ取り早いのは、自身の経験や情報をコンテンツ化することです。

例えば仕事で一定の成果を出した人はその過程を書き出し、具体的にどんな方法で成果を出したのかまとめます

「自分の経験が役立つのか?」と思われがちでも、悩んでいる方にとって役立つ情報であることは間違いありません。

仕事じゃなくても恋愛やギャンブル、趣味と多くの悩みに向き合った経験が誰かの役に立ちます。

仕入れをする場合でも1回で済む

例えば恋愛や仕事で悩み、向き合い方や成果の出し方を何らかの形で購入したとします。

その得られた情報を実践して、新たなコンテンツとして販売することが可能です。(人によっては販売されている情報をリライトし、同じような内容でそのまま販売してしまう方がいます)

リライト販売は販売者から訴えられてしまう可能性もあるし、何より独自性がなく説得力に欠ける部分も多いです。

そのためできるなら仕入れた情報を実践してみて、自分なりの解釈と実体験をコンテンツ化したほうが良いでしょう。

情報販売の始めかた

ネットを活用すると24時間販売し続けてくれる

一般的な営業時間が定められている店舗販売と違い、インターネットを活用した販売は24時間営業を自分の代わりにし続けてくれます

販売チャンスを作るには、とにかく長く人の目に留まるよう工夫しなくてはなりません

インターネットであればサーバーが落ちない限り、販売チャンスが常にあって決済のやり取りをしてくれます。

自分が寝ているときでも、仕事をしているときでも販売してくれるのは非常に効率的です。

ジャンルが幅広くどんなものでもコンテンツになる

情報は多くの人にとって役立つものです。

仕事でも営業から特定の職業、または会社でのあり方やストレス解消法、プライベートなら趣味や恋愛と、さまざまなジャンルが対象となります。

そして自分の体験を言葉にするのは、意外と誰しもがやることではありません

もし悩んでいる方がいて少しでもアドバイスをした経験があるなら、誰でも自分の体験をコンテンツ化できる可能性があります。

情報販売の始め方

まずは自分がどんなコンテンツを販売するのか決めましょう

もちろん人様に伝えられるものじゃないと自分が思っていても、他者目線で全く違う評価となることも多いです。

どんな発信をするのか決めたら、次に荒削りでもいいから記事としてまとめましょう

もしうまくまとめられない方がいても、問題ありません。

人によってはクラウドソーシングサービスを利用し、誰かにまとめてもらう方法を取る方もいらっしゃいます。

コンテンツができ上がったら、次に下記の方法で商品を展開していく流れです。

・ 情報販売に特化したASPを使う

・ ブログやnoteを利用する

・ Kindleにて書籍を出す

情報販売に特化したASPは、例えばinfotopやinfocartがあります。

またブログやnoteを利用し、コンテンツ単体に広告収入を付けたりASPへ誘導したりすることも可能です。

最近ではKindleの自費出版が増えており、読まれるだけで収入につながる稼ぎ方もあります。

いずれも自分にとってやりやすいものを併用し、露出を増やすことが大切です。

露出を増やすことが大切

具体的な収入例について知りたい

情報販売で稼ぐには、とにかく良質なコンテンツを作って露出を増やしていくことが大切です。

場合によってはSNSを活用し、拡散サービスもフル活用していく必要があります

そのため副業として取り組むのであれば、まず月1万円を目指しましょう。

そこから徐々にステップアップし、3万円~5万円と段階を踏むのがおすすめです。

私は当時ブログで自身のノウハウを販売し、半年で月収1万円を達成しました。

そこからさらに半年で5万円を達成できたので、副業でも十分取り組みやすいです。

現在ではコアアップデートにより月収1万円となったため、多くのサービスを併用してリスクを分散したほうが良いでしょう。

情報販売で稼ぐ際の注意点

情報販売は非常にまねされやすく、場合によってはコンテンツそのものを転売される恐れがあります

そのため独自性を付与するのが非常に重要です。

どんなにコンテンツを素晴らしくまねても、最終的にはその人独自の言葉や言い回しがなければ信頼性が低下します。

例えば販売者の人柄で購入を決定したり、満足度につながったりすることも多いです。

そのためコンテンツを仕入れる際も、できるだけ自分の悩みに近いものを選んでください。

そして実際に体験し、自分ならではの改善点や視点を盛り込んで販売するのがベストです。

独自性が盛り込まれたノウハウはそうかんたんにまねできず、関連するノウハウがあればリピーターにもつながります。

まねしやすいからこそ、手間暇かけて作ったほうがより多くの人に支持されるのです。

情報販売は副業とも相性抜群 独自性がポイント

何より日々勉強をする人は、仕入れた情報を元に実践して新たなノウハウを作り続けることが可能です。

本人もインプットとアウトプットが同時に行えるため、より実りある時間を過ごせるでしょう。

収入としては、一般的なサラリーマンであれば勤務終了後や休日を利用して月収5万円は可能です。

ぜひ自分に合ったやり方で実践してください。(執筆者:奥泉 望)