今年も「土用丑の日」が近づいてきました。

飲食店でも「うなぎ」の販売が始まっています。

しかし、うなぎは値段が張ります。

スーパーのうなぎも家計に優しいとは言えません。

そこでおすすめなのが、スーパーの半額で買える、業スの冷凍うなぎです。

今回は、業スのとても安い冷凍うなぎの味やコスパをご紹介します。

業務スーパー「有頭 うなぎ蒲焼」1,166円(税込)

有頭 うなぎ蒲焼

業務スーパーでは、頭が付いたままのうなぎの蒲焼を冷凍品として販売しています。

見た目もなかなかの迫力で、サイズもかなり大きいです。

サイズもかなり大きい

実際に計ってみたところ、約30cmもありました。

業スの冷凍うなぎは「中国産」

中国産です

原産国は中国、国内産ではありません。

ただ、スーパーで買える比較的お手頃なうなぎも、ほぼ中国産です。

先日、筆者がスーパーで見た中国産のうなぎは、1匹1,500円~2,000円程度でした。

1,000円で買える安いうなぎもありますが、業務スーパーの「有頭 うなぎ蒲焼」より小さめです。

業スの冷凍うなぎは、1つで2人分は裕にあります

冷凍品ということをふまえても、スーパーで買うより断然高コスパです。

調理は「湯せん」または「レンチン」するだけ

調理は簡単です

すでに調理済なので、食べるときは湯せん調理または、電子レンジで温めるだけです。

電子レンジを使う場合は、うなぎを自然解凍させてからお皿に移して加熱します。

今回は、酒をふりかけてから、フライパンで香ばしく焼き目をつけてみました。

作り方に記載のない調理法ですが、うなぎがよりおいしく焼きあがるおすすめの方法です。

酒をふりかけることで、臭みがぬけ、ふっくらします。

また、魚焼きグリルで調理すると、皮がサクッと焼き上がり、香ばしい焦げ目もつきます。

ふっくら柔らかく十分おいしいうなぎ

ふっくら柔らかです

今回は、1尾の半分(2切れ)をごはんに乗せて、「うな丼」にしていただきました。

半量で作ったので、1人前たったの500円です。

冷凍品ということを感じさせない、ふっくらとした食感です。

脂は多くも少なくもなく、口の中でとろけます。

中国産のうなぎで気になる小骨ですが、それほど多いとも感じません。

お店のうなぎのような味ではありませんが、スーパーのうなぎには劣らないクオリティです。

普段スーパーでうなぎを買っている方であれば、食べ慣れた味です。

タレは少なめなので、タレ多めが好きな方は手作りするか、市販のタレを用意しましょう

お得な業スのうなぎ蒲焼でスタミナをつけよう

土用の丑の日がある7月は、うなぎの販売価格が上がります。

業務スーパーの冷凍うなぎは、年中同じ価格で購入できるので、今の時期はよりお得です。

ただし、土用の丑の日が近づくと品薄・品切れになる店舗もあります。

業務スーパーの冷凍うなぎは長期保存可能なので、早めの購入がおすすめです。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)