「ポイ活は手間がかかる」「頭を使わないとポイントは稼げない」中にはこのように思ってポイ活をしていない人もいるはずです。

たしかに中には少し手間がかかったり、頭で計算をして買い物をしないといけなかったりするポイ活あります。

しかし、実店舗での買い物の支払い方法を「ある方法」に変更するだけでポイ活はできます。

今回はその方法と、どれくらいお得になるのかをご紹介します。

現金からコレに変えるだけでポイ活できる

実店舗での買い物の支払いを現金から変えることでポイ活につながる支払いは、いろいろな方法があります。

今回は利用しやすく筆者おすすめの方法をピックアップしてみました。

1. クレジットカードへ変更

クレジットカードさえあればすぐに取り組めるのが、現金払いからクレジットカード払いに切り替える方法です。

どんなポイントがどれくらい貯まるかはクレジットカードの種類によって異なりますが、手元にあれば支払い時にクレジットカードを使うだけでポイ活できるので、筆者的には最もおすすめな方法です。

たとえば、

・ 楽天カード → 還元率1% 10,000円の買い物で100ポイント獲得

・ Pontaプレミアムプラス → 還元率1%(場合によって+α) 10,000円の買い物で100ポイント獲得

・ Tカード Prime → 還元率1% 10,000円の買い物で100ポイント獲得

このように、1万円分の買い物で100ポイントもらえるクレジットカードが多く、ほとんどが1ポイント1円として買い物などに使用できます

1か月に5万円利用すれば500ポイントもらえますから、ポイ活初心者にとっては大きい獲得数ではないでしょうか。

2. d払い

d払いにしてポイントもためていこう
≪画像元:NTT DOCOMO, INC

dアカウントとd払いアプリがあれば利用できる「d払い」は、レジでバーコードを読み取ってもらうなどの方法で支払いを行います。もらえるポイントはdポイントです。

d払いを使った買い物の還元率は0.5%、1万円で50ポイントとやや少なめですが、d払いの支払い方法をクレジットカードに設定しておけば、クレジットカードのポイントも貯まります。

dアカウントの取得とd払いアプリのダンロードはいずれも無料です。

もちろんクレジットカードだけでなく銀行口座やセブン銀行ATMなどから現金チャージも可能なので、クレジットカードを持ってない人でも利用できます

3. LINE Pay

LINEpayは使いやすくていいのよね
≪画像元:LINE Pay株式会社

利用している人の数が多いLINEが提供する電子決済サービス「LINE Pay」は、還元率が0.5%で、LINEアプリがあれば利用できる決済方法です。

LINE Payカードがあればより便利ですが、なくても銀行口座やATMから現金チャージが可能なので、LINEアプリさえあれば利用できます。

還元率が0.5%だと1万円で50ポイントと少ないのですが、還元されたポイントは自動でLINE Pay残高にチャージされるので、ポイント移行するなどの手間がなくポイ活初心者におすすめです。

現金以外の支払い方法でポイ活するときの注意点

現金以外の支払い方法でポイ活をする際に、クレジットカードで支払ったりクレジットカードから電子マネー残高をチャージするときは、使いすぎに注意してください。

クレジットカードを利用すると、手元の現金が減らないのでいくら使ったかの把握ができず、つい使いすぎてしまいやすいです。

使った分だけポイントはたくさん還元されますが、無駄遣いをしてしまっては、あまりお得ではなくなってしまいます。

ポイントを貯めることだけに注目して、「クレジットカードの支払額が大変なことに…」という失敗は防いでください。

手軽にできるポイ活から始めてみる

ポイ活はいきなりハードルの高い方法から始めてしまうと、途中で面倒になってやめてしまう可能性があります。

まずは今回ご紹介した簡単な方法から始めてみれば、100ポイント、200ポイントと順調にポイントを貯められるはずです。

実店舗での買い物を現金で済ませている人は、今すぐにでもポイ活を始めてお得を享受してください。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)