SBI証券でTポイントを使って投資信託や株式の買い付けなどが可能になり、手元の資産を増やすことができます。

普段の買い物で貯まったポイントで本格的な投資ができ、汎用性の高いTポイントを増やすことで普段の買い物をお得にできる可能性が上がります。

実質0円でポイント投資が可能なことにも注目です。

Tポイントで投資

SBI証券のTポイントサービスはポイントを増やす投資

SBI証券のTポイントサービスでは、元手となるTポイントを最低100円=100ポイントから投資できます。

使えるポイントは普段の買い物で貯めた通常ポイントで、買い付ける銘柄によっては1ポイント単位でも使えます。

実際の投資信託の変動に合わせてポイントは増減し、任意のタイミングで引き出すこともできるのです。

投資と聞くとチャートをこまめにチェックして、売り買いを判断する難しいイメージがついている人もいるでしょう。

しかし、SBI証券のTポイントサービスは投資信託という形なので、自分のTポイントを信託会社に預けて運用してもらうだけです。

自分でやることは何を買うか、いつ売るかを判断するだけです。

初心者にも始めやすいため、投資の中でも入門編と言えるでしょう。

SBIとTポイント
≪画像元:SBI証券

SBI証券のTポイントサービスを始める手順

SBI証券のTポイントサービスを開始するには、以下の流れで申し込みをする必要があります。

1. 公式サイトで投資信託用の口座を開設する

2. SBI証券Tポイントサービスに申し込む

3. ログインをしてTカード番号を登録

4. Tポイントを使って投資信託の買い付けを始める

投資信託の口座は申し込みから1~2日で開設できます

口座開設のためには本人確認書類を提出が必要なので忘れずに準備しておきましょう。

手続きはすべてWeb上で完結します。

Tポイントカードの情報は口座開設中でもタグ付けできるので、待っているあいだに済ませてしまいましょう。

銘柄の選び方ですが、初心者向けに用意された「おすすめ銘柄一覧」や「人気銘柄ランキング」を参考に選ぶといいでしょう。

慣れてきたら「パワーサーチ」で自分が気になる銘柄に投資してみるのもありです。

なお、1回の注文で9,999万9,999ポイントが上限になっていますが、実質無制限で買い付けできると考えていいでしょう。

SBI証券Tポイントサービスとよく似たSBIネオモバイル証券のサービスとは

Tポイントを使って投資信託ができるサービスに、SBIネオモバイル証券もあります。

どちらもSBI証券のグループですが、手数料とTポイントの扱い方が違います

【SBI証券】

手数料は取引ごと

Tポイントの扱いは利用も運用も可能

【SBIネオモバイル証券】

手数料は月々定額

Tポイントの扱い 利用のみ可能

Tポイントを増やしたい場合はSBI証券を利用するといいでしょう。

SBIネオモバイル証券はTポイントを使って投資はできますが、Tポイントを増やすことができません。

一方で、手数料を気にするのであればSBIネオモバイル証券に軍配が上がります。

1回支払えばそのあとは取引し放題です。

どちらを利用するかは「ポイントを増やしたい」のか「現金を増やしたい」のかで判断するといいでしょう。

ポイ活初心者にもやさしいプラン

Tポイントを投資して増やすことができるSBI証券のTポイントサービスを紹介しました。

普段の買い物で貯めたポイントをさらに増やすことができ、ほかのサービスと組み合わせれば増やしたTポイントを現金のように使うこともできます

現金として受け取れないのはデメリットかもしれませんが、ポイ活初心者にもやさしいプランなので一度検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:中田 すぐる)