夏のスタミナ食といえば、やっぱり「うなぎ」ですよね。

2021年の土用の丑の日は7月28日ですが、それに向けて各社がうなぎメニューを販売しますので、紹介しましょう。

【大戸屋】国産うな重を2,000円未満で堪能

ウナギを食べて暑い夏を乗り切る
≪画像元:大戸屋

まず紹介するのは、7月21日より販売している大戸屋のうなぎです。

・ うなとろ丼定食(1,480円)

・ うなぎの柳川土鍋定食(1,280円)

・ うなぎと夏野菜のちらし重定食(1,280円)

結局は国産うなぎがおいしいのよ
≪画像元:大戸屋

やはり、最大の注目は「宮崎県産うなぎ」のうな重でしょう。

ただのうな重ではなく、チェーン店では珍しい、宮崎県産のふっくらと肉厚なうなぎを使った国産うな重です。

味噌汁・漬物・山椒付きで1,980円ですが、国産うな重を普通に食べようと思ったら、2,000円では足りません。

先着1万食限定ですが、うな重のみ販売開始が7月28日と遅いので、フライングに注意しましょう。

また、うな重単品での販売もありませんので、セットでご褒美として堪能してください。

【藍屋】国産うなぎテイクアウトで次回以降使える5%引き券がもらえる

ウナギと言えば浜名湖もいいわよね

藍屋では、8月中旬(予定)までの期間限定で、浜名湖産うな重を2,980円で販売しています。

「白焼き → 蒸し → 焼き」という、江戸前風製法の3段工程で、美味しさにこだわっています。

さらに、浜名湖産うな重か蒲焼をテイクアウトで買うと、1会計につき1枚、次回以降に利用できる(イートイン・テイクアウトの両方とも)5%引き券がもらえ、お得です。

【やよい軒】テイクアウト限定でうな重100円引き

やよい軒のうなぎもおいしそうだわ
≪画像元:株式会社プレナス

7月27日16時~8月2日14時の期間中、やよい軒ではテイクアウト限定ながら、

・うな重(2切れ):890円 → 790円

・うな重(3切れ):1,290円 → 1,190円

・うな重(4切れ):1,490円 → 1,390円

と、「うな重」3商品を100円引きで販売します。

やよい軒のうなぎは、一度白焼きしてから蒸し、特製のたれをつけて繰り返し焼いた蒲焼です。

ふっくらとおいしそうですね。

【松屋】ライス大盛無料&松弁ネットで20%還元

ライスが大盛ってうれしいのよ
≪画像元:松屋フーズ

7月20日より、松屋ではうな丼を販売しています。

すし松監修の肉厚うなぎに、松屋特製たれをかけた一品です。

第1弾として、

・ うな丼(みそ汁付、850円)
・ うなぎコンボ牛めし(みそ汁付、990円)
・ うなぎ単品(680円)

が販売されます。

≪画像元:松屋フーズ

7月27日より販売される第2弾は

・ うなだし丼(みそ汁付、950円)
・ うなぎ三色丼(みそ汁付、1,000円)

などがあります。

いずれもライス大盛無料ですので、がっつり堪能してください。

ウナギ食べたら元気になるのかな
≪画像元:松屋フーズ

8月31日までの期間中、テイクアウト専用サイト「松弁ネット」より持ち帰りの注文をすると、20%分の松弁ポイントが還元されます。

貯まったポイントは、松弁ネット・松弁デリバリー・モバイルオーダー注文時に、1ポイント=1円で利用できます。

ただし、テイクアウトにはみそ汁が付かないので、希望の方は別途料金を支払ってください。

【スシロー】「うなぎ祭」で様々なうなぎ料理を

スシローでもうなぎがあるのよ
≪画像元:あきんどスシロー

8月1日までの期間中、「夏の三大ネタ祭」を開催中のスシロー、三大ネタの一つがうなぎです。

「夏だ!スタミナうなぎ盛り(鰻の蒲焼き・うなとろ包み・肝串2本)」は528円で、一尾からひとつしかとれない肝串は、酒のつまみに良いのではないでしょうか。

三重の郷土料理「うざく」を包んだ「うざく包み」(110円)や、「すし屋のうな牛」(330円)など、バリエーション豊富です。

【ファミリーマート】ワンハンドで食べられる「ごちむすび炭火焼うなぎ」

コンビニでうなぎにもおどろくしワンハンドってなにって思うわ
≪画像元:ファミリーマート

7月28日までの期間中、ファミリーマートでは「ごちむすび」シリーズから「炭火焼うなぎ」が登場です(北海道を除く)。

甘みを効かせた特製たれで四度焼き、じっくり味が染み込んだうなぎを、ご専用の高級米でむすびました。

のりで巻いており、忙しいときやリモートワーク中でも、うなぎを食べられます。

山椒の風味も楽しめ、価格も240円と、うなぎを楽しむにはあまりにお得です。

お得にうなぎを食べて暑い夏を乗り切ろう

7月28日の土用の丑の日に向けて、各社がお得なうなぎメニューを販売しています。

メニュー自体がお得なのもそうですが、注文方法などによってもお得になれます。

暑い夏が続きますが、7月28日だけといわず、お得なうなぎを食べて乗り切りましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)