「SNSで稼ぐ」ということが最近では非常に話題となっており、多くの方がインフルエンサーを目指しています。

しかし、すべての人がインフルエンサーとして稼いでいるわけではありません。中には知名度が低くても稼ぎ続ける方がいます。

「インフルエンサー以外が実践しているSNSの稼ぎ方を知りたい」

「副業としてSNS副収入を得られる手順を教えて欲しい」

SNSでの副業を考えた際には、このような疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの記事では、インフルエンサーのような知名度がなくてもSNSで稼ぐ方法についてまとめました。

【副業】 知名度がなくても 「SNSで稼ぐ方法」と「収入例」

インフルエンサー以外の稼ぎ方はどれだけ親身になれるかが鍵

基本的にインフルエンサーはその知名度を利用し、多くの方に広告を届けてクリックしてもらいます。

つまり、広告塔として機能するため、知名度がない人はなかなか稼ぎに直結しづらいのです。

しかし、SNS副業をしている筆者の友人は、月に10~20万円ほどを副収入として得ています(主に使用しているのはTwitter)。

SNSで知名度がなくても稼ぐ方法

知名度がなくとも、悩みを抱えている人に解決策を提示し、信用してもらえれば商品を購入してもらえます。

具体的に友人が実践している方法は、次のとおりです。

・ 自分のコンテンツを作り、販売する

・ 拡散グループ手段を利用して多くの人へ届ける

・ 相談が来たら誰よりも丁寧に話を聞く

・ コンサルティングもセットで悩みを解決する

知名度がなくても自分の中で誰かに教えられる経験があれば、その内容をコンテンツにできるのです。

そのうえで多くの方に届ける役割を知名度頼みではなく、拡散する手段を利用して見込み客へとアプローチするという流れです。

こうすれば一定のフォロワー数を持つインフルエンサーではなくても、ある程度のコンテンツを多くの人に届けられます。

なぜ信用してもらえるのか

基本的にインフルエンサーは発信者に魅力を感じさせ、「この人が紹介するものだからいいものだ!」と思わせるところに信用があります。

しかし、知名度がない方だと「よく分からない奴が少し気になる商品を販売している…」という状態です。

そこで、「悩む方は相談してください」といった文言や、DMを開放していつでも相談できる体制を作るのです。この相談の手順が非常に重要です。

友人が実際にお客さまから聞いた購入のキッカケも紹介します。

「インフルエンサーとは違って非常に距離が近く、信用できると思った」

「親身に相談に乗ってくれて、悩みを解決できると実感できた」

いずれもインフルエンサーやほかの発信者にはない「距離の近さ」を作り、信頼へとつなげているのがわかります。

知名度がないからこそインフルエンサーとは違うやり方で信頼を作り、濃いやり取りから価値へとつなげているのです。

気になる収入例

気になる収入例

この方法は少し手間がかかるものの、平均して3~4人のフォローが行えるよう人数を調整しています。

1人あたり3~5万円でフォローを行っているため、毎月10~20万円の金額を得られているようです(内容はブログ収益、SNS副業の完全フォローシステムです)。

定期的に内容を入れ替え、期間を決めて募集しています。

Phase 1.
コンテンツを用意し、販売開始

Phase 2.
売れたら期間限定でフォロー開始

Phase 3.
フォロー期間中に次のコンテンツを拡散し、販売

Phase 4.
最初のフォロー期間が切れる直前に次のフォローがスタート

上記のサイクルを繰り返し、常に一定の金額を得続けています。

この稼ぎ方に関する注意点

この稼ぎ方は、非常に手間がかかります。だからこそ単価が高く、顧客の望むような結果にならなくてもクレームにつながりにくいのです。

そのため、より多く稼ごうと思って顧客数を増やすと、いともかんたんに自分のキャパを超えてしまうことでしょう。

できる限り質を高めて、少ない人数に濃いアプローチを仕掛けられるよう注意する必要があります。

また、自分の実績とターゲットをしっかりと設定しないと、思うように販売できない可能性が高いです。

事前に入念な調査も必要になるため、初心者向けとは言えないものだと感じています。

インフルエンサーとの差はテクニックで埋められる

インフルエンサーはすでに知名度があり、何もしなくても信用と顧客を多く抱えている状態です。

一方で、知名度のない方は、さまざまな工夫でこの差を埋める必要があります。

この差はテクニックで埋められるので、あとは親身になって1人の人を助けてあげるという感覚を持つと良いことでしょう。

率直に言うと「この方法でずっと稼いでいけるのかな?」と思っていましたが、筆者の友人はもうこの方法で何年も稼ぎ続けています。

コンテンツの中身も随時アップグレードしているようなので、少し手間を許容できる方でなければ難しいかもしれません。(執筆者:奥泉 望)