ドコモ経済圏に参加をしていますか。

ドコモユーザーでなくても利用できるサービス群です。

ドコモユーザーなら「dカードGOLD」をお持ちの方も多いでしょう。

このクレジットカード、よく考えて維持しないと損する可能性が大です。

特に話題の料金プラン「ahamo」に替えた人については、見直し必須です。

ahamoユーザーなら、dカードGOLDをやめたほうがいい理由を見ていきます。

dカードGOLDは 本当にお得か検証

dカードGOLDの年会費はペイできる?

dカードGOLDの年会費は1万1,000円します。

ゴールドカードですが、高い年会費に見合うほど高機能ではありません

持つメリットは、あくまでも高いポイント還元にあります。

ですが実際のところ、年会費が取り返せる程度のポイント、ついているでしょうか

dカードGOLDのポイント還元

複雑なdカードGOLDでのdポイント付与を、できるだけ簡単にご説明します。

「カード利用額」のポイント還元(1.0%)とは別に、「ドコモの契約内容」に基づくポイント付与が特徴であり、また複雑さの原因です。

ahamoの登場により、さらに複雑化しています。

基本(ドコモ従来型プラン)のポイント還元

・ ドコモ携帯電話料金と「ドコモ光」料金の10%がポイント還元(ただし割引適用後の料金について)

・ 家族カード会員にも、携帯利用額に対して10%ポイント還元

これが、ドコモユーザーがdカードGOLDを持っている際の、基本の還元ルールです。

次の両方を満たすなら、dカードGOLD年会費1万1,000円を、1年間のポイント還元が上回る可能性があります。

・ ドコモ光を契約する

・ 家族カードを3枚以上発行する(年会費無料)

ドコモ光がない状態だと、なかなか年会費を取り返すまでのポイントは付きません

割引適用後の携帯電話料金に付く10%のポイントは、それほど大きくないためです。

私もdカードGOLDユーザーでした(ドコモ光はなく、家族カードが1枚)が、2020年に過去1年分のdポイント(家族合計)を集計したところ、5,000強しかついていませんでした。

損してしまうので、年会費請求の月の直前に、年会費無料のdカードにダウングレードしています。

ahamoユーザーのポイント還元は異なる

従来のドコモ契約でも、dカードGOLDの年会費をペイするのは、なかなか困難です。

ドコモのプランをahamoに替えると、さらに次の通りルールが変わり、ポイントが貯まりづらくなります。

・ ドコモ携帯料金に伴うポイント還元がない(ドコモ光料金に伴う還元は変わらない)

・ そのかわり、dカードGOLD「利用額」の10%ポイント還元(ただし上限300ポイント)

・ ドコモ利用料金をdカードGOLDで引き落とすと、ahamoの通信を毎月5GB多く利用できる(2021年9月より)

最後のものは20GBが月の定量であるahamoでの、純然たるメリットです。

ただしdカードGOLDでドコモ料金を支払うと、ahamoかどうかにかかわらず、カード利用額についてdポイントが付かないのは難点です。

さて通常のドコモのプランにはない、dカードGOLD利用額に伴う還元ルールが新たにできました。

従来のルールと一見似ていますが、ahamoの場合、次の結果となります。

・ 家族カードを多く発行していても無意味(カード合計利用額のみが関係)

ahamoユーザーとしてのポイント還元は年間3,600(円相当)が上限のため、年会費を取り返せることはない

もちろんカードのスペックが優れているのであれば、「ゴールドカード年会費の割引を受けられる」と考えられますが、果たしてどうでしょうか。

dカードGOLDの価値を次に見てみます。

dカードGOLDのスペック

dカードゴールド
≪画像元:dカードGOLD

dカードGOLDの「海外旅行傷害保険」や「ゴールド独自のポイント還元」を確認します。

この部分の価値が乏しいのなら、年会費無料のdカードのほうが優れているといえます。

海外旅行傷害保険

dカードGOLDの海外旅行傷害保険は、重要な補償を抜粋すると次の通りです。

・ 自動付帯

・ 家族カード会員同一内容

・ 傷害・疾病治療費用300万円(家族特約50万円)

・ 賠償責任5,000万円

・ 救援車費用500万円

・ 航空便遅延費用最大3万円

ゴールドとしてはいい内容で、夫婦だけ(本カードと家族カード)で海外に行くなら、おおむね安心できるレベルです。

ただ本カード会員の家族に適用される「家族特約」での治療費用が50万円と低いのが難点です。

医療制度の異なる海外へ行くには、家族カードを持てない高校生以下の子供の保険が不安です。

なお「29歳以下」の会員なら、スタンダードのdカードにも、海外旅行傷害保険が付きます

内容は次の通りです。

・ 利用付帯(旅行代金の事前カード決済が必要)

・ 家族特約なし

・ 傷害・疾病治療費用200万円

・ 賠償責任2,000万円

・ 救援車費用200万円

年会費無料のカードにしては優れた内容です。

29歳以下の人にとっては、dカードにダウングレードする理由がひとつ生じます。

dカードGOLD独自の還元

使い方次第では、dカードGOLDで年会費を取り返せないわけではありません。

たとえahamoユーザーでもです。

これが、年間カード利用額によるボーナスポイントです。

次の通りです。

・ 100万円以上 → 1万1,000円相当

・ 200万円以上 → 2万2,000円相当

特典はクーポンでもらえます。

「dショッピング」や「メルカリ」で使えるクーポンが選べるため、使いみちには困りません。

ただし、冷静に考えましょう。

このボーナスはクレジットカードとしてのもので、ドコモユーザーに対する付与ではありません。

年間100万円使うなら、もっと高機能(または低価格)のゴールドカードが多数あります

ahamoユーザーにdカードGOLDは不要

見てきましたとおり、ahamoユーザーにdカードGOLDは不要と判断します。

持てば持つだけ損をします。

次の年会費を支払うまでに、年会費無料のdカードにダウングレードしましょう。(執筆者:沼島 まさし)