筆者はコストコをよく利用していますが、気になっていた「エグゼクティブ会員」について店員から説明を受け、調べた後申し込みをしました。

調べて分かったメリットや注意点、併用しておきたいお得なサービス、最後にはエグゼクティブ会員費は元が取れるか、について説明したいと思います。

エグゼクティブ会員

コストコエグゼクティブ会員の概要

エグゼクティブ会員は年会費が税込9,900円です。

ゴールドスター会員税込4,840円と比べてその差額が5,060円あります。

ゴールドスター会員からエグゼクティブ会員になる場合、差額の円分を支払う事でアップグレードできます

≪画像元:コストコ

筆者もゴールドスター会員からのアップグレードでした。

次年度からは9,900円の年会費がかかることになります。

メリット

エグゼクティブ会員メリットを上げてみます。

(1) コストコの買い物金額の還元率が2.0%

(2) 会員限定、特別割引クーポン

(3) 会員限定、特別サービス

メリット(1) はエグゼクティブリワードといういわばコストコのポイントで、リワードはコストコでの買物に1リワード=1円で利用できます。

(3) の会員限定のサービスではミツウロコでんきを契約すると毎年5,000リワード8年間合計で4万リワードもらえる特典などがあります。

(2) のクーポンについても目的のものがあればお得にお買物ができます。

参照:ミツウロコヴェッセル

注意点

エグゼクティブ会員の注意点についても考えます。

(1) 年会費がゴールドスター会員より5,060円高い

(2) お買い物の還元枠2.0%については年間10万円分まで

(3) 商品やサービスによっては2.0%除外品がある

年会費はゴールドスター会員より5,060円高くなりますので、ある程度コストコを利用するユーザーでなければ元を取るのは難しくなります。

2.0%還元枠は10万円までですが、これはお買い物金額に換算すると500万円分ですので、ほとんどの方が気にする必要はなさそうです。

(3) では消費税など、一部商品は2.0%が適応されないので注意が必要です。

【2.0%非対象品】

2.0%非対象品
≪画像元:コストコ

この中で例外なのがガソリン/軽油/灯油です。

次に述べる「コストコグローバルカード」で支払いをし、かつエグゼクティブ会員であれば、リワード還元率が3.5%になります。

「コストコグローバルカード」はコストコ店舗で申込み・利用ができるクレジットカードです。

楽天カードなどと同様で、買い物金額に応じてキャッシュリワードが還元される仕組みです。

コストコでのお買物では1.5%のキャッシュリワードが還元され、コストコ以外でも、利用金額の1.0%分が還元されます。

リワードについて

リワードにはルールがあり、前年の1月から12月分が2月にまとめてリワード配布され、そのリワードは年内に執行するというものです。

年会費をいくら削減できるか算出

リワードを使ってどれぐらい年会費を削減できるか、ゴールドスター会員、エグゼクティブ会員、グローバルカード有無で比べてみました。

筆者が年間コストコでの買い物、コストコのガスステーションでの給油などの金額をベースに計算しました。

どれぐらい年会費を削減できるか

コストコでの1回の買い物金額は1万2,000円、年10回利用

レギュラーガソリン 単価142円/リットル 1回45リットル給油 年10回利用

(2) および(3) は税込価格で税率10%統一 エグゼクティブリワード2.0%は税抜価格で算出

エグゼクティブの会員費は元がとれるか

コストコとガスステーションを定期利用し、グローバルカードを持っていれば元はとれそうです。

ガスステーションの利用はぜひお勧めします。

ガソリン単価は感覚的に6円程度他のガソリンスタンドより安く、年間450リットル給油を想定すると、450 × 6=2,700円分安くできます。

上記表からエグゼクティブ会員+グローバルカード利用で実質支払い分3,705円からガソリン分を差し引くと、残り約1,000円分です。

エグゼクティブ会員はクーポンなどの特典もあり、コストコの利用でもう元が取れそうですが、さらにグローバルカードをコストコ以外で年間10万円利用すれば完全に元が取れる計算です。

エグゼクティブ会員費が高い、という方はグローバルカードの利用でゴールドスター会員費の元は取れそうです。

みなさんも確認してみてください。(執筆者:永瀬 真人)