「キャッシュレス生活にチャレンジしたいけど、今から始めるとなるとどのサービスがお得か分からなくて踏み出せない」

というあなたに2021年夏、これから始めるのであれば筆者は「楽天ペイ」をおすすめします。

さまざまな場所で使えるほか、Suicaと連携させながら楽天ポイントを貯めることもできます。

この記事では、キャッシュレス初心者におすすめの「楽天ペイ」の魅力について紹介します。

キャッシュレス初心者におすすめの 「楽天ペイ」

楽天ペイアプリとは

スマホ決済が簡単に行えるアプリです。

アプリをインストールしたら、楽天の会員情報を入力してログインし、SMS認証を行うことですぐに利用することができます。

アプリ上に金額をチャージするには、楽天カードからチャージ、または楽天銀行からのチャージのほか、フリマアプリ「ラクマ」の売上金をチャージしたり、「楽天ウォレット」内の暗号資産からチャージを行ったりすることもできます。

チャージした金額は、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店、家電量販店など、さまざまなお店で使うことができます

使う時は、アプリのバーコードをお店の方に読み取ってもらうやり方と(POSレジのある小売店は概ねこの形式)、店頭のQRコードをスキャン後金額を入力して決済するやり方(飲食店に多い)とがあり、どちらのやり方を取るかはお店によって異なります。

レジでのお会計時に店員さんに「楽天ペイで」と伝え、案内された方法に従って支払いましょう。

楽天Pay
≪画像元:楽天Pay

今、楽天ペイを選ぶ理由

楽天ペイを選ぶ理由は3つです。

(1) 楽天カードからのチャージ払いで、最初から1.5%還元で使える

キャッシュレスアプリの中には、一定の回数や金額を決済しないとポイント還元が得られないものもあります。

一方、楽天ペイなら楽天カードからのチャージで0.5%、楽天ペイでの支払いで1%、合計1.5%がそれまでの利用実績にかかわらず適用されるので、使い始めからポイント還元のメリットを享受することができます。

楽天市場での買い物のためにすでに楽天カードを持っている人にとっては、すぐに達成できる条件でしょう。(楽天カード以外の手段からチャージすると、支払時の1%還元のみが適用されます)

楽天カード
≪画像元:楽天カード

(2) 楽天ペイアプリで、街での買い物にも楽天ポイントが使える

楽天市場での買い物などで得た楽天ポイントを、楽天ペイでの支払いに充当することができます。

使い方は楽天ペイアプリの「コード・QR払い」のタブを開き、「設定」ボタンからポイントの優先使用を設定すればOK。

自動的に、有効期限のある「期間限定ポイント」から優先して使われるのも便利です。

(3) Suicaと連携できて、楽天カードからのチャージで楽天ポイントが貯まる

※「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末限定

楽天ペイの入ったAndroid端末であれば、楽天ペイアプリとモバイルSuicaとを連動させることができます。

楽天ペイアプリ経由で楽天カードからのSuicaチャージを行うことで0.5%のポイント還元を受けることができます

すでに使用中のモバイルSuica(定期券含む)も紐付けられます。

街中では時折、バーコード決済やQRコード決済ができない場所でも、交通系ICカードは使えるといったケースが見られるため、これから日々の支出をキャッシュレス化したい方にはSuicaも併用するとよいでしょう。

また、JR東日本が発行するVIEWカード以外の一般のクレジットカードの場合、Suicaチャージはポイント還元の対象外になる場合も多くあります。

楽天ペイを経由した楽天カードからのSuicaチャージであれば、クレジットカードを増やさず手軽にポイント還元のチャンスを得ることができます。

楽天カードを持っている方はとてもお得

特に楽天カードを持っている方にとっては、キャッシュレス生活入門に手軽に始めやすくお得を享受しやすい「楽天ペイ」。

クレジットカードを出しにくい小さな買い物にも、バーコード決済やSuica支払いを使えばポイント還元の恩恵にあずかることができます。

「楽天ペイ」がまだの方、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。(執筆者:星澤 美衣)