色々と不安で、クレカを持ちたくない人もいると思います。

そんな人におすすめなのが、即時引き落としで限度額を自分でコントロールできる、銀行発行のデビットカードです。

今回は、そんなデビットカードがお得になるキャンペーンを、各デビットカードのメリットとともに紹介します。

【楽天銀行】新規入会&利用で500円キャッシュバック

新規入会でキャッシュバックがあります
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行デビットカード新規入会者を対象に、500円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

対象カード申込期間中に対象のデビットカードを申し込み、エントリー期間中にエントリーしてください。

「対象カード利用期間(1)」中に対象のデビットカードで合計3,000円以上利用すると200円、「対象カード利用期間(2)」は300円、合計500円キャッシュバックされます。

期間こそ区切ってあるものの、このキャンペーンは定期的に実施されており、直近の第67回の場合、

対象カード申込期間:2021年8月2日(月)00:00~2021年8月31日(火)23:59

エントリー期間:2021年8月2日(月)10:00~2021年10月1日(金)9:59

対象カード利用期間(1):2021年8月2日(月)00:00~ 2021年9月30日(木)23:59

対象カード利用期間(2):2021年10月1日(金)00:00~ 2021年11月30日(火)23:59

現金進呈予定:2022年1月末頃

となっています。

クレジットカードの楽天カードと比較すると、キャンペーンが若干ショボい気もしますが、もらえるものはもらっておきましょう。

楽天銀行デビットカードのメリット

≪画像元:楽天銀行

デビットカードの中でも、楽天銀行デビットカードは還元率1%と高還元です。

Visa、Mastercard、JCBと3つの国際ブランドから選べます。

このうち、JCBのみ海外ATMでの現地通貨の引き出しでポイントが貯まります。

【住信SBIネット銀行】(9/25までの土曜日)ポイント2倍

1.6%の還元があるからね
≪画像元:住信SBIネット銀行

9月25日までにエントリーの上で、期間中の土曜日に住信SBIネット銀行のミライノデビット(Mastercard)を利用すると、ポイントが2倍となります。

ミライノデビット(Mastercard)は通常0.8%還元のところ、期間中の土曜日に利用すれば1.6%還元されます(上限5,000ポイント)。

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)に至っては、通常1%のところ倍の2%還元です(上限1万ポイント)。

店舗利用でもネット利用でもOK、しかも新規入会者でなくても参加できます。

ミライノデビット(Visa)は対象外ですので、対象カードに切り替えるといいでしょう。

ミライノデビット(Mastercard)のメリット

米ドルが決済ができるってすごいでしょ
≪画像元:住信SBIネット銀行

ミライノデビット(Mastercard)は、日本円だけでなく米ドルでの決済が可能です。

米ドルを口座に保有している人にとっては、有力な選択肢となるでしょう。

年会費1万1,000円のプラチナは、

・ 年3回、空港ラウンジキーの利用料金が無料

・ ショッピング保険年間100万円

・ 海外旅行傷害保険最大1億円

・ モバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)

など、海外旅行の強い味方となるデビットカードです。

【イオン銀行】(8/10まで)新規入会&利用で20%キャッシュバック

イオン銀行に新規加入して利用してみよう

8月10日までの期間中に、対象カードに新規入会して対象店舗で利用すると、利用金額の20%がキャッシュバックされます。

イオン銀行キャッシュ+デビット、イオンデビットカードも対象カードで、イオン、イオンスタイル、イオンモール、イオングループ各社が運営するネットショップが対象店舗です。

11月末頃に引落口座に振り込まれ、還元上限は4,000円ですから、2万円までが20%キャッシュバックです。

イオンのデビットカードのメリット

ポイント5倍はうれしいわよ
≪画像元:イオン銀行

イオンのデビットカードはイオンのクレカと同様に、毎月20・30日の5%オフ、毎月10日のポイント5倍を受けられます。

普通預金適用金利が、最大年0.1%になる可能性もあります。

電子マネーWAONへのオートチャージも可能です。

万が一預金口座残高が不足していても、一時的に10万円までイオンカード側で利用金額を立て替えてくれます。

【ソニー銀行】5回利用で1,000円キャッシュバック

ソニー銀行でもお得なキャンペーンやってます
≪画像元:ソニー銀行

デビットカード「Sony Bank WALLET」を新規発行し、その翌々月の末日までに国内のVisa加盟店で5回以上利用すると、もれなく1,000円キャッシュバックされます。

利用金額は関係ないので、100円ずつ5回利用しても構いません。

ただし、外資系ホテル、航空会社、リゾート施設、Webサービス提供会社などは、国内利用でも海外利用扱いとなり、キャッシュバックの対象外となるので、注意してください。

1,000円プレゼントは、カード発行月の4か月後です。

Sony Bank WALLETのメリット

外貨が使えるのがすごくいい
≪画像元:ソニー銀行

引き落としの対象となる口座の通貨は、日本円のみならず米ドル、ユーロ、英ポンドなど11通貨です。

対象通貨を使っている国でのショッピングはもちろん、現地通貨引き出しも該当通貨で直接行えますので、両替手数料を抑えられます

利用状況に応じて、最大2%まで還元率がアップします。

【みずほ銀行】最大1,000円キャッシュバック

みずほ銀行でもキャンペーンしてます
≪画像元:みずほ銀行

12月31日までの期間中にSmart Debitを新規発行し、翌月末までに街のお店で合計5,000円(税込)以上をSmart Debitで支払うと、500円キャッシュバックされます。

同じくネットショップで合計5,000円(税込)以上をSmart Debitで支払うと、500円キャッシュバックされ、合計1,000円キャッシュバックです。

iPhone端末を利用なら、JCB Contactless(コンタクトレス)加盟店、Apple Pay加盟店(店舗・オンラインショッピング)での支払いも対象になります。

Smart Debitのメリット

バーチャルカードなので盗まれないのはいいです
≪画像元:みずほ銀行

Smart debitはバーチャルカードですから、紛失や盗難のリスクがありません。

全国約92万台以上のQUICPay+加盟店で利用できます。

ネットでは、Apple Payに対応しているアプリやウェブでの支払いにも利用可能です。

【みんなの銀行】(8/15まで)20%キャッシュバック

みんなの銀行って最近よくでてくるわね
≪画像元:みんなの銀行

8月15日までの期間中、Apple Pay、Google Payでみんなの銀行デビットカード決済を利用すると、通常の利用特典に加えて、利用金額の20%をキャッシュバックします。

新規限定などの条件もないので、多くの方がキャッシュバックを受けられるチャンスです。

キャッシュバックの上限は1,000円です。

Apple Payは、店舗(QUICPay+もしくはJCBコンタクトレスでの決済)、ネット(アプリ)のどちらも対象ですが、Google Payは店舗でのQUICPay+以外は対象になりません

モバイルSuica、モバイルPASMO、Apple PayのSuica、Apple PayのPASMOへのチャージも、キャンペーンの対象外です。

Debit Cardのメリット

こちらも最近はやりのバーチャルカードですよ
≪画像元:みんなの銀行

Debit Cardは、口座開設と同時に自動発行されるバーチャルカードで、改めて申し込む手間がありません。

利用金額の最大1%がキャッシュバックされます。

デビットカードながら、最高100万円のショッピング保険、最高3,000万円の海外・国内旅行保険も付帯しており、補償も充実です。

【三菱UFJ銀行】3回&1万円利用で1,000円キャッシュバック

UFJでもキャンペーンがあるからね
≪画像元:三菱UFJ銀行

三菱UFJデビットに新規入会して翌月までにエントリーをし、3回以上かつ合計1万円以上利用すると、1,000円がもらえます

入会3か月後の月末までに、三菱UFJデビットの決済口座へ入金されます。

国内・海外ショッピングでの利用が対象ですが、海外ATMでの現地通貨の引き出しや各種手数料は利用金額に含まれません。

過去に三菱UFJデビットを持っている人や、三菱UFJ-VISAビジネスデビットは対象外です。

三菱UFJデビットのメリット

カードにミッキーが書いてあるとテンション上がるのよ
≪画像元:三菱UFJ銀行

三菱UFJデビットは、VisaとJCBから選べ、JCB限定ながらディズニーデザインもあります。

カード利用で0.2%分のキャッシュバックが受けられます。

それだけでなく、「スーパー普通預金」の口座保有者が月に一度でも三菱UFJデビットなどの口座引き落としがあると、10Pontaポイントが貯まるのです。

Visaブランドなら、海外だけでなく国内での買物に対しても、最高100万円のショッピング保険が付帯します。

【西日本シティ銀行】20%キャッシュバック

なんかビジネスホテルみたいな名前でしょ
≪画像元:西日本シティ銀行

9月30日までにNCBデビット(JCBブランド)に新規入会し、10月31日までに登録をしてApple Payまたは Google Payを利用すると、利用金額の20%がキャッシュバックされます。

キャッシュバックの上限は5,000円です。

期間中であれば、登録と利用の順番は問いません。

年会費・データ維持料、ショッピングリボ・分割・スキップ払いの手数料、キャッシングサービス利用分、Suica、PASMOへのチャージは、対象外です。

NCBデビットのメリット

デビットのメリットってちょっと面白い
≪画像元:西日本シティ銀行

NCBデビットは、VisaとJCBの2ブランドがあり、いずれか一方のみ選べます。

海外ATM利用手数料が1回あたり110円と、比較的安いです。

通常、2年目以降の年会費は1,100円なのですが、18歳以下、または年間10万円以上NCBデビットを利用すると、翌年度以降も引き続き無料となります。

西日本シティ銀行同様のキャンペーンを実施している銀行は多い

今回は、お得なキャンペーンを実施している銀行のデビットカードを紹介しました。

西日本シティ銀行同様のキャンペーンを実施している銀行は、八十二銀行など結構あります。

お得の内容はキャッシュバックが多く、ポイント還元よりお得を実感しやすいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)