BIGLOBEから、「donedone」という新モバイルブランドがリリースされました。

本記事では、donedoneの基本的な情報や、他社との比較をしてどれくらいお得に利用できるのかをお伝えします。

donedoneの最大の特徴は「大容量・低価格」なので、お得にギガをたくさん使いたい人は参考にしてください。

ドネドネ
≪画像元:BIGLOBE

donedoneの特徴

donedoneには、

・ ベーシックUプラン

・ カスタムUプラン

上記2つのプランがあります。

プランの特徴をまとめると以下の通りです。

※全て税込価格です

donedoneの2つのプランの違いは、通信速度にあります。

ベーシックUプランは、最大3Mbpsの速度で50GBの通信をすることが可能なプランで、カスタムUプランは、対象のアプリが通信速度無制限で利用可能なプランです。

カスタムUプランの通信速度無制限になるアプリは、

・ LINE

・ Instagram

・ Facebook

・ YouTube

・ ABEMA

・ TikTok

・ TELASA

・ Spotify

・ AmazonMusic

・ モンスターストライク

上記から3つ選択することができます。

選択するアプリはいつでも即時変更できるので、自分の都合に合わせて通信速度無制限にするアプリを選ぶことが可能です。

対象以外のアプリは最大1Mbpsで利用可能で、全く使えないことはないので安心してください。

donedoneのメリットとデメリット

ここでは、donedoneのメリットやデメリットをお伝えします。

メリットだけではなく、デメリットも把握することで自分に合うSIMなのか確認することができます。

donedoneのメリット

donedoneのメリットは以下の通りです。

・ 月2,728円と低価格

・ 50GBの大容量

・ 通信制限後も最大1Mbpsで快適

donedoneの最大のメリットは「低価格・大容量」です。

大手キャリアのサブブランドと比較しても、料金はほぼ同じですが、容量は倍以上あるのでお得感満載です。

さらに、50GBを使い切ってしまっても最大1Mbpsで通信可能なので、ある程度快適に通信できる点もうれしいポイントです。

donedoneのデメリット

donedoneの最大のデメリットは、通信速度が決まっていることです。

もう1度プランごとの速度をお伝えすると以下の通りです。

・ ベーシックUプラン:最大3Mbps

・ カスタムUプラン:最大1Mbps(速度無制限対象アプリ以外)

しかし、3Mbpsあれば、HDの動画視聴やSNSも快適に行うことができるので、スマホの操作に大きな支障が出るほど遅いというわけではありません。

カスタムUプランでは、選択したアプリを通信速度無制限で利用できるので、「このアプリはいつでも快適に使いたい!」という方も安心です。

donedone

donedoneと大手キャリアの料金比較

donedoneと大手キャリアの料金を比較すると以下の通りです。

大手キャリアの料金と比較

※全て税込価格です

表の通り、他社と比較しても、低価格・大容量が最大のメリットであることがわかりました。

auとdocomoの月額料金との差が1番大きく、1年間利用した場合、4万8,444円も差が生まれます

対して、大手キャリアのサブブランドとの料金の差はほとんどありませんが、データ容量が倍以上異なるので、ギガをたくさん使う人にはdonedoneがおすすめです。

ギガをたくさん使う人は「donedone」でスマホ代を節約しよう

今回は、BIGLOBEからリリースされた新ブランド「donedone」について解説してきました。

donedoneの1番のメリットは「低価格・大容量」なので、「スマホ代は節約したいけどギガは多い方がいい!」という方にぴったりです。

大手キャリアと料金の比較をした結果、年間4万8,444円も節約できることがわかりました。

今まで大手キャリアを利用してたけど、スマホ代を節約したいと考えている方は、ぜひdonedoneを検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:吉野 光祐)