コロナ禍において、リモートで仕事をする機会が増えました。

機材を貸与してくれる会社もあれば、自分で調達しなければならない方もいるでしょう。

ここ1~2年で、100均はリモート対策に力を入れた商品を多数発売しています。

お手持ちのガジェットを、低価格でより使いやすくすることができるので、参考にしてみてください。

全部1000円以下で手に入る 「リモートワークグッズ」

(1) ワイヤレスイヤホン(True Wireless Earphone 完全ワイヤレスイヤホン)

発売してすぐに話題沸騰となった「ワイヤレスイヤホン」。

1,000円という圧倒的な低価格で、初めてのイヤホンデビューにピッタリです。

リモートワークだけでなく、通勤、通学、運動中に使うことができます。

製品の特徴

価格:1,000円(税込み1,100円)

自動ペアリング

対応コーデック:SBC

材質:ABS樹脂

バッテリーの種類:リチウムイオンポリマー

USBケーブル付き

再生時間約10時間(イヤホン4時間、充電ケース6時間)

カナル型のインイヤーイヤホンです。

充電ケースから出し入れするだけで自動ON/OFFします。

高域よりも低域が強めで、粗めの重低音が響きます。

ダイレクトに音が伝わるので、ロックやライブ音源向きかもしれません。(低音の響きが気になる方は、プレイヤーのイコライザで調整しましょう)

メリット

・ 価格:安くても5,000~1.5万円程度するワイヤレスイヤホンが1,000円という激安価格

・ Bluetooth 5.0:Bluetooth接続対応で、10mの距離まで通信が可能

・ ハンズフリー通話対応

・ コンパクトな充電ケース付き

・ 見た目がコンパクトで軽い

・ 収納ケースで充電できるので、急な電池切れの心配がない

・ 小さいサイズなので、長時間付けても疲れにくい

・ イヤホン本体のボタンで再生、曲送り、音量調節ができる

・ 移動中、運動中など、動いている時でも音に集中できる

安いので、緊張せずに使うことができます。(とはいえ、雑に扱ってはいけません)

デメリット

・ ケース:プラスチックケースは落とすと割れる危険性があるので、扱いは慎重に。

・ 保証:なし

・ カラー:ブラック1色のみ

・ ノイズキャンセリング機能:なし

・ 防水機能:なし

・ 小さいので、紛失に注意

・ 有線と違い、こまめな充電が必要

・ Bluetooth接続のため、人混みの多い電車など、電波の影響で音が途切れることがある

イヤーピースは1種類のみ付属:形が合わない場合、遮音性を求める場合は別のイヤーピースを購入しましょう。(ダイソーにも数種類あります。大きいサイズだとケースにはまらなくなるので注意)

ワイヤレスイヤホンデビューや、サブとしての使用など、音質にそこまでこだわらない人にオススメです。

期待せずに使うと、「意外といい仕事するじゃない!」と思っていただけるのではないでしょうか。

売り切れ続出中ですので、在庫に出会えたらラッキーです。

気になったら試してみてください。

(2) タブレット・スマホスタンド

スマホスタンドがたくさん売ってます

おうち時間が増えたことで、リモート会議、動画撮影、動画視聴、ゲーム、電子書籍で読書など、タブレットやスマホを使う時間が増えた方は多いでしょう。

そんな時にスタンドがあると、安定性が増し、端末がさらに使いやすくなります。

タブレットはスマホより重いので、長時間持ったままの作業は疲れます

角度の調整ができるスタンドを選び、体の負担軽減に役立てましょう。

スマホスタンド売り場

市販のスタンドは1,000~3,000円程度です。

ダイソーのスタンドは100~500円で購入できるので、お試しにはもってこいです。

・タブレットスタンド:100円(税込み110円):スタンドタイプ

色:クリアーのみ

・スマートフォンスタンド:200円(税込み220円):クリップタイプ

色:ホワイト、ブラックの2色

フレキシブルアームで、アームは最大62cm、クリップは最大10cmまで調節可能

スマホスタンド

・タブレットスタンド:300円(税込み330円):クランプタイプ(8cmまでの机に対応)

色:ホワイト、ブラックの2色

フレキシブルアームで、アームは最大59cm、ホルダー部分は16cmまで対応可能

タブレットスタンド

ホルダーは設置後に回転させることで、縦でも横でも使えます。

充電ケーブルやイヤホンを挿したまま使うことができます

フレキシブルアームは360度自由な角度にアームを調整することができます。

立った状態、座った状態でも使えるので、手を離したまま見ることができます。

寝ころんだ状態でも使えるので、画面を見ながら寝落ちしても、痛い思いをしなくて済みますね。

タブレットを持ち運ぶ方は、スリムに畳めるスタンドもあります。

スマホやタブレットだけでなく、スタンドを本の展示やSwitchの固定に使う方もいます。

たくさん種類がありますので、使用状況に応じて使いやすいスタンドを選んでください

(3) ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウス

PCに付いているUSBの差し込み口は、向きが限定されてしまいます。

配線が短すぎたり長すぎたりすると、マウスが動かしにくくなってしまいます。

筆者のPCはUSB差し込み口が左で、右でマウスを使うには線がギリギリです。

線をぐるっとPCの後ろに通すと余裕がなくなるので、使うたびにモヤモヤしていました。

そんなモヤモヤを解消するのが「ワイヤレスマウス」(300円)

無線接続するので、線がありません

レシーバーユニットをUSB差し込み口に入れ、簡単な設定をすればすぐに使えます。

PCのUSBの差し込み口は1つ埋まってしまいますが、マウスの配線とはサヨナラできます。

無線ではなく「Bluetoothマウス」(500円)もあります

USBポートのないタブレットでの使用や、ペアリング設定が苦にならない方にオススメです。

デメリットとしては、有線に比べてサイズが大きく、重量があることです。

これはダイソー製品に限らず、無線マウスによくある悩みです。

自分にとって握りやすいサイズ、重さを確認してから購入しましょう。

また、無線ワイヤレスマウスは電池で動きます。

こちらの商品は単4電池を2本使います。(ダイソーは単4電池6本入り100円)

電池の減りが心配な方は、繰り返し使うことができる充電池を検討しても良いでしょう。

市販のワイヤレスマウスは1,500~3,000円程度します。

ダイソーなら300~500円(税込み330~550円)で購入することができます

数百円で、日常のちょっとしたモヤモヤから解放されるかもしれません。

(4) タッチペン

タッチペン売り場

移動に便利なタブレットを使う方がかなり増えました。

指で直感的にタッチして操作できるのは利点でもあり、指紋が付くのは欠点でもあります。

ダイソーではタッチペンも各種取りそろえているので、利用してみてはいかがでしょうか。

指の先ではズレがちな細かい部分も、タッチペンがあれば楽々です。

文字やイラストなどを描く頻度が高い人は、さらに使いやすさを実感できることでしょう。

筆者の知人は汗かきで、画面をタッチしてもうまく反応しないことがあります。

そんな時にタッチペンがあると、気にせず操作ができるので快適なのだそうです。

手袋をはめたままでも作業できるので、寒い季節にも役立ちそうです。

指紋が付くのを防ぐことができるので、奇麗好きな方にも好評です。

タッチペン

ボールペン付きなど、多用途に使えるペンもあります

タッチペンの太さも細いものから太い物までさまざまです。

1本あるだけで、仕事の効率が上がるのではないでしょうか。

(5) PCケース

PCケース

ノートPCやタブレットを持ち運ぶ際は、ソフトケースに入れて運びましょう。

落下による衝撃、汚れなど、まさかの事態を回避することにつながります。

ダイソーではPCケースも販売しています。

小ぶりではありますが、かなりの低価格です。

手持ちPCやタブレットにサイズが合うのであれば、活用してみましょう。

「タブレット・PCケース」21 × 26cm:200円(税込み220円)

「タブレット・PCケース」23.5 × 31cm:300円(税込み330円)

「COMPUTER CASE パソコンケース」13インチ用:400円(税込み440円)

「クッションPCケース」13インチ用:500円(税込み550円)

余計な装飾がなく、シンプルで使いやすいです。

持ち手付きと持ち手なしがあります。好みで使い分けましょう。

(6) USB ACアダプタ(USB充電器 ACアダプタ / AC充電器USBポート)

USB ACアダプタ

コロナ禍ではありますが、家や会社の都合で自宅でPC作業できない方は多くいます。

外出先でPCを使うときに活躍するのが「USB ACアダプタ」です。

iPhone、iPad、Androidスマホ、タブレットに対応しています。

電源が1つあれば、お手持ちのデバイスを同時に充電することができます

自動認識機能付き、急速充電対応です。

コンセント部分は収納できます。

カラー:ホワイト、ブラックの2色

2.1A出力の1ポートタイプは300円(税込み330円)

3.4A出力の2ポートタイプは500円(税込み550円)

市販だと1,000~2,000円程度します

複数持ちして、サブ機として活用しても良いでしょう。

作業場所を快適に使うために、低価格で効率の上がるガジェットはぜひ試してみてください。

選択肢の1つに入れてみよう

ダイソーのリモートワークグッズは、低価格でも十分使える商品が続々と登場しています。

ネットは安い代わりに実物を見て確かめることはできず、家電量販店は価格が高いです。

種類がたくさんあるので、商品選びに迷うことも多いでしょう。

ダイソーグッズは実物を見ることができて、重量、サイズ感を確認することができます。

選択肢の1つに入れることで、他との比較がしやすくなるのではないでしょうか。

ダイソーの商品はどれも1,000円以下で手に入ります

PC周辺機器は高いので、1つでも使える商品があれば、かなりの出費を抑えることができます。

ダイソーは、他に比べて1番の使い心地ではないかもしれませんが、値段の割に使える商品がたくさんあります

費用対効果に合った商品を選び、周辺環境を快適に過ごせるよう工夫していきましょう。(執筆者:山城 奈々)