いろんなポイ活をしている筆者ですが、数か月前に楽天チェックを始めました。

1回でたくさんの楽天ポイントをもらえることはありませんが、毎日の通勤や買い物でコツコツポイントを貯めることができます。

やってみてわかったメリットや注意点について、最後には楽天チェックで楽天ポイントを獲得するコツについてお伝えしたいと思います。

楽天チェック
≪画像元:楽天チェック

楽天チェック概要

楽天チェックは専用のアプリから、指定のお店の指定場所でチェックイン後、くじを引いて楽天ポイントがもらえるポイ活サービスです。

チェックインできる店舗はローソン、デイリーヤマザキ、マツキヨ、楽天モバイルなどの店舗が対象です。

参照:楽天チェック
 
獲得ポイントはお店によって異なります。

ローソンであれば1回で1ポイントから3ポイント獲得がほとんどで、マツキヨであれば1回で10ポイント獲得できます

後述しますが、各店舗で獲得できる楽天ポイントにはルールがあります。

楽天チェックの使い方

楽天チェックのポイント獲得の方法はとてもシンプルです。

1. 「楽天チェック」アプリをダウンロード

2. 店舗でGPSをオンにしてアプリを起動

3. 店舗指定場所でチェックイン、くじを引きポイント獲得

例えばデイリーヤマザキなどであれば、レジ付近でチェックインすることでくじを引きポイントを獲得することができます。

楽天チェックの3つのメリット

メリットは3つです。

お買い物前にポイントがもらえる

楽天チェックはスマホでチェックインするだけでくじを引いてポイントがもらえます。

お買い物の金額に応じたポイント付与、カードの提示、支払方法の指定などは一切必要ありません。

通常ポイントが獲得できる

楽天のポイ活で獲得できるポイントは期間限定ポイントが多いですが、楽天チェックは楽天通常ポイントが獲得できます

また、獲得したポイントは翌日にはポイントが付与されます。

楽天カードを持っていれば毎月の支払にポイントを充てんし、節約することができます。

お得なキャンペーン

1億チェックインチャレンジが2021年12月31日の23;59まで開催されています。

楽天チェック、チェックイン合計1,000万単位で10人分、1,000万単位の前後で100万および1万単位のキリがいいチェックイン番号から27人分、期間限定楽天ポイントが1,000ポイントもらえます。

下記のようにアプリでカウンターが更新されますので、キリ番の当選番号や達成チェックイン番号等はアプリのキャンペーンをチェックしてください。

キリ番の当選番号や達成チェックイン番号などでポイントがもらえることもあります
≪執筆者のスマホより撮影≫

注意点について

注意点も2つあります。

チェックインには制限がある

店舗によってチェックインの制限ルールがあります

ドラッグストアのマツキヨであれば週に1回まで、デイリーヤマザキでは1日1回まで、ローソンは一店舗で時間帯別に1日2回まで、合計で1日3回までのルールです。 

アプリ上で「お店」から店舗を選択し、「チェックイン条件」を調べると詳細情報が事前にチェックできます。
 

エリアによって対象の店舗が少ない

ローソン、デイリーヤマザキ、マツキヨなどは比較的見つけやすいと思いますが、都内では対象店舗を見つけるのが難しい場合があります。

アプリ画面の「地図」を使い、広域で店舗を調べることが可能ですので、こちらもあらかじめチェックしていると便利です。

楽天ポイントをなるべく多く獲得するコツ

筆者は平日通勤時に1日で5店舗ぐらい、週末は買い物途中でプラス2店舗程度、ポイント数にすると1日平均5~6ポイント程度を獲得しています。

働いている方であれば会社の近くや訪問先で、主婦の方であれば普段のお買い物で訪れる店舗で、休日には散歩やお買い物のついでに対象の店舗を無理なく、まわるようにすると自然とポイントが貯まります

アプリ内の地図でまずは生活圏の店舗検索から始めるとよいと思います。

また、マツキヨなど訪れるだけで10ポイント獲得できる店舗は、制限いっぱい獲得しましょう。(執筆者:永瀬 真人)