副業を始めたいと思う方は、「大きく稼がなくていいから月に2万あれば…」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし多くの場合、専門性の高いスキルや手間を要するものがほとんどです。

「何かかんたんにノースキル未経験でできる副業はないものか」

「手堅く2万円を確保できればそれでいい、片手間にできるものがいい」

副業で手堅く稼ぎたいと思う方は、上記のような考えを持つ方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、副業歴5年以上の筆者が「手堅くノースキルで手堅く2万円の副収入を得る方法」についてまとめました。

実際に筆者が経験したものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ノースキルで月二万の副業

月に2万円を手堅く稼ぎたい! どんな副業がいいの?

まず結論として、ノースキル&スキマ時間で稼ぐなら「SNSの運用代行」がピッタリです。

大きく稼がない前提でスキルを獲得するつもりもないなら、スマホで操作ができるSNS運用代行はお小遣い稼ぎに合います。

SNS運用代行が小さく稼ぐのに最適な理由6つ

SNSの運用代行が手軽な副業に向いている理由は、下記です。

・ 特別なスキルがいらない(SNSは誰でも使っている)

・ 未経験・初心者にも最適(スマホが使えればOK)

・ スマホでどこでもできる(休憩時間や通勤時間も可)

・ 大きな手間がかからない(細かい手間はかかる)

・ スキルを向上させる必要がない(案件によっては多少あり)

・ 継続案件が獲得しやすく単価が読みやすい(1件5,000~2万円)

基本的に副業は、本業とあまり関わりが深くないものを選ぶ傾向です。(そもそも副業で稼げるジャンルは専門性が高いため)

そのため安定して稼ぐor大きく稼ぐなら、スキルアップが必要不可欠となるでしょう。

狙う金額も手間も、休日を返上しなければならないリスクがあります。

しかし中には、お小遣いを少しだけ手軽に稼ぎたい要望もあるものです。

SNSの運用代行は、新たにスキルを獲得する必要はありません。

そして休みを返上することもなく、一定の時間に定められたルールの投稿や動作を繰り返せばOKです。

平日なら通勤時間と休憩時間を利用し、休日は趣味や家族との時間を過ごす合間に作業ができます。

SNS運用代行の案件を獲得していく方法

SNSの運用代行は、クラウドソーシングサービスを使うと探しやすいです。

クラウドワークスやランサーズが知名度も高く、案件の種類も豊富にあります。

筆者が調べたときは、複数のキーワードを駆使して検索していました。

・ SNS

・ 運用代行

・ SNS 運用代行

・ Twitter

・ Facebook

・ Instagram

媒体を限定したがらないクライアントさんが多いので、「SNS」で探して順にキーワードをズラしていくことが多かったです。

SNS運用代行の作業内容と単価について

運用代行と言っても非常に種類が多く、企業アカウントから個人アカウントまで多くの案件があります。

筆者の体感としては、個人アカウントは自由度が高く単価も低め。

企業アカウントは制限があるものの単価も高め。といった印象です。

一定のやることリストを渡され、固定報酬で5,000円~2万円

もしくは返信1件につき20~30円という案件もあります

よく受けていた案件はTwitterの運用代行が多かったです。

手堅く2万円を獲得する考え方

筆者は特定の方と長期で継続契約を結んでおり、毎月5万円ほどの収入を得ています。

その経験から考えると、どうしても最初は単価が低い案件を複数契約することになるでしょう。

・ 5,000円の案件を4つ

・ 1万円の案件を1つ、5,000円を2つ

割合はともかく、案件を受けていると仕事量が割に合わない場合もあります。

そのため自分の運用ペースに合った案件を吟味していき、少しずつ調整していけば手堅く2万円は十分に可能です。

筆者の場合はその運用経験からアドバイスができるようになったため、単価を上げていけました。

少しずつ自分で考えながら学んでいける方なら、このようなスキルアップも可能です。

場合によってはSNS運用コンサルや、ブログ運営・ライティング・Kindle発刊も可能でしょう。

ただ作業をするだけでしたら、おそらく2~3万円が限度かと思います。

運用代行をしてみよう

SNSの運用代行をする上での注意点

ノースキルでスキマ時間でもスマホでポチポチ…という怪しい内容となりましたが、実際はパソコンもあれば作業が早いです。

スマホでもできるけど、パソコンでの作業なら圧倒的に作業量をこなせます

複数のタブを開いて順に返信したり、一定のルール投稿もメモを見ながらコピペしたりと、パソコンがあればスムーズです。

あとはクライアントさんとのやり取りで、外部チャットツールを案内される場合があります。

※ChatWorkというツールが多い印象です。

外部の連絡ツールも拒否感なく使える方が望ましいかもしれません。

手堅く2万円を獲得するならSNSの運用代行がおすすめ

筆者の経験上、SNSの運用代行は獲得しやすく継続しやすい印象です。

また仕事も始めやすく、新たなスキルを獲得する必要もありません。

時間がない中でもスマホで完結できるし、まさに少しだけお小遣いを増やしたいと思う方にはピッタリです。

もちろんある程度運用した経験があれば、ステップアップも視野に入れられます。

同じSNS運用代行でも、少しルールが厳しいものは単価も高めです。

初めての副業として挑戦する場合でも、SNS運用代行はチャレンジしやすいでしょう。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)