家計費の節約になると有名な「ウエル活」、一時は筆者もウエル活をして、食費や日用品費の削減に利用していました。

ですが、使っていくうちに「お得なようで、かえって損しているかも…?」と思うこともありました。

そこで今回は、ウエル活をやめた筆者が感じた3つの注意点をお伝えします。

ウエル活に潜む3つの盲点

ウエル活とは

まずは、ウエル活とは何か簡単に触れておきます。

ウエル活は、ドラッグストアの「ウエルシア」で毎月20日に買い物をする際、Tポイントで支払うと1.5倍分決済できるというものです。

参加方法は、お会計をTポイントで支払うだけです。

レジを通す際、使用するTポイントが自動で1.5倍になるので、面倒な手続きは一切ありません。

500ポイント → 750円分

1,000ポイント → 1,500円分

2,000ポイント → 3,000円分

このように、使うTポイント数が多くなるほど、お得に買い物ができます。

こういった仕組みを利用して、日用品や食料品を購入し、節約をすることを「ウエル活」と呼んでいるのです。

ウエル活の意外な注意点

Tポイントが1.5倍になることを考えると、お得しかないように感じます。

ですが、ウエル活を行っていくうちに、いくつかの落とし穴もあることに気付きました。

1. ウエルシアが遠く、ガソリン代がかさんだ

筆者は、近所にウエルシアがありませんでした

車で15分ほど走らせて通っていたのですが、そこで気になったのがガソリン代です。

わが家の車はそれほど燃費が良くないため、ウエル活をするために車を使うと、ガソリン代も馬鹿になりません。

ウエル活でまとめ買いできるほどTポイントを保有していなかったので、結果的に節約になったのかは微妙なところでした。

2. Tポイントを貯めるのが大変

ウエル活をするには、資金となるTポイントが必要不可欠です。

楽天ユーザーのわが家は、Tポイントとは無縁の生活を送っていたため、Tポイント集めにかなり苦労しました。

Tポイントが貯まらない人にとって、ウエル活をするのはなかなか大変です。

3. 余計な買い物が増えた

ウエル活では、支払いにTポイントを使うこともあり、ムダなものを買うことも増えました

いつもより物欲のブレーキが効きにくくなり、買う予定のないお菓子やジュースをかごに入れてしまうこともありました。

またウエル活は20日と決まっているため、特に買うものがなくてもウエルシアに足を運んでいました

その結果、予定外のものやムダ買いが増えていることに気づいたのです。

ウエル活でかえって無駄遣い

ウエル活がおすすめなのはこんな人

筆者はウエル活をやめてしまいましたが、人によっては節約に効果的なものです。

・ Tポイントが貯まる生活をしている

・ ウエルシアが近くにある

この2つに当てはまる方は、ウエル活に向いています。

Yahoo!JAPANカードなど、Tポイントが貯まるクレジットカードを固定費の支払いに使うと、ポイントがざくざく貯まります。

ウエル活はまとめ買いをすることも多いので、自宅からの距離も重要です。

できるだけお得に負担なく続けるには、ウエルシアが近所にあることもポイントです。

予定外のものを買ってしまわないよう、計画的に買い物をすることも大切ですね。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)