近年、テレワークの導入や副業の需要増でバーチャルオフィスに注目が集まっています。

とはいえバーチャルオフィスがなんなのか、少し分かりづらい面もあります。

「バーチャルオフィスって一体なに?」

「利用するメリットって何があるの?」

「おすすめのサービスがあれば教えて欲しい」

バーチャルオフィスが気になった方は、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「バーチャルオフィスの概要や利用するメリットについて」をまとめました。ぜひ参考にしてください。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは? 需要増加中の理由

バーチャルオフィスとは、「仮想のオフィス」です。

似たようなもので「レンタルオフィス」もあります。

レンタルオフィスは実際のオフィスを借りられ、自社オフィスを契約しなくても仕事を行えるのがメリットです。

仮想のオフィスであるバーチャルオフィスは、下記のような方にメリットがあります。

・ 自宅で働く方で別の住所が欲しい方

・ 副業で一等地の住所を使い見栄えを良くしたい方

・ 起業予定だがまだオフィスを必要としない方

レンタルオフィスよりも機能を最小限にし、月々の負担を減らせる部分が大きいです。

自宅で働く際に別の住所が欲しい方

とくに最近では、YouTuberがファンレターや贈り物の住所に使うケースも増えています。

そのまま自宅の住所に使ってしまうと、場合によってはストーカー行為や住所バレとなってしまうでしょう。

そんなときにバーチャルオフィスで住所を借り、拠点を仲介することでリスクを最小限にしています。

またせどりで住所を表示しなければならないとき、自宅住所を公開するのは抵抗がある方にも人気です。

自宅以外で住所があると便利だなぁと思う方にとって、バーチャルオフィスを利用するメリットは大きいでしょう。

副業で見栄えを良くするために一等地の住所を使いたい方

なんらかの形で顧客へ自身の情報を開示する際、住所を気にしてしまう場合があります。

「こんな田舎の住所じゃなくて、一等地の住所だったら相手にもインパクトを与えられるのに」そう思う方もいらっしゃるでしょう。

そんなときにバーチャルオフィスを利用すれば、都内の一等地を確保することも容易です。

もちろん住所を借りるだけですし、必要な郵送物があれば送ってもらうサービスにも対応しています。

ホームページや名刺にもオフィスとして記載できるため、見栄えは非常に良いです。

ただし相手も住所を調べればバーチャルオフィスというのがすぐにわかりますので、あくまで最初の印象を良くする用途で活用できるでしょう。

起業予定だがまだオフィスを必要としない方

起業をする際、まだオフィスは必要なくとも住所がほしい場合もあります。

作業は自宅や外出先で行い、登記や外部に通知する住所をバーチャルオフィスでまかなうといった場合です。

いきなりレンタルオフィスを借りても良いですが、固定費が少し高くなってしまいます

機能を最小限にしたバーチャルオフィスなら、固定費は最小限に抑えられるでしょう。

バーチャルオフィスでおすすめの会社

副業を始めようと思っていたり、バーチャルオフィスの利用を検討していたりする方は、実際にどんなサービスがあるか比較したいはずです。

そこで筆者が検討した3つのサービスをご紹介します。

いずれも気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください。

【おすすめ1】DMMバーチャルオフィス

DMMのバーチャルオフィス

DMMバーチャルオフィスは、動画配信やオンラインゲームでも有名なDMM.comが運営しているバーチャルオフィスです。

なんと東京都内の一等地にある、洗練されたオフィスビルの住所を利用できます。

さらに料金は格安です。

・ 銀座店:2,700円 (税込2,970円)/月~

・ 渋谷店:2,300円 (税込2,530円)/月~

※ただし渋谷店は郵便物の来店受け取りNGです。

2021年8月時点で、入会金(税込み5,500円)は無料

登記も可能なので、法人化を検討している方も利用しやすくなっています

また今後、個人事業主や法人を対象としたバックアップサービスをリリース予定です。

副業で外部に住所を提示する必要がある方なら、格安なのでぜひ積極的に利用したいサービスです。


申し込み時に下記紹介コードを入力すると、年間契約時にプランの初月分が無料になります。(単月契約/半年契約は適用外)

紹介コード:UKQ587

申し込みはこちら

【おすすめ2】レゾナンス

東京のバーチャルオフィス
≪画像元:レゾナンス

レゾナンスは、渋谷区周辺でバーチャルオフィスを提供しているサービスです。

なんといっても価格が安く、税込み月額1,650円より申し込みできます。

また価格が安いだけではなく、バーチャルオフィス顧客利用満足度、価格満足度、人気No.1の3冠を3年連続で達成しています。(ゼネラルリサーチ調べ)

現在ではキャンペーンとして、月額3,300円相当を1,650円で借りられます

しかしキャンペーン期間中に申し込めば、キャンペーン終了後も同価格で更新可能です。

とにかく安く使いたいのであれば、間違いなくおすすめできます。

【おすすめ3】SERVCORP

サーブコープのバーチャルオフィス
≪画像元:サーブコープ

サーブコープは、国内26箇所の拠点を選べるバーチャルオフィスです。

上記で紹介したものと比べ、少し料金が高くなっています。(バーチャルオフィス月額税込み7,920円から)

その代わりサービスも高待遇で、一等地の住所を使えるほか秘書&ITサポートが付属

必要な際にワークスペースも利用可能です。

とくに作業が必要となった際、全国各地のコワーキングスペースを1日1時間まで利用できます

2021年8月現在では、初期費用が1か月無料です。

継続の義務もないため、実際に利用して試すこともできます。

バーチャルオフィスは副業とも相性がよく、メリットが多い

小さくビジネスを始める際は、どうしても自宅を拠点としてしまうでしょう。

しかし自宅の住所だけでは不便が多いのも事実です。

少しでも見栄えを良くしたり、自宅場所を公開したくなかったりする場合もあります。

その点、バーチャルオフィスなら気兼ねなく住所を公開できるでしょう。

利益が上がり、法人化を考えた際の登記先としても利用しやすいです。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)