株式会社SBI証券は2021年11月より、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入することを発表しました。

これによりSBI証券の利用者は

「取引に応じてPontaポイントをためること」

「投資信託の買付代金にPontaポイントを利用するPontaポイント投資」

ができるようになります。

Pontaを導入することでSBI証券は、国内主要証券初の複数の共通ポイントから投資ができる投資サービスになります。

ここでは、SBI証券での「Pontaポイント」導入に関する情報を紹介します。

SBI証券で「Ponta」導入の概要

SBIポンタ
≪画像元:SBI証券

SBI証券ではこれまで「Tポイント」のみを導入していました。

しかし11月より「利用額に応じてポイントを貯める」「ポイントを投資に使う」といった場面で、「Tポイント」と「Ponta」を選択できるようになります

「Ponta」導入により、国内主要証券初の複数の共通ポイントサービスから投資ができる投資サービスとなります。

国内主要証券初というからには、比較対象サービスがあり国内主要証券10社を指しています。

複数の共通ポイントサービスが利用できるのは、国内ではSBI証券が初めてとなります。

Pontaポイントの設定方法

SBI証券の個人ページ内にあるメインポイント設定画面から選択することができます。

メインポイントの変更は、設定画面からいつでも可能です。

メインポイント設定
≪画像元:SBI証券

「Ponta」導入のサービス概要サービスを説明します。

(1) 取引内容に応じたPontaポイント付与

メインポイントをPontaに選択すると、11月より対象となる取引やサービスの利用の際にPontaポイントが付与されるようになります。

国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)

スタンダードプラン及び現物PTS取引の月間手数料の1.1%相当

投資信託取引(投信マイレージ)

対象投資信託の月間平均保有額1,000万円未満:年率0.1%相当

対象投資信託の月間平均保有額1,000万円以上:年率0.2%相当

金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)

スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の1.0%相当新規口座開設

新規口座開設

一律100ポイント

国内株式入庫

1回の移管入庫につき100ポイント

(2) Pontaポイントを使用して投資

投資信託の買付代金にPontaポイントが利用可能になります。

・対象サービス

金額指定の買付

※買付代金の全額または一部でPontaポイント投資が可能です。

※「積立買付」「口数買付」「ジュニアNISA口座」の買付は対象外です。

・ ポイント利用単位

1ポイント=1円相当

※利用上限はなし、利用下限は最低1ポイントから利用可能です。

注意点

・ メインポイントは、設定画面からいつでも変更可能ですが、PontaポイントとTポイントの合算した利用はできません

・ ポイント付与率はTポイントと同等なので、PontaポイントとTポイントを比較してどちらかがお得というわけではありません。

メインポイントの設定は、いつでもオンライン上で簡単にできるので、その時に都合の良いポイントを利用するのがよいでしょう。

・ ポイント付与は「投資信託」の一部銘柄で0.1%未満と設定されています。

Pontaをポイントサービスの軸にしている人にとっては朗報

現物株取引の場合、月額手数料の1.1%相当のPontaポイントが付与される想定で、Pontaをポイントサービスの軸にしている人にとっては朗報です。

ここ最近では、証券サービスは「SBI証券」と「楽天証券」がしのぎを削っている状態です。

楽天証券単体のサービスというより楽天経済圏の総合力が圧倒的で、楽天カード、楽天銀行、楽天証券を連動させることでSPUの条件がアップします。

SPU対象になっていて、もらったポイントを投資にも利用できるというポイント利用のしやすさが楽天証券の人気の要因といえます。

今後、SBI証券でPontaが利用できるとなると、便利さで一歩楽天証券に近づくことになるでしょう。

SBI証券は11月のサービス開始に向けて、お得なキャンペーンの企画を準備中とのことです。

詳細はWEBサイト等で告知があるようで、チェックしておきましょう。(執筆者:太田 玲世)