2021年9月13日から「街P祭(街のPayPay祭)」が開催されています。

「街P祭」は、対象店舗のQRコードを読み取ってPayPay残高で支払うことで、最大20%還元となるキャンペーンです。

このキャンペーンは「全国の市区町村で応援!」と「PayPayクーポン」の2つと併用でき、最大66.5%が還元できそうなのです。

913スタート「街P祭」

おまけに、まだPayPayをはじめていない人は、初期登録でのメリットもあります。

キャンペーン概要を読み解くことでわかった「最大66.5%還元に近づくための攻略方法」を紹介します。

「街P祭(街のPayPay祭)」とは

街のPayPay祭
≪画像元:PayPay

2021年9月13日から11月28日までの期間、「街P祭(街のPayPay祭)」が開催されます。

2か月以上の長期間開催です。

≪画像元:PayPay

「対象店舗のQRコードを読み取り、PayPay残高でお支払いすると最大20%戻ってくる!!」もので、付与上限は1,000円。

これだけを見ると、単純に5,000円利用した際に20%分の1,000円が還元されるキャンペーンかと思います。

しかし、「最大66.5%還元率」に近づく攻略法があるのです。

≪画像元:PayPay

カギは、PayPayのキャンペーン「よくある質問」にあります。
 

適用条件をみたしている場合、以下のキャンペーンは原則本キャンペーンと一緒に適用です。

とあり、「街P祭」は、「PayPayクーポン」や「各地方自治体のキャンペーン」を併用して利用できることがわかりました

付与率の上限は66.5%。

「複数キャンペーンが適用される場合、1回のお支払いに対して66.5%以上は付与されません。」とありますが、逆に言うと、複数キャンペーンが適用されることで、最高66.5%まで付与されるわけです。

1. PayPayクーポン

PayPayクーポン
≪画像元:PayPay

事前に獲得しておけば、お得にお買い物できる「PayPayクーポン」は確実に獲得しておきましょう

9月は

・ 大戸屋 最大10%ポイント付与

・ カプリチョーザ 最大10%ポイント付与

・ ダイソー 最大5%付与

・ ジョイフル本田 最大10%ポイント付与

などがあります。

クーポンは一般的に5%~10%のポイント付与です。

対象金額や付与上限金額、開催期間はご確認ください。

2. 各地方自治体のキャンペーン

各地方自治体のキャンペーン
≪画像元:PayPay

自治体とPayPayが協力したキャンペーンです。

9月は、東京都内の多くの市や区でキャンペーンを実施しています。

東京都内の多くの市や区でキャンペーンを実施
≪画像元:PayPay

東京23区内で実施している例

・ 中野区 2021年9月1日~9月30日 30%ポイント還元

・ 江東区 2021年9月1日~9月30日 30%ポイント還元

・ 台東区 2021年9月1日~9月30日 20%ポイント還元

・ 新宿区 2021年9月1日~9月30日 25%ポイント還元

・ 千代田区 2021年9月1日~9月30日 20%ポイント還元

・ 墨田区 2021年9月1日~9月30日 30%ポイント還元

※1回あたりの付与上限、期間での付与上限は自治体によって異なります。

東京都内では、国分寺市、東久留米市、清瀬市、昭島市、新島村、国立市、小平市、立川市、武蔵村山市でも実施しています

自治体によって、20%~30%のポイント還元のようでした。

東京都内に限らず、北は青森県から、南は鹿児島県(沖縄県では10月1日より開催予定)まで全国各都市で実施されています。

【対象者はさらにお得】新規登録者などは40%ポイント還元+500ポイント付与

PayPayをこれまで利用したことがなく、今回のキャンペーンで利用しようと考えている新規登録者、半年間利用がない人は「40%還元」と、さらにお得に利用できます

半年間利用がなかったひともお得です
≪画像元:PayPay

「街P祭」では、利用者は誰でも最大20%還元です。

今回は、「超P祭」などであったソフトバンクやY!mobileユーザー、Yahoo!プレミアム利用者の特別な還元率アップはありません。

しかし、今回のキャンペーンでは「新規ご登録の方」や「半年間ご利用がない方」に有利で、最大40%還元です。

「新規ご登録の方」や「半年間ご利用がない方」に有利
≪画像元:PayPay

9月13日よりPayPayを紹介した人、紹介された人、どちらにも500ポイントがプレゼントされる「友だち紹介キャンペーン」も実施中です。

キャンペーン期間は10月31日までです。

紹介した人、紹介された人どちらにもポイントもらえる
≪画像元:PayPay

このほか、紹介者がいなくても登録できる「PayPayはじめ特典」も10月31日まで開催されています。

PayPayへの新規登録、本人確認でPayPayボーナス500円相当がプレゼントされます。

「街P祭」は11月28日までですが、「お友達紹介キャンペーン」や「PayPayはじめ特典」を併用して利用したいなら10月中に利用するのをおすすめします。

「街P祭」キャンペーン参加時の注意点

≪画像元:PayPay

「街P祭」に参加する際に、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、20%ポイント還元にするためには、店舗のQRコードを読み取る「スキャン支払い」のみが対象なことです。

この「スキャン支払い」の店舗を探すのが大変です。

スマホのQRコードやバーコードをお店の人に読み取ってもらう」場合は20%ポイント還元対象外です。

「スキャン支払い」ができるかどうかは、店頭のポスターで確認するほか、PayPayアプリで「街P祭」マークがついているかも確認できます

筆者も、「街P祭」に参加しようと思いましたが、筆者の近所にある大戸屋、ダイソーの2店舗でいうと、お店の人にスマホのバーコードを読み取ってもらうタイプでしたので「街P祭」の20%還元はできませんでした。

地域や店舗によって「スキャン支払い」かどうかは異なるかもしれませんが、ご参考にしてください。

キャンペーンを併用して最大66.5%還元に近づける攻略法

街P祭で、還元率を66.5%に近づける攻略方法を考えてみました。

キャンペーンの併用例

・ 各地方自治体のキャンペーン(最大30%)+「街P祭(街のPayPay祭)」新規登録者など(最大40%)→ 66.5%還元

・ 各地方自治体のキャンペーン(最大30%)+「街P祭(街のPayPay祭)」既存利用者(最大20%)→ 50%還元

・ 各地方自治体のキャンペーン(最大30%)+PayPayクーポン(10%)→ 40%還元

※最大還元率で計算

パターンはいろいろと考えられますが、新規登録者や半年間利用していない人であれば「各地方自治体のキャンペーン」と「街P祭」の2つを併用するだけで最大66.5%が獲得できるわけです。

個人的には、各地方自治体のキャンペーン の最大30%還元と絡めるのが攻略方法な気がします。

東京都内だと、中野区、江東区、墨田区の3区が30%還元です。

行きたい店舗が、QRコードを読み取る「スキャン支払い」かどうかは、店頭のポスターで確認できますが、それだと店頭に行かなくてはいけません。

あらかじめPayPayアプリで「街P祭」マークがついているか下調べすることもできます。

66.5%還元のためには価値があると思いますので、絶対に利用したい場合は、ぜひやってみてください。

新規登録者や半年間利用していなかった人は、自治体の30%エリアを狙うことで、比較的楽に、かつ確実に、最大還元の66.5%です。

東京都内在住の方は、特に攻略しやすいといえるでしょう。

攻略法を頭に入れてお得の2重取りや3重取りに「挑戦」

普通に「街P祭」に参加し、既存利用者でも20%還元と普段よりもお得ではあります。

そこに、お得の2重取りや3重取りができたら、最大66.5%還元です。

ぜひ攻略してみてください。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)