年越し前の12月に大掃除をする人が多いですが、忙しくて寒い年末に掃除をするのは億劫です。

わが家では暑さが落ち着いた10月に大掃除をします。

この記事では、早い時期に大掃除を始めるとお得な理由をご紹介します。

大掃除は10月に

【メリット1】早掃除で光熱費節約

寒くなると冷たい水に手をつけるのがつらくて、掃除をする時にお湯を使う人が多いと思います。

お湯を使うことで水道代だけでなくガス代もかかります。

実はお湯は水に比べて約3倍の料金がかかっていると言われています

まだ温かい10月に掃除を済ませてしまうことで、お湯を使わずに掃除ができるのでガス代を節約できます。

また、寒い時期に換気や窓ふきのために何度も窓を開け閉めしているとエアコンの余計な電気代がかかります。

何度も換気が必要な大掃除をするなら、冷房も暖房も必要がない時期に始めるのが賢い選択です。

【メリット2】早めのエアコン掃除で無駄な電気代を節約

暖房を使う季節がくる前にエアコンを掃除しておくことで無駄な電気代を節約できます。

フィルターやフィンがカビやほこりで汚れていると、風の通り道がふさがれて通常よりも多くの電力が必要になってエアコンに余計な負荷がかかります。

フィルター掃除をした後はする前に比べて約6%の電気代が節約できると言われています。

エアコンの内部掃除は暖房や冷房を使う季節の前に、フィルターは日常からこまめに掃除しておくことで余計な電気代を節約できます。

【メリット3】早掃除なら専用洗剤は買わなくてOK

暖かい季節の方が汚れが緩みやすいので掃除が楽にできます。

これは気温が低いと油分が緩みにくく洗剤となじみにくいため、汚れが落ちにくくなるからです。

10月なら気温が20度前後の日も多いので、寒い時期に比べて洗剤と油汚れがなじみやすく専用の洗剤がなくても汚れが落ちやすくなります。

スーパーの生活洗剤コーナーには「窓用・床用・風呂用・トイレ用」などさまざまな専用洗剤が売られていますが、これらは全て台所用の中性洗剤で代用できます。

筆者は台所洗剤のみで掃除するようになってからは、大掃除用に専用洗剤を購入していた時と比べて1,400円も洗剤代を節約することができました

暖かい日の多い10月に大掃除

【メリット4】メルカリは早い時期に出品してライバルと差をつける

年末になると大掃除で出た不用品を販売する人が多く、メルカリにはたくさんの商品が出そろいます。

メルカリは数秒単位で新着商品が出品されるため同じような商品が出品されればどんどん目立たなくなり、同じ商品が多いほど価格競争が激しくなります。

10月に整理整頓をして早い時期に不用品をメルカリで販売すれば、年末の商品が増える時期とずらすことができて売れやすくなります

【メリット5】忙しい時期に体を休めて医療費を節約

年末年始の忙しい時期になると毎年体調を崩してしまうという人は多いです。

年末は仕事納めで作業量が増え、プライベートの行事も盛りだくさんで疲労がたまりやすい時期です。

年末に大掃除でぎっくり腰になったという声もよく聞きます。

そんな時期に無理をして大掃除をしなくても、早い時期に終わらせておくことで体をしっかり休めることができます。

年末年始は休日加算で通常よりも医療費が高くなるので、休める時には休んで無駄な医療費を節約することも大切です。

暖かい時期に大掃除を終わらせて快適な年末を迎えよう

忙しくて寒い年末よりも、暖かくて早い時期に大掃除をするとお得な理由をご紹介しました。

10月に大掃除をすることで夏にたまった汚れを落とし、スッキリとした年末を迎えることができます。

冷房なしでも過ごせるようになったら大掃除の始め時です。

ぜひ今年は早めに大掃除を終わらせて、快適な年末を迎えてください。(執筆者:川井奈央)