みなさんは毎月いくらぐらいのスマホ代を支払っているでしょうか。

筆者は数年ほど前までは毎月1万2,000円ほど支払っていましたが、現在は毎月5,000円程度に収まっています。

スマホ代が「半額」になったので、生活費の節約に大きく貢献しました。

では一体どんな点を見直してスマホ代を節約できたのか、筆者が実践した4つのコツをご紹介します。

今までと使い方変えずスマホ料金半額に

1. キャリアを見直す

筆者がスマホ代を月1万円以上支払っていたときは、大手キャリアで契約をしていました。

しかしだからと言って、よく店舗で修理のお願いをしたり、何か相談に行ったりはしていなかったので、改めて考えてみると大手キャリアで契約する必要はないとの考えに至ったのです。

スマホの基本料金は実店舗を持たない格安スマホのほうが安いですから、実店舗で受けられるサービスが必要でないのなら、格安スマホでも問題はありません。

大手キャリアでスマホの端末料金の分割支払いを完了させたあと、すぐに格安スマホに変え、一時はスマホ料金が月3,000円ほどになりました。

現在は

・ Apple StoreでiPhoneを分割購入し

楽天モバイルの基本料金0円キャンペーンを利用している

ので、月の支払いは端末代を合わせて5,000円程度です。

現在大手キャリアで契約している方は、本当に必要かどうかを1度考え直し、格安スマホで問題ないなら切り替えるだけでもかなりの節約につながります。

2. オプションサービスを見直す

スマホは契約時に自動でオプションサービスをつけられる場合があります。

ずっと無料であれば良いのですが、有料だったり、契約から数か月後に無料から有料になったりするのであれば、定期的に本当に必要なオプションかどうか見直したほうが良いです。

筆者は過去に転送サービスや留守電サービス、割り込み通話などあらゆるものをつけていましたが、現在は無料のものしかつけていません。

転送は不要ですし、割り込み通話に出るほど急ぎの電話はほとんどかかってこないので解除しました。

オプションに関しては「つけっぱなし」の方は多いかもしれませんので、いま1度見直してみてはいかがでしょうか。

割込通話サービスは必要なし

3. サブスクの契約も見直す

昔は楽曲をダウンロードするときは1曲ごとに料金を支払うケースが多かったですが、現在はサブスクリプション契約が増えています。

毎月決められた金額を支払えば音楽が聴き放題になったり、動画が見放題になったりする便利なサービスですが、利用頻度が低いのであれば思い切って解約したほうが節約できるケースもあるのです。

たとえば月額1,000円の音楽サイトにサブスク契約しているのに、毎月数曲しか聞いていないなら、好きな曲だけを購入したほうがお得ではないでしょうか。

サブスクも「契約しっぱなし」が多い傾向にありますから、スマホ代節約のためにも毎月見直してみてください。

筆者も半年前に整理したのですが、使っていないサブスクが3つもあり、とても驚きました。

4. データ使用量を見直す

スマホのプランごとに利用できるデータ使用量が決まっているはずですが、こちらも定期的に見直しが必要です。

筆者は大手キャリアの頃、月に50G使えるプランを組んでいましたが、自宅にWi-Fiがあったため、実際に使っているのは15Gでした。

毎月35Gも余らせていたので、非常にもったいないことをしていたと感じています。

多く使えるほうが安心ではありますが、筆者のように大量に余らせていてはお金の無駄です。

スマホ代を節約するには、今のプランで使えるデータ使用量がどれぐらいで、実際毎月どれぐらい使っているのかをこまめにチェックしてください。

スマホのデータ通信量余っているならプラン変更

スマホ代は少し見直すだけで節約可能

スマホは生活必需品の1つですから、利用料金を下げるには使う頻度を下げないといけないと思うかもしれません。

しかし実際は利用頻度を変えなくても、節約できるポイントが多数あります。

今回ご紹介した4つのポイントは見直しやすいはずですから、ぜひいま1度確認をしてスマホ代の節約につなげてください。(執筆者:メルカリ取引600回以上 石神 里恵)