「太りたくなければ間食はNG」とよく言われますが、食べるものさえ気をつければ、むしろおやつを食べることで食事の量を減らせたり、血糖値の上昇を抑えたりしてくれます。

健康でストレスの少ない生活を送るために、ナッツ類やスーパーフード、カロリーの低いものなど体に良いおやつを取り入れたいものですが、毎日続けるとなると値段が気になるという方も多いでしょう。

そこで今回は業務スーパーで見つけた、体に良く、罪悪感のないおやつを3つご紹介します。

価格は全て税込です。

店舗によって商品の取りそろえが異なる場合があります。

業ス低カロおやつで財布もおなかもダイエット

63円なのに1食分以上!エナジーバー

業スのエナジーバー

業務スーパーの直輸入商品である「エナジーバー」シリーズは、噛み応えのあるバータイプのグラノーラです。

店舗によって取り扱いに差がありますが、全部で6種ほど販売されているようで、どれもオートミールやドライフルーツなどを原料にして作られています。

中にはスーパーフードであるアマランサスやチアシードなどを含んだものもあります。

これで63円というのは本当に驚きの価格です。

業スのエナジーバーにはハードタイプとソフトタイプがある

業スのエナジーバーには下の部分をホワイトチョコレートのようなもので固められている「ハードタイプ」と、ヌガーのような感じで穀物を固めてあるやわらかめの「ソフトタイプ」の2種類があります。

上の画像では、両端がハードタイプ、真ん中がソフトタイプです。

ソフトタイプはシュガーレスで自然由来の甘味料のみが使われており、カロリーも110~120kcalと低めです。

一方、ハードタイプはソフトタイプと比べるとサイズもひと回り大きく、ずっしりとした重みがあります。

カロリーも少し高めで、160kcalほどですが、噛み応えがあり1個食べるとかなりの満足感です。

業スのエナジーバーをカットして小瓶に小腹対策

直輸入品なので少しベリー系の香りがきつく、日本人にはなじみのない味ですが、どれもまずくはありません。

私がこれまで食べた中では「クランベリー&オレンジ」が1番食べやすいと感じました。

どれもカロリーの割に甘味が結構強めで、食べ応えもかなりあるので、数種カットして瓶などに入れておくと小腹対策にぴったりです。

むいて食べるからゆっくり満腹「チャチャひまわりの種」

業スのチャチャひまわりの種

日本ではあまりなじみのない食材ですが、中国をはじめ世界各国で食べられているひまわりの種。

タンパク質と食物繊維を多く含み、ダイエットに最適な食べ物だと言われています。

業務スーパーの「チャチャひまわりの種」は、殻付きで味もついたひまわりの種で、殻を割り中身を取り出して食べます。

業スのチャチャひまわりの種の可食部は小さめ

可食部はほんのこれだけで、むく手間があることで食べるスピードがゆっくりになるので、少しの量でも満足できます。

ヒマワリの種の味はナッツに似ていますがそれほど油っぽくはありません。

かみしめるほどに塩味とうまみが出てくる、滋味深いおやつです。

味の種類は「オリジナル(塩のみ)」や「本格中華味」などがあり、特に本格中華味はウェイパーのようなしっかりした塩味なので、スナック菓子の代わりとしてもおすすめです。

他店でひまわりの種を見ることはほとんどないのですが、ネット通販などをチェックしてみると同じ商品がたくさん出てきて、だいたい400~500円でした。

業務スーパーでは246円ですから、かなりコスパが良いと言えるでしょう。

うれしいカロリー0が底値「ぷるんと蒟蒻ゼリーカロリー0」

オリヒロのぷるんと蒟蒻ゼリー

カロリーが低く、食物繊維も豊富な蒟蒻ゼリーですが、カロリー0のものはそれほど多くありません。

このオリヒロの「ぷるんと蒟蒻ゼリー」シリーズでも、普通のものは広告の品として100円以下で売られていることがありますが、カロリー0のものはあまり割り引かれておらず100円を切ることはまれで、大体130円前後する印象です。

しかし、業務スーパーでは特に売り出しでなくともいつも95円で売られています。

近所の他店を回ってみても1番安く、底値と言って良い値段です。

このようなスタンドパウチタイプの蒟蒻ゼリーは、130g入っているので腹持ちもよく、1個食べるとかなりの満足感があります。

味の種類も、葡萄、白桃、蜜りんごなどいろいろあるので、飽きずに続けられるのもうれしいところです。

ヘルシーなおやつでおなかも財布もダイエット

今回ご紹介した3つのおやつは、それぞれ違った味・食感があるので、ストックしておくとどんな「食べたい!」にも対応してくれること間違いなしです。

こういったおやつを買っておくと、健康に良いのはもちろん、お菓子の無駄買いが減って家計の負担も減ります。

ぜひ、業務スーパーに行ったときにまとめ買いして、おなかも財布もダイエットしてみてください。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)