お手軽な副収入・副業を求める方は多いと思いますが、私のおすすめは「インタビュー案件」です。

専門的な技術や知識がなくても、ご自身の体験を語る事ができれば受けられるお仕事で、その体験自体が希少な物であれば1万円越えの高額なものまで幅広いです。

その手順と、応募方法をご紹介します。

【副業】インタビュー案件

実際のインタビュー案件体験談

私は後述のクラウドソーシングサイトを通じて多数のインタビュー案件を受注してきましたが30分弱で3,000円程度の物も多く、最高で40分1万円の案件を受けました。

アンケートに答えてポイントゲットなどは多数見かけますが効率の良さは圧倒的です。

内容は「ネット配信でどんな映像を見るか? その理由は?」とか「このアプリの使用感は?」等誰でも答えられる案件も多いです。

高額な物は専門性のある内容となりますが、総じて時給換算で言えばかなりの効率で稼げますので、詳しくご紹介します。

インタビュー案件の応募方法

応募方法を説明いたします。

(1) 応募できるサイト

私が主に応募しているのは「クラウドワークス」「ランサーズ」という2つのクラウドソーシングサイトです。

登録は無料、誰でも気軽に副業デビューを果たせるためコロナ禍ではユーザーも増えてきた人気のサイトです。

反面、安い案件が増えていたりライバル多数で不採用になったりするなどハードもだんだん上がっているのも事実です。

(2) 案件の探し方

 案件の探し方
≪執筆者撮影≫

ここでは

多くが「録音されているインタビュー音声の書き起こし」で、まれに「自分がインタビューに答える」案件となっているので、1日1回チェックする習慣を付けましょう。

ちなみにこの書き起こしも単純作業かつ、案件が多く単価もそれなりなためマメな方・時間がある方にはおすすめです。rel=”noopener noreferrer” target=”_blank”>クラウドワークスの画面で簡単に手順を説明します。

ユーザー登録後、キーワード検索にて「インタビュー」と入力する事で求める案件を探すことができます

(3) 気に入った案件への応募方法

募集案件のタイトルをクリックすると詳細な仕事の内容が表示されますが、特に注意すべきポイントを抜粋します。

契約金額

実際の提示金額からシステム手数料として5~20%取られるため、受け取れるのは額面通りの金額ではないのでご注意ください。

クライアントによっては源泉徴収され、年度末に自身で確定申告にて回収する必要がある場合もあります。

また詳細欄に報酬:〇〇円、など書いてあっても応募時には自分でその金額を「契約金額」欄に入力して提出するため書き間違いがないよう、十分注意しましょう。

応募条件

女性向けのインタビューなのに男性が応募しても採用されません。

当たり前ですがインタビュー対象を絞って募集される事がほとんどなので、自身がその案件の応募対象者になるかよく読んで応募しましょう

また、ある程度詳しい話を聞かれる事も多いので「なんとなく知ってるから」と安易に応募しないようにしましょう。

実施予定日

契約後に調整、といったケースもありますが詳細欄に「〇月〇日までに実施したい」「平日〇時~〇時に実施」など指定がある場合があります。

時間が自由に組める方ならいのですが、時間に制限がある方はその点も把握してから応募しましょう。

顔出しの有無

まれに、顔出しでのインタビューのみ対象とする案件があります。

契約後に顔出しNGと伝えてもめないよう必ず応募時に確認しましょう。

記載がなければ質問するのがベターです。

(4) インタビュー実施時の流れ

応募した案件に採用される、または候補に挙がった場合、クライアントから返信が来ます。

そこからの流れを簡単にまとめました。

応募内容の確認と契約

自身で送った内容についてインタビュー対象として適正か確認されます。

お互いに問題がなければサイト上で契約同意処理を行います。

日程調整とインタビュー方法の決定

契約後に実施日時と方法を相談します。

最近ではコロナ禍の影響でリモートインタビューがほとんどであるため、日時調整後にZoomなどのツールの指定がされます。

約束した日時を絶対に忘れないよう、決定後はメモするなど十分注意しましょう。

完了報告と報酬の支払い

インタビュー回答後はクラウドワークス等サイト上で完了報告をしますが、速やかに手続きしましょう。

「後でいいや」と後回しにすると、クライアントの支払も遅れて自身への振り込みも遅れてしまいます。

案件獲得のコツと注意点

コツや注意点もあります。

副業でインタビュー

他の簡単な業務で実績作りをする

登録後すぐにどんな仕事にも応募できますが、いきなり高額案件は難しいです。

多数のライバルと比べられた際に見られる点は「実績」と「評価」です。

100件以上業務をしている人と、登録したての人では比較になりません。

まずは1件5円など誰でも・簡単に・すぐ採用されるタスク案件を多く実施し、自身の実績とクライアントからの評価を積み上げましょう

その中でインタビュー以外の仕事を見つけたり、応募のコツを自分なりに身に着けられるはずです。

プロフィールを充実化する

プロフィール欄は短くても登録できますが、(1)同様に充実している人が選ばれやすいです。

職歴や学歴、取得資格や技能、どんな案件を受けてきたか等を簡潔に記載しましょう。

適当なユーザー名・動物アイコンなどよりは顔出し・本名の方が信頼度が高まるため、可能であればプロフィールでも自身の顔を出す事をおすすめします。

あくまで副収入と捉えること

効率が良いお仕事ですが、その代わり案件が募集される数はあまり多くありません。

あくまでクラウドソーシングの1つと考え、募集されてたら、採用されたらラッキーくらいの気軽な気持ちで応募しましょう。

本当に効率が良いかは自身で考える

30分で2,000円=時給4,000円!と考えればお得ですが、このインタビュー案件のために他のバイト・仕事を短くして時間を作ったり、他の予定を調整していたら本末転倒です。

テレワークや休日の空いた時間に、サクっと予定を合わせて初めて効率の良い仕事と出来るでしょう。

インタビュー案件のまとめ

ユーザー登録から応募のコツ、実施時の流れまでを簡単にまとめました。

慣れてしまえば意外と簡単に実施でき、特殊な経験や技術がなくても応募できるインタビュー案件も少なくありません。

知らない人とお話する事に抵抗がなければ、非常に効率の良い副業です。(執筆者:遠藤 記央)