食用油の使用量を減らすには、ボトルを詰め替えるのもひとつの手です。

食用油用の詰め替え容器は100均でも手に入ります。私が100均で見つけたのは次の3つです。

・オイルスプレー
・油ひき
・オイルボトル

この3点を実際に使用して、それぞれどのくらい食用油を節約できるのか試してみました。

100均 「食用油」 詰め替え容器

オイルスプレー

サラダ油やオリーブオイルなどの食用油をミスト状に噴射できるスプレーです。

サラダ油を詰め替えて、使い心地を試してみました。

スプレーだといいわよね

オイルスプレーのメリット

・ 油の量が少なく済むから経済的

・ 油の量を減らせるからヘルシー

少ない量の油が、フライパン全体にいきわたります。

2~3回プッシュしましたが、使用したサラダ油は0.5mlでした。

サラダ油の本体容器から直接使用したときと比べると、1/6~1/10の量です。

今まで6~10本使用していたサラダ油が1本で済むことになれば、かなり大きな節約になります。

サラダ油を1本300で計算すると、1,800円~3,000円節約できるということです。

75ml入るので、1回の調理に使用するサラダ油を0.5mlとして計算してみると、150回は使えます

オイルスプレーのデメリット

・ 口が狭くて詰め替えにくい

・ フライパンや鍋にスプレーするときは、火から下ろさないと危ない

・ フライパンやお皿の外に油が飛び散ること

・ 75mlしか入らない

今回使用したオイルスプレーの直径は約2cmで、サラダ油の容器から詰め替えるのはかなり大変でした。

詰め替えの際には、ろうとを用意しておくと便利でしょう。

スプレー式なので、予想外の場所までサラダ油が飛んでいることがあります。

テーブルの上なら拭くだけで済みますが、ガス火の上で使用するのは危険です。

フライパンや鍋に使いたいときは、火から離した場所でスプレーするようにしましょう。

このオイルスプレーは小さめで、75mlしか入りません。

油ひき

次に試してみたのは、油ひきです。四角い容器に、シリコーン製の刷毛付きの蓋が付いています。

容器の中には、約70mlのサラダ油が入りました。

刷毛がついてる油ひき

油ひきのメリット

・ 狙った場所に確実に塗れる

・ ほど良い量のサラダ油がひける

刷毛で直接塗布できるので、油が必要なポイントにきちんと引けます。

シリコーン製の刷毛はしっかりサラダ油をすくい取ってくれるので、ほど良い量の油をひくことができました。

1回の塗布で使用したサラダ油の量は0.7mlです。

サラダ油のボトルから直接使用したときと比べると、1/3~1/7の使用量となりました。

油ひきのデメリット

・ 耐熱温度が100℃まで

・ 容量が小さいので、詰め替えの頻度が高くなる

今回使用した油ひきは、刷毛がシリコーン製のため耐熱温度が100℃までとなっていました。

フライパンの温度は、160℃以上のことが多いので、シリコーン製のハケが使えないこともあります。

オイルボトル

注ぎ口が細いオイルボトルは、油が少量ずつ出せます。

注ぎ口が細目です

オイルボトルのメリット

・ 詰め替え口が広いから、油を詰め替えやすい

・ 注ぎ口の蓋は片手で簡単に開けられる

・ 250mlと容量が多いので、頻繁に詰め替えずにすむ

先に使用した2タイプの容器と比較すると、使い勝手は一番良いと感じました。

オイルボトルのデメリット

・ 注ぎ口がやや太い

使いやすいオイルボトルですが、ひとつだけデメリットがありました。

注ぎ口の幅が思ったより太く、想定より多めの油が出てしまいました。

フライパンにさっとひと回しして、オイルボトルから出た油の量は1.0mlです。

3タイプの詰め替え容器の中では使用量は多くなりました。

それでも、サラダ油の容器から直接使用した場合に比べると、1/3~1/5の使用量ですみました。

食用油の節約になる

3タイプの100均で手に入る食用油の詰め替え容器を試してみました。

もっとも節約効果の薄いオイルボトルでも、食用油代を1/3に減らせました。

食用油1本300円として計算してみると、1か月で1本使用している家庭なら年間3,600円です。

詰め替え容器を使うことで1/3に減らせたら、1,200円で済むことになります。

お好きなタイプの詰め替え容器を使って、食費節約に役立てください。(執筆者:陽山 あい)