10月21日からドコモでは、格安の料金プランが契約できるようになります。

NTTコミュニケーションズと提携した「OCN モバイル ONE」の最安値は、なんと月額税込550円です。

ドコモショップで申し込みできるうえ、dポイントが使えるというこの新サービスの詳細を調査してみました。

文中の金額は全て税込です。

OCN モバイル ONE

「OCN モバイル ONE」とは

今回ドコモが始めるのは、MVNO(仮想移動体通信事業者)の携帯電話サービス、いわゆる「格安スマホ」です。

現在ドコモは2社との連携に合意しており、12月に予定されているフリービットの「トーンモバイル for docomo(仮称)」に先駆けて、NTTコミュニケーションズの既存プラン「OCN モバイル ONE」に500MGを追加、10月21日から受付がはじまります。

それでは本当に使い勝手がよいのか、デメリットとなる点はないのか、詳細と注意点を検証してみましょう。

メリット1. 安い!

ずばりOCN

≪画像元:NTTコミュニケーションズ

なんといっても、料金が目を引きます。

音声対応SIM利用時の月額料金は以下の通りです。

通信容量 月額税込金額
500MB 550円
1GB 770円
3GB 990円
6GB 1320円
10GB 1760円

参照:NTTコミュニケーションズ

データ量が足りないときには、コース変更や通信料の追加も可能です。

通話料では、500MBプランには1カ月あたり最大10分相当の無料通話が含まれますが、1GB~10GBプランに無料通話はなく、30秒あたり11円になります。

気になる方には、オプションとして以下のプランが用意されています。

オプション名 内容 月額税込料金
10分かけ放題 10分以内の通話料0円 935円
トップ3かけ放題 通話料上位3番号が通話料0円 935円
完全かけ放題 国内通話料0円 1,430円

参照:NTTコミュニケーションズ

料金面での注意事項

初期費用として、初期手数料3,300円またはパッケージ費用、SIMカード手配料433.4円/枚が必要です。

また月額費用では、ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料、通話料、SMS送信料がかかります。

メリット2. ドコモのサービスが使える

提供主体はエコノミーMVNOですが、ドコモとの連携があるため、ドコモのサービスが利用できます

10月21日から全国の約2,300店舗のドコモショップで受付がはじまりますから、インターネットでの手続きやスマートフォンの設定が不安な方でも、直接疑問を解消しながら申し込みができるでしょう。

さらにドコモショップでは、端末販売、購入された端末の初期設定のサポート(APN設定やdアカウントの設定など)、ドコモ販売チャネル購入端末の故障の受付などに対応してもらえます。

またドコモのdポイントが利用できる、ということもメリットの一つといえます。

通信料やサービス利用に対してdポイントが付与され、ポイントを提携店舗で支払いに使うことはもちろん、通信料金の支払いに利用することも可能です。

その他、チェックしておくべき注意事項

ドコモの回線契約から移行する場合は、エコノミーMVNOへのMNP手続きが必要になります。

そのため、ドコモ回線での利用期間は引き継ぐことができません

また、「ファミリー割引」など、ドコモの各種割引サービスの回線数のカウントに含まれなくなってしまいます

さらに、ドコモのキャリアメールも使用できません

なお、通信エリアはドコモのネットワークと同様ではありますが、通信速度はMVNOにより異なります。

利用できるお得なキャンペーン

2022年3月31日までに60歳以上となる方、必見です。

1年間500MBプランを増量し、実質1GBで利用できるキャンペーンが開催されます。

「OCN ID」と「dアカウント」を連携することが条件となりますが、スマホデビューするチャンスです。

加えて新サービスを記念して、以下のようにOCN モバイル ONEの音声SIMとセット端末の特価セールが実施されます。

・ AQUOS sense4 2万680円
・ AQUOS sense4 plus 3万1900円
・ AQUOS R6 10万4720円
・ Xperia 10 III Lite 3万6520円
・ iPhone 11 64GB 6万8,310円
・ iPhone 11 128GB 7万3,920円
・ iPhone 11 256GB 8万6,460円

ちなみに楽天モバイルで端末価格を調べてみると、AQUOS sense4は2万5,001円、Xperia 10 III Liteは4万6,800円でした。

ということは、物によれば楽天モバイルより1万円以上安く購入することができます

10月21日11時から11月1日11時までの期間限定です。お見逃しなく。

おすすめユーザーは?

キャンペーンもあることですから、60歳以上のシニア世代に、また、まだインターネットはあまり使用しない子どもたちに持たせるにも、550円からという価格帯は手軽です。

注意事項をしっかりチェックして、固定費の節約に役立ててください。(執筆者:吉田 りょう)