今年もあと数か月となり、年末に向けた準備を考え始める人も多いことでしょう。

年賀はがきを安く買うためには、早めの準備が大切です。

早めに年賀状の手配を済ませておくことで、慌ただしい年末に少しでもゆとりが生まれます。

今回は、年賀はがきを安く買う方法と年賀状印刷サービス早割の魅力について解説します。

年賀状は早割で

郵便局で年賀状を安く買う方法

郵便局では、2022年(令和4年)の年賀はがき販売を11月1日(月)から開始します。

郵便局で年賀状を安く買う方法は、以下の3つです。

 ゆうちょPay払い

郵便局でゆうちょペイ

≪画像元:ゆうちょ銀行

ゆうちょPayでは、2021年12月31日(金)まで支払い金額の5%分のポイントが付与されるサービスを実施しています。

年賀はがきの購入もキャンペーンの対象です。

 年賀はがきをゆうちょPay10枚購入すると、31ポイント付与されるため実質599円で購入できます。

1枚あたり約3円お得です。

キャンペーンのポイント付与上限は月300ポイントであるため、年賀はがきのみ購入する場合は95枚までポイント付与されます

 クレジット払い

郵便局で年賀状をクレジット払いで購入する場合、還元率に応じてポイントが付与されます。

※キャッシュレス決済に対応している郵便局のみ

 還元率0.5%(200円につき1ポイント)のクレジットカードで年賀はがきを10枚購入すると、3ポイント付与されます。

1枚あたり62.7円で購入できたと考えれば約0.3円お得です。

とはいえ、ゆうちょPay払いに比べるとお得度は低いといえます。

 広告付きを購入

広告付き年賀はがき

≪画像元:日本郵便

広告付き年賀はがきの販売時期は、通常の年賀はがきと同様です。

1枚あたり5円安く買えるため、最もお得に購入できます

 ただし、発行枚数や販売地域が異なるため、タイミングや地域が合わなければ購入がむずかしいといえます。

千葉県・東京都の一部地域では、「京成電鉄株式会社」の広告付き年賀はがきが30万枚販売されます。

郵便局以外で安く買う方法

郵便局以外で年賀はがきを安く買う主な方法は、以下のとおりです。

金券ショップで購入

金券ショップでも年賀はがきを買うことができます。

お店や時期によって価格は異なるものの、1枚あたり2円ほど安いことが特徴です。

近くに金券ショップがある場合は、チェックしてみましょう。

ただし、必要な枚数を必要なタイミングで購入できるとは限りません。

年賀状印刷サービスを利用

年賀状印刷サービスの利用料金には、はがき代も含まれています

印刷代や手数料はかかるものの、「年賀はがきを購入し作成する手間がない」「早期割なら安く注文できる」ことが魅力です。

「挨拶状ドットコム」では、数量限定で1枚あたり60円のWお年玉年賀はがき(なくなり次第終了)も用意しています。

Wお年玉付き

 ≪画像元:挨拶状ドットコム年賀状

ビックカメラ.comで購入

自宅にいながら年賀はがきを購入するならビックカメラ.comもおすすめです。

10762円と通常より高めですが、ビックポイントを支払いに使えることがメリットです。

さらに、LINE Payの特典クーポンを使って決済をすると、1%引きで購入できます

 ビックポイント付与は対象外ですが、クレジットポイントが付きます。

ただし、購入金額が2,000円以下の場合は送料がかかるため、購入枚数が少ない場合には不向きです。

年賀状印刷サービスは早期割引がお得

年賀状印刷サービスを利用する場合、割引率と対象期間に注目しましょう。

早期割を実施している主なサービスは、以下のとおりです。

  割引率 対象期間
挨拶状ドットコム 40 20211121日(日)
郵便局の総合印刷サービス 20 2021115日(金)
年賀本舗 30%(非会員25%) 2021128日(水)
Cardbox 47 202111 1日(月)

参照:挨拶状.com 郵便局 、年賀本舗 、Cardbox

他にも早割を実施している印刷サービスはさまざまあります。

宛名印刷・送料・投函サービスなどの料金も比較したうえで、お得かつ便利な印刷サービスを利用しましょう

早めの行動で年賀状をお得に準備しよう

最も安く購入できる広告付き年賀はがき(111日販売開始)は、数に限りがあります。

また、年賀状印刷サービスの早割対象期間は11月中となるケースがほとんどです。

ゆうちょPayで窓口購入する場合は、12月中でもお得に購入できます

リサーチと早めの行動で年賀状をお得に準備しましょう。(執筆者:成田 ミキ)